マリア・マヌエラ・デ・ポルトゥガル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリア・マヌエラ・デ・ポルトゥガル
マリア・マヌエラ・デ・ポルトゥガル

マリア・マヌエラ・デ・ポルトゥガル(Maria Manuela de Portugal, 1527年10月15日 - 1545年8月12日)は、アストゥリアス公フェリペ(のちのスペインフェリペ2世)の最初の妃。

ポルトガルジョアン3世と王妃カタリーナの長女として、コインブラで生まれた。フェリペとは母方でも父方でも従兄妹の関係にあった。

1545年8月、最初の子カルロスを出産後、わずか数日でバリャドリッドにて死去した。

先代:
ベージャ公ルイス
Princesa de Portugal
1527年 - 1535年
次代:
マヌエル
(ジョアン3世の次男)