マリーア・クレメンティーナ・ダウストリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリーア・クレメンティーナ

マリーア・クレメンティーナ・ダウストリア(Maria Clementina d'Austria, 1777年4月24日 - 1801年11月15日)は、両シチリア王フランチェスコ1世の最初の妃。フランチェスコの即位前に死去したため、王妃にはならなかった。ドイツ語名マリア・クレメンティーネ・ヨーゼファ・ヨハンナ・フィデリス・フォン・エスターライヒ(Maria Klementine Josepha Johanna Fidelis von Österreich)。

神聖ローマ皇帝レオポルト2世と皇后マリア・ルドヴィカの娘として、ヴィラ・ディ・ポッジョ・インペリアーレ(フィレンツェ)で生まれた。

1797年7月、フォッジャナポリシチリア(当時まだ両シチリア王国に統合されていない)の王太子で、父方でも母方でも従弟に当たるフランチェスコと結婚した。なお、1790年にマリーア・クレメンティーナの兄である皇帝フランツ2世およびトスカーナ大公フェルディナンド3世が、フランチェスコの姉マリア・テレーザおよびルイーザ・マリアとそれぞれ結婚している。

マリーア・クレメンティーナは夫フランチェスコとの間に1男1女をもうけた。

息子フェルナンドが夭逝した1801年に、マリーア・クレメンティーナも24歳で早世した。