フアン・マヌエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドン・フアン・マヌエル

ドン・フアン・マヌエル(Don Juan Manuel, 1282年 - 1349年?)は、カスティーリャ王国の王族でアルフォンソ11世の摂政(1312年 - 1322年)。

アルフォンソ10世の弟マヌエル王子の子としてエスカローナで生まれる。母はサヴォイア伯アメデーオ4世の娘ベアトリス。早く父を失ったため、王宮で育てられた。次代の王となる従兄サンチョ4世の寵遇を受け、12歳でムルシアの領主となった。次いでフェルナンド4世の侍従を務めた。

最初の妻イサベル(マヨルカジャウメ2世の娘)とは2年で死別し、アラゴン王ハイメ2世の娘コンスタンサと再婚した。コンスタンサとの間に一女コンスタンサ・マヌエルが生まれた。

1312年、フェルナンド王の死後、アルフォンソ11世が成人するまで摂政を務めた。彼は王の2度目の王妃に長女コンスタンサ・マヌエルをと願い、議会も了承したが、王は外交上の理由からポルトガルアフォンソ4世の娘で従妹のマリアを選んだ。後にコンスタンサ・マヌエルがポルトガル王太子ペドロ(後のペドロ1世)の妃にと請われた時、アルフォンソ11世はその旅立ちを不服として妨げた。そのためフアン・マヌエルはアルフォンソ11世と不和となり、義父アラゴン王ハイメ2世の助けを得て反旗を翻し、数年内乱が続いた。後にカスティーリャ統治を助けて欲しいと頭を下げた王と和解し、帰国した。

3度目の妻ブランカ・ヌーニェス・デ・ララは、サンチョ4世の兄フェルナンド・デ・ラ・セルダの孫である。ブランカとの間の娘フアナ・マヌエルは、後にトラスタマラ家の王エンリケ2世の王妃となった。

1340年にサルセードの戦に参加、1344年にはアルヘシーラス占領に参加した。

著作[編集]

詩人、寓話作家として、14の著作があったといわれる。晩年、全作品の写本をペニャフィエルの修道院に保管させたが、現存するのは7本のみである。

ルカーノル伯とパトローニオによる模範とすべき本スペイン語版(Libro de los enxiemplos del Conde Lucanor et de Patronio)[1]』という寓話集には51話が収められ、この作品により、スペインの散文は一大飛躍を遂げた。第32話[2]デンマークの童話作家ハンス・クリスチャン・アンデルセンによる翻案『裸の王様』の原著としても知られている。

脚注[編集]

  1. ^ Wikisource reference Juan Manuel. Conde Lucanor. - ウィキソース. 
  2. ^ Wikisource reference Juan Manuel. Conde_Lucanor:Ejemplo_32. - ウィキソース.