セビリア空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セビリア空港
Aeropuerto de Sevilla
LEZL.jpg
IATA: SVQICAO: LEZL
概要
空港種別 公共
運営者 Aena
供給都市 セビリア
所在地 アンダルシア州セビリア
標高 34 m / 112 ft
座標 北緯37度25分05秒 西経005度53分56秒 / 北緯37.41806度 西経5.89889度 / 37.41806; -5.89889 (Seville Airport)座標: 北緯37度25分05秒 西経005度53分56秒 / 北緯37.41806度 西経5.89889度 / 37.41806; -5.89889 (Seville Airport)
ウェブサイト 公式サイト
地図
SVQの位置(アンダルシーア州内)
SVQ
SVQ
アンダルシーア州内の位置
滑走路
方向 全長 表面
m ft
09/27 3,360×45 11,024 舗装
出典:AIP at EUROCONTROL[1]

セビリア空港(セビリアくうこう、Aeropuerto de Sevilla)は、スペインアンダルシア州セビリアにある国際空港である。サン・パブロ空港とも呼ばれる。

概要[編集]

アンダルシア州ではマラガに次ぐ第二の空港で、セビリア市内から北東へ約10kmに位置している。1992年セビリア万博にあわせ大幅な拡張工事が行われた。2005年の乗降客は350万人を超え、2004年の267万人から大きく増加した。IATA空港コードはSVQ。

ホセ・ラファエル・モネオによる空港ターミナルビルの設計には、セビリアの歴史と文化が反映されており、モスク宮殿オレンジの樹がデザインモチーフとなっている。

国際線も就航しているが、全体のフライトの約80%が国内線である。

沿革[編集]

1914年モロッコからの最初の飛行機が、セビリア・タブラーダ(Tablada)の軍用空港予定地に着陸した。その後1915年にその地で小型飛行場建設が開始された。1919年に最初の民間航空機がセビリア~マドリードに就航。タブラーダ民用飛行場が開港した。1927年4月にスペイン航空会社連合社(Unión Aérea Española)がマドリード~セビリア~リスボン航路を開始。1929年にセビリア空港が開港。マドリード、カナリア諸島ベルリンバルセロナ等の航路が開始された。

スペイン内戦の時代には、セビリア空港はアフリカからの軍の到着地となり、イベリア航空がその航空輸送を担当した。1945年9月から大西洋横断便が就航。

ターミナル[編集]

ターミナルビル内部
  • ターミナルビルは現在一つ。就航している航空会社は下記の通り。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]