フェリペ・プロスペロ・デ・アウストリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェリペ・プロスペロ王子、ベラスケス画、1659年

フェリペ・プロスペロ・デ・アウストリアスペイン語全名:Felipe Próspero José Francisco Domingo Ignacio Antonio Buenaventura Diego Miguel Luis Alfonso Isidro Ramón Víctor de Austria1657年11月20日 - 1661年11月1日)は、スペインアストゥリアス公フェリペ4世と2度目の王妃マリアナ・デ・アウストリアの第3子として、マドリードで生まれた。1646年にフェリペ4世の王子バルタサール・カルロスが死去して以降、スペイン・ハプスブルク家には男子の王位継承予定者が生まれず、待望の王子であったフェリペ・プロスペロは大きな喜びを持って迎えられた。出生後、ただちにアストゥリアス公位を授けられた。

1659年に宮廷画家ディエゴ・ベラスケスが描いた『フェリペ・プロスペロ王子』像は、幼子に対する深い優しいまなざしだけでなく、王子が生まれながらに病弱であることを劇的に反映させている。この絵は現在ウィーン美術史博物館が所蔵している。

1661年、弟カルロス王子(のちのカルロス2世)誕生のわずか数日前、フェリペ・プロスペロは4歳で病没した。

先代:
バルタサール・カルロス
アストゥリアス公
ジローナ公
1657年-1661年
次代:
カルロス2世