レオナルド・ロレダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レオナルド・ロレダン、1501年頃。ジョヴァンニ・ベリーニ

レオナルド・ロレダン (Leonardo Loredan,1436年11月16日 - 1521年6月21日)は、ヴェネツィアの元首(ドージェ)。(在任1501年-1521年)。カンブレー同盟戦争を引き起こした。

1503年のローマ教皇アレクサンデル6世の死に乗じて、北部の教皇領を占領した。新しい教皇ユリウス2世は『イル・ヴェネツィアーノ』(Il Veneziano)と呼ばれるほどヴェネツィア寄りであったため、そのまま教皇領占領を受け入れると期待された。しかし、ユリウス2世はヴェネツィア共和国を破門し、フランス王国神聖ローマ皇帝と同盟する他の教皇国・イタリア諸国と結んだ。

1509年にアニャデッロの戦いで敗退したのち、イタリア本土に領有した領土を著しく減らした。ただちに、戦略上重要な地であるパドヴァを攻略し、征服したため恐れられた。ロレダンは、自己犠牲と国民全員の動員を呼びかけて結束をはかった。

執筆の途中です この「レオナルド・ロレダン」は、イタリア歴史関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア