アレクサンデル5世 (対立教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクサンデル5世
対立教皇
Antipope Alexander V (1409-1410).JPG
教皇就任 1409年6月26日
教皇離任 1410年5月3日
先代 グレゴリウス12世(ローマ)
ベネディクトゥス13世(アヴィニヨン)
次代 ヨハネス23世
個人情報
本名 ピーター・フィランジェ・デ=カンディア
Peter Philarges de Candia
出生 1339年
Flag of Most Serene Republic of Venice.svg ヴェネツィア共和国クレタ島ネアポリ
死去 1410年5月3日
Flag of the Papal States (1808-1870).svg 教皇領ボローニャ
その他のアレクサンデル

アレクサンデル5世(Alexander V 1339年 - 1410年5月3日、在位:1409年 - 1410年)は教会大分裂の時期の教皇の1人。ピサ教会会議で教皇に選出されるが、正式な選出とはみなされず、カトリック教会では対立教皇とされている。但し、1492年に教皇に選出されたロドリゴ・ボルジアはアレクサンデルを名乗ったが、彼はアレクサンデル6世となっている。

クレタ島生まれのギリシャ人で本名はピーター・フィランジェ・デ=カンディア(Peter Philarges de Candia) 、イタリアではピエトロ・フィラルゴ(Pietro Filargo)と呼ばれていた。神学者であり、1402年ミラノ大司教になっている。当時の教会大分裂という事態収拾の為、1409年ピサ教会会議が開催されるが、2人の教皇(グレゴリウス12世ベネディクトゥス13世)が廃位された後、全会一致で新たに教皇に選出される。しかし、2人の教皇は納得せず、3人の教皇が鼎立する事態になった。なお、アレクサンデル5世がピサ教会会議で選出された背景として、ギリシャ正教会と合一への期待があったという。

教皇選出の翌年、ボローニャで逝去。バルダッサレ・コッサ(後継者のヨハネス23世)に毒殺されたとも噂された。