マリーア・イザベッラ・ディ・スパーニャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリーア・イザベッラ・ディ・スパーニャ

マリーア・イザベッラ・ディ・スパーニャ (Maria Isabella di Spagna,1789年7月6日 - 1848年9月13日)は、両シチリア王フランチェスコ1世の2度目の妃。スペイン語名はマリーア・イサベル・デ・ボルボン・イ・ボルボン=パルマ(María Isabel de Borbón y Borbón-Parma)。

スペインカルロス4世と王妃マリア・ルイーサの四女として、マドリードで生まれた。

1802年7月、バルセロナで従兄に当たるフランチェスコ王太子(最初の妃マリーア・クレメンティーナと前年に死別していた)と結婚した。夫との間に12子をもうけた。

夫が1830年に死去した後は9年間未亡人で通したが、1839年1月にバルツォ伯フランチェスコと再婚した。