ミゲル・ダ・パス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミゲル・ダ・パス:Miguel da Paz, Príncipe de Portugal e das Astúrias, 1498年8月23日 サラゴサ - 1500年7月19日 グラナダ)は、ポルトガルの王族。ポルトガル王マヌエル1世とその最初の王妃でカトリック両王の長女であるイサベルの間の一人息子。2年に満たない生涯のうちにポルトガル王国、カスティーリャ王国レオン王国アラゴン王国の王位継承者となり、ポルトガル公アストゥリアス公およびジローナ公の称号を帯びた。スペイン語名はミゲル・デ・ラ・パスMiguel de la Paz)。

マヌエル1世王とイサベル王妃の間の長男としてサラゴサに生まれた。誕生した時点でポルトガルの王位継承者となり、また誕生したその日に産褥死した母イサベルからカスティーリャ=レオンおよびアラゴンといったスペイン諸王国の王位継承者の地位をも引き継ぐことになった。ミゲルは非常に色白で、青い目と赤みがかった金髪を持つ王子であった。2歳の誕生日を迎える直前にグラナダで死去し、同市の王室礼拝堂に葬られた。

父マヌエル1世はミゲルの死の3カ月後、亡きイサベル王妃の妹マリアと再婚し、ジョアン3世をはじめ10人もの子供をもうけている。ミゲルの死により、期待されていたイベリア半島の完全統合の可能性は消えた。ミゲルの死後、スペイン諸王国の王統を継いだのは叔母の1人フアナであり、フアナを通じてそれらの王位はハプスブルク家にもたらされた。

しかし1580年にアヴィシュ王朝の血統が絶えたとき、フアナ女王の孫息子フェリペ2世がポルトガルを併合する形で、1640年まで続くイベリア連合王国Iberian Union)を発足させた。

先代:
ジャイメ
ポルトガル公
1498年 - 1500年
次代:
ジョアン3世
先代:
イサベル
アストゥリアス公
1498年 - 1500年
空位
次代の在位者
フアナ
先代:
フアン
ジローナ公
1498年 - 1500年