ジェロニモス修道院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔
ポルトガル
ジェロニモス修道院
ジェロニモス修道院
英名 Monastery of the Hieronymites and Tower of Belém in Lisbon
仏名 Monastère des Hiéronymites et tour de Belém à Lisbonne
登録区分 文化遺産
登録基準 (3),(6)
登録年 1983年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

ジェロニモス修道院とはポルトガルの首都であるリスボンベレン地区にある修道院であり、世界遺産リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔」の構成資産のひとつである。マヌエル様式の最高傑作ともいわれ、大航海時代の富をつぎ込んで建築された。

付近には同じく世界遺産であるベレンの塔発見のモニュメントが存在する。

2007年12月13日に、リスボン条約の調印式が行われた場所でもある。

歴史[編集]

ヴァスコ・ダ・ガマによるインド航路開拓及び、エンリケ航海王子の偉業を称え1502年マヌエル1世によって着工され、1511年に回廊など大部分が完成したものの、その後、マヌエル1世の死やスペインとポルトガルの同君連合による中断等もあり、最終的な完成には300年ほどかかっている。
その建築資金は最初バスコ・ダ・ガマが持ち帰った香辛料の売却による莫大な利益によって賄われ、その後も香辛料貿易による利益によって賄われた。

構造[編集]

  • サンタマリア教会
  • 回廊
  • 国立考古学博物館
  • 海洋博物館
ジェロニモス修道院全体

ギャラリー[編集]

座標: 北緯38度41分51秒 西経9度12分24秒 / 北緯38.69750度 西経9.20667度 / 38.69750; -9.20667