フェラン (フランドル伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブーヴィーヌの戦いに敗れ、捕虜となったフェラン

フェルナンド・デ・ポルトゥガルポルトガル語:Infante Fernando de Portugal, 1188年3月24日 - 1233年7月27日)は、ポルトガルの王族(インファンテ)でフランドル伯(在位:1212年 - 1233年)。父はポルトガル王サンシュ1世、母はバルセロナ伯ラモン・バランゲー4世アラゴン女王ペトロニーラの長女ドゥルセ。ポルトガル王アフォンソ2世は兄、デンマークヴァルデマー2世の妃ベレンガリアは妹に当たる。フランス語フェラン(Ferrand)とも呼ばれる。

1212年、フランドル女伯ジャンヌと結婚、共同統治者としてフランドルを統治した。しかし、フランスフィリップ2世の息子のルイ王太子(のちのルイ8世、母イザベルがジャンヌの伯母)にフランドル南部の土地を奪われたため、イングランドジョンおよび神聖ローマ皇帝オットー4世と同盟を結んでフィリップ2世に対抗したが、1214年ブーヴィーヌの戦いで敗れて捕虜となり、1227年まで解放されなかった。これ以降、フランドルはフランス王家の影響下に置かれるようになった。

1233年、ノワイヨンで死去した。ジャンヌとの間に娘マリーしか生まれなかった。ジャンヌはフェランが死んだ後にサヴォイアトンマーゾ1世の息子トマと再婚したが、子供がなかったため、ジャンヌの死後は妹マルグリットが継承した。

参考文献[編集]

先代:
ジャンヌ
フランドル伯
1212年 - 1233年
ジャンヌと共同統治
次代:
ジャンヌ