マリーア・イザベッラ・ダズブルゴ=トスカーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トラーパニ伯爵夫人マリーア・イザベッラ

マリーア・イザベッラ・ダズブルゴ=トスカーナMaria Isabella d'Asburgo-Toscana, 1834年5月21日 フィレンツェ - 1901年7月14日 ルツェルン)は、トスカーナ大公レオポルド2世とその2番目の妃で両シチリア王フランチェスコ1世の娘であるマリーア・アントーニアの間の長女。全名はマリーア・イザベッラ・アンヌンツィアータ・ジョヴァンナ・ジュゼッパ・ウミルタ・アポローニア・フィロメナ・ヴィルジーニア・ガブリエッラ(Maria Isabella Annunziata Giovanna Giuseppa Umilta Apollonia Filomena Virginia Gabriella d'Asburgo-Lorena)。

1850年4月10日に母方の叔父である両シチリア王子・トラーパニ伯のフランチェスコと結婚し、間に6人の子女をもうけた。

  • マリーア・アントニエッタ(1851年 - 1938年) - 1868年、従兄の両シチリア王子・カゼルタ伯アルフォンソと結婚
  • レオポルド(1853年 - 1870年)
  • マリーア・テレーザ(1855年 - 1856年)
  • マリーア・カロリーナ(1856年 - 1941年) - 1885年、アンジェイ・ザモイスキ伯爵と結婚
  • フェルディナンド(1857年 - 1859年)
  • マリーア・アンヌンツィアータ(1858年 - 1873年)