バルタサール・カルロス・デ・アウストリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バルタサール・カルロス、ディエゴ・ベラスケス
Príncipe Baltasar Carlos, by Diego Velázquez.jpg

バルタサール・カルロス・デ・アウストリア(Baltasar Carlos de Austria, 1629年10月17日 - 1646年3月9日)は、スペインの王太子、アストゥリアス公

スペイン王フェリペ4世と最初の妃イサベル・デ・ボルボンの長男として、マドリードで生まれた。同母妹にフランスルイ14世妃となったマリア・テレサがいる。イサベルとの間の男子は他に育たなかったため、父フェリペ4世に大切に育てられた。ディエゴ・ベラスケスの描いた肖像画が多く残っている。オーストリア・ハプスブルク家の皇女で従妹にあたるマリア・アンナと婚約していたが、結婚前の1646年にサラゴサで急逝した。

先代:
フェリペ4世
アストゥリアス公
ジローナ公
1629年 - 1646年
次代:
フェリペ・プロスペロ