イサベル・デ・ポルトゥガル・イ・アラゴン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スペイン王妃および神聖ローマ皇后イサベル

イサベル・デ・ポルトゥガル・イ・アラゴン(Isabel de Portugal y Aragón)またはイサベル・デ・アビス・イ・トラスタマラIsabel de Avis y Trastámara, 1503年10月23日 - 1539年5月1日)は、神聖ローマ皇帝スペインカール5世(カルロス1世)の妃(神聖ローマ皇后、スペイン王妃)。ポルトガルマヌエル1世と2番目の王妃マリアの長女で、ポルトガル語名はイザベルIsabel de Portugal)、ドイツ語名はイザベラ・フォン・ポルトゥガルIsabella von Portugal)。

母マリアはアラゴンフェルナンド2世カスティーリャ女王イサベル1世の三女であり、マヌエル1世の最初の王妃であるイサベル、およびカスティーリャ女王フアナの妹であった。イサベル(イザベル)の名は祖母イサベル女王と伯母から取られたものである。マヌエル1世の3番目の王妃は、フアナ女王の娘でイサベルの従姉に当たるレオノールであったが、1521年にマヌエル1世と死別した後、フランスフランソワ1世と再婚した。

1526年に、神聖ローマ皇帝およびスペイン王になっていたカール5世と結婚した。カール5世はレオノールの弟であり、イサベルとは従兄妹であった。前年の1525年にはイサベルの兄ジョアン3世とカールの妹カタリナが結婚しており、この二重結婚によってハプスブルク家アヴィシュ家(ポルトガル王家)の結びつきを新たにするものであった。

イサベルはカール5世との間に5人の子をもうけた(スペイン名で記す)。

ヨーロッパ中を巡り続けていた夫に代わって、その知性と美貌で知られたイサベルはスペインで摂政を務めた(1529年から1532年、1535年から1539年)。

1539年、夫の不在時にイサベルは末子を出産の際、難産で死去した。以後カール5世は再婚せず、死ぬまで黒の喪服ですごした。1556年の退位後、カールはスペインの修道院に隠棲するが、1558年に死去するまで亡き妻を思い続けたといわれる。