ビスカイバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビスカイバス
画像
地域 スペインバスク自治州ビスカヤ県
運行種別 路線バス
公式サイト 公式サイト

ビスカイバススペイン語: BizkaiBus)は、スペインバスク自治州ビスカヤ県で運行されている路線バスである。名称は県名に由来している。イメージカラーの黄色で他社(ビルボバスは赤色)と区別される。クレディトランス(プリペイドカード)が使用できる。

運行[編集]

運行形態[編集]

ビスカイバスはビスカヤ県で輸送サービスを行ういくつかの企業の集合体であり、TCSA、CAV、PESA、エンカルタシオネス、バスク鉄道、アドノル、アウトブセス・デ・ルフアなどが含まれる。ビスカヤ県などから資金が提供され、約100路線が運行されている。いくつかの路線は季節運航であり、例えば夏季のみ海岸地域で運行される路線がある。ビスカイバスに参加する企業は年々増加している。2002年にはバスク鉄道のバス部門が参加し、2005年にはアドノルが参加し、2006年にはアウトブセス・デ・ルフアが参加した。2006年にはビルバオカストロ・ウルディアレスを結んでいた路線がビスカイバスから除外された。この路線には完全にビスカヤ県が資金を提供していたが、カストロ・ウルディアレスはバスク自治州ではなくカンタブリア州に属する自治体であることが問題視された。

路線[編集]

ビスカイバスは約100路線を運行しており、路線番号は地域ごとに決まりを持っている。ウリベ・コスタの路線は21で始まり、バスク大学(UPV)行きの路線は23で始まり、ビルバオ都市圏西側の路線は31で始まり、ビルバオ都市圏東側の路線は34で始まり、ネルビオンは36で始まり、エンカルタシオネスは33で始まる。CAVによって運行される路線は35で、PESAによって運行される路線は39で始まる。

乗客数[編集]

年間乗客数
乗客数

1996 28,349,207
1997 32,990,053
1998 35,619,186
1999 35,204,283
2000 36,062,000
2001 38,536,000
2002 35,320,286
2003 37,030,557
2004 36,875,775
2005 34,134,235
2006 32,809,996
2007 30,845,754

2007年の乗客数は約3,000万人であり、前年より6%減少した。ビルバオ都市圏の西側を通るメトロ・ビルバオ(地下鉄)の延伸によって、2002年以降のビスカイバスの乗客数は緩やかに減少している。2005年にはメトロがセスタオまで、2007年にはポルトゥガレテまで延伸され、やはりビスカイバスの乗客数に影響を与えた。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]