カルロス・ルイス・デ・ボルボン (モンテモリン伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルロス・ルイス
Carlos Luis
ボルボン家
Infante Carlos, Count of Montemolin.jpg
モンテモリン伯カルロス
称号 モンテモリン伯
全名 Carlos Luis María Fernando
カルロス・ルイス・マリア・フェルナンド
出生 1818年1月31日
スペインの旗 スペイン王国マドリード王宮
死去 1861年1月13日(満42歳没)
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国トリエステ
埋葬 オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国トリエステ、トリエステ大聖堂内サン・カルロ・ボッローメオ礼拝堂
配偶者 マリア・カロリーナ
父親 カルロス
母親 マリア・フランシスカ
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

カルロス・ルイス・デ・ボルボン・イ・ブラガンサスペイン語: Carlos Luis de Borbón y Braganza, 1818年1月31日 - 1861年1月13日)は、スペインの王族。モンテモリン伯(Conde de Montemolín)。カルリスタ王位請求者としてカルロス6世スペイン語: Carlos VI)を称した。

生涯[編集]

スペイン王子カルロスポルトガル王女マリア・フランシスカの長男としてマドリード王宮で生まれた。1833年に父カルロスがスペインから追放されると、家族でポルトガルとイギリスへ向かい、青年期を同地で過ごした。1845年にカルリスタの王位を父カルロス5世から譲られて引き継いだ。1846年に勃発した第二次カルリスタ戦争で王として擁立されたが、カルロス・ルイスがスペインに入る前にマドリードの政府軍に鎮圧された。

1850年7月、両シチリアフランチェスコ1世の五女マリア・カロリーナと結婚したが、子供はできなかった。

1860年のカルリスタの蜂起の最中、三弟のフェルナンドスペイン語版とともに逮捕されて王位請求権の放棄を強制され、後に解放された。1861年1月13日、突然何の前触れもなく急死した。1月2日に弟のフェルナンドが、1月14日に妻マリア・カロリーナが死去している。死因はチフスによるもの(マリア・カロリーナは夫を看病していたことによる感染)と推測されている。3人の遺体はトリエステ大聖堂英語版のサン・カルロ・ボッローメオ礼拝堂内に埋葬された。カルリスタ王位請求者の地位は次弟のモンティソン伯フアン・カルロスが継承した。

先代:
カルロス5世
スペイン王位請求者
(カルリスタ)
1845年 - 1861年
次代:
フアン3世