ドレスデン美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg ドレスデン美術館
Residenzschloss Dresden.jpg
施設情報
正式名称 Staatliche Kunstsammlungen Dresden
所在地
Taschenberg 2 01067 Dresden
ウェブサイト 公式ウェブサイト
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

ドレスデン美術館 (Staatliche Kunstsammlungen Dresden) は、ドイツドレスデンにある美術館である。ドイツ語名のStaatliche Kunstsammlungen Dresdenは「国立アートコレクション」の意で、ラファエッロジョルジョーネをはじめとするヨーロッパの古典絵画を展示する古典絵画館 (Gemäldegalerie Alte Meister) と、19世紀から20世紀の絵画を集めた近代絵画館 (Galerie Neue Meister) のほか、陶磁器コレクション、古代彫刻コレクション、「緑の丸天井(グリーン・ヴォールト)」(ザクセン王家の宝物館)など、ドレスデン市内にある計12の博物館を含んでいる。日本語では「ドレスデン国立美術館」「ドレスデン絵画館」などと訳される場合もある。本項では、日本における特別展の名称などにしばしば使われる「ドレスデン美術館」という名称を使用することとする。

ザクセン王国の古都・ドレスデンは第二次大戦で街の大部分が破壊されたが、ツヴィンガー宮殿をはじめとする壮麗なバロック建築は見事に復元・修復され、「バロックの都」の面影を伝えている。ドレスデン美術館の基礎となるコレクションは、16世紀のザクセン選帝侯の時代から始まっているが、コレクションが強化されたのは18世紀のフリードリヒ・アウグスト1世(アウグスト強王)の時代である。アウグスト強王が1711年から1728年にかけて十数年をかけて建立したツヴィンガー宮殿は、ドイツの後期バロック建築の代表作として知られる。同宮殿は、第二次世界大戦で破壊されたが、1960年までに復興され、往時と変わらぬ姿をとどめている。

ツヴィンガー宮殿には1855年に公開された「古典絵画館」(アルテ・マイスター)があり、ラファエッロの『システィーナの聖母』をはじめとするルネサンスバロックの名画が展示されている。世界に30数点しか残っていないフェルメールの作品が2点所蔵されていることも特筆される。ツヴィンガー宮殿には他に、ドイツのマイセン陶磁や日本の伊万里焼を収集した陶磁器コレクションもある。

一方、19世紀から20世紀のドイツ絵画、フランス印象派絵画などを集めた「近代絵画館」(ノイエ・マイスター)は、ツヴィンガー宮殿の東方に位置するアルベルティヌムにある。アルベルティヌムはもともと武器庫として16世紀に建てられたものである。なお、アルベルティヌムにあったザクセン王家の宝飾品コレクション「緑の丸天井」 (Grünes Gewölbe) は、2004年から市内のレジデンツ城に移転している。

主な収蔵品[編集]

日本において[編集]

外部リンク[編集]