カルロス・マリア・イシドロ・デ・ボルボーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モリナ伯ドン・カルロス

ドン・カルロス・マリーア・イシドロ・ベニート・デ・ボルボン・イ・ボルボン=パルマ(Infante Don Carlos María Isidro Benito de Borbón y Borbón-Parma, 1788年3月29日 - 1855年3月10日)は、スペインの王位請求者。父はスペイン国王カルロス4世。母はマリア・ルイサ・デ・パルマ。兄はスペイン王フェルナンド7世。モリナ伯。

兄フェルナンドは嫡出の男子を持たず、4度目の結婚で王女を得たのみであった。スペイン・ブルボン家サリカ法による継承を定めていたため、姪のイサベル王女でなく弟カルロスが王位を継承する予定であったが、1830年、フェルナンドはサリカ法を廃した。1833年にフェルナンドが死ぬと、イサベル2世が即位した。

スペインでは当時、ブルジョワの支持する自由主義派と、教会・貴族地主の反動派が政治対立を続けていたが、カルロスは後者と結託した。そのため、摂政マリア・クリスティーナ王太后はブルジョワと結びついた。ここに7年にわたる内乱、カルリスタ戦争が発生することになった。1833年、カルロスはスペイン北部に政府を作って自らカルロス5世と称し、スマラカレギラモン・カブレラ将軍を司令官として、政府軍と衝突し、最初は優勢を占めた。一時はマドリードに迫る勢いだった。しかし政府軍がバルドメロ・エスパルテロを将軍に迎え逆襲し、カルリスタ内で教会と軍の分裂が生じたため、次第に足並みが乱れ、1839年にスマラカレギに代わり将軍となったラファエル・マロトは、単独で政府とベルガラ協定を結んで休戦した。

カルロスはフランスブールジュに亡命した。1845年には王位継承権を長子カルロス・ルイスに譲り、自らはイタリアに引退した。

この後もカルリスタはスペイン北部で勢力を保ち、19世紀を通じて政治勢力として存続し、王位請求活動をおこなった。

家族[編集]

1816年に、ポルトガル国王ジョアン6世の次女マリア・フランシスカ1800年 - 1834年)と結婚した。実姉カルロータ・ホアキーナの娘であるため、カルロスとマリア・フランシスカとは叔父と姪の関係にあった。2人の間には3男が生まれた。

マリア・フランシスカと死別後、1838年にその姉マリア・テレザ1793年 - 1874年)と再婚した。2人の間に子供は生まれていない。

先代:
スペイン王位請求者
(カルリスタ)
1833年 - 1845年
次代:
カルロス・ルイス