ボルゲーゼ美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg ボルゲーゼ美術館
Galleria borghese facade.jpg
施設情報
開館 1903年
所在地
Piazzale del Museo Borghese, 00197 Roma
位置 北緯41度54分50.4秒 東経12度29分31.2秒 / 北緯41.914000度 東経12.492000度 / 41.914000; 12.492000
ウェブサイト 公式ウェブサイト
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

ボルゲーゼ美術館(ボルゲーゼびじゅつかん、イタリア語Museo e Galleria Borghese)は、ローマにある美術館イタリアルネサンスおよびバロック美術を中心としたボルゲーゼ・コレクション (en) を所蔵することで知られる。

英語では Borghese Gallery、もしくは、イタリア語に準じて Galleria Borghese などと呼ばれる。

概要[編集]

ローマ市内、広大なボルゲーゼ公園 (en) の一画にあるこの美術館には、ボルゲーゼ家 (en) 歴代の美術コレクション(ボルゲーゼ・コレクション)が展示されている。ボルゲーゼ家はシエナ出身の貴族で、教皇パウルス5世を出した名門である。

美術館の建物は、シピオーネ・ボルゲーゼen1576- 1633年)が夏の別荘として建てたもので、1613年ごろ着工。完成は1616年1621年とする資料もある)。設計者はオランダ人のヤン・ファン・サンテン (Jan van Santen) である。シピオーネ・ボルゲーゼは枢機卿であり、当時の芸術家に多くの作品を注文したパトロンでもあった。

建物の完成から約2世紀を経た19世紀初頭、ナポレオン・ボナパルトが、ボルゲーゼ家の多くの美術品をフランスに持ち出し、ルーヴル美術館に移してしまうという事件があった(当時、ボルゲーゼ家は経済的危機にあって所蔵の美術品を手放しつつあった。加えて、当時のボルゲーゼ家当主カミッロ・フィリッポ・ボルゲーゼの妻はナポレオン・ボナパルトの妹ポーリーヌであった)。こうした事件を経てもなお、当館にはルネサンスバロック期のイタリア美術の優品が数多く伝えられている。イタリアの国立美術館として公開されるようになるのは1903年のことである。1階には彫刻、2階には絵画を展示する。

主な収蔵品[編集]

ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ作 『プロセルピーナの略奪』

外部リンク[編集]

  • Galleria Borghese” (it/en). 公式ウェブサイト. Galleria Borghese (ボルゲーゼ美術館). 2009年3月22日閲覧。