マイアミ国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイアミ国際空港
Miami International Airport
MIA - Miami International Airport FAA diagram.svg
連邦航空局・空港図
MiamiInternationalAirportFront.jpg
ターミナル
IATA: MIAICAO: KMIAFAA LID: MIA
概要
空港種別 公共
所有者 マイアミ・デイド郡
運営者 マイアミ・デイド郡航空局 (MDAD)
供給都市 フロリダ州マイアミ
ハブ空港とする航空会社
標高 8 ft / 2 m
座標 北緯25度47分36秒 西経080度17分26秒 / 北緯25.79333度 西経80.29056度 / 25.79333; -80.29056
ウェブサイト 公式ウェブサイト
滑走路
方向 全長 表面
ft m
08L/26R 8,600 2,621×46 舗装
08R/26L 10,506 3,202×61 舗装
09/27 13,000 3,962×46 舗装
12/30 9,354 2,851×46 舗装
統計 (2008年)
Aircraft operations
Based aircraft 250
利用者数 34,063,531
出典:連邦航空局[1]

マイアミ国際空港英語: Miami International Airport)は、アメリカ合衆国フロリダ州のハイアリア、ドラール、フォンテンブロー、及びマイアミスプリングスの郊外の間にある、地方自治体に編入されていないマイアミに位置する国際空港である。

概要[編集]

アメリカ合衆国、カナダラテンアメリカカリブ海、及び西ヨーロッパの至る所の空港へ路線を持っている。アトランタハーツフィールド国際空港とともに、マイアミ国際空港はアメリカ南部への一番大きな航空機のゲートウェーの1つである。この空港はマイアミの近郊にある観光客向けアトラクション、ローカル経済の発展、ラテンアメリカとヨーロッパ系人口の多さなどの理由で統計上の伸びを長く得ている。

マイアミ国際空港はアメリカン航空アメリカン・イーグル航空、貨物航空会社 Fine Air、及びチャーター航空会社 マイアミ航空 (Miami Air) のハブ空港である。過去には イースタン航空 (Eastern Air Lines)、エア・フロリダ (Air Florida)、最初のナショナル航空 (National Airlines)、初代パンアメリカン航空 (Pan Am)、及びイベリア航空のハブ空港であった。

ガルフストリーム国際航空 (Gulfstream International Airlines) は、現在国交がないアメリカとキューバの間で、同社の唯一の商業航空路線であるマイアミ国際空港とキューバのいくつかの空港の間で定期路線を運航している。しかしながら、それらの飛行は The Office of Foreign Assets Control から特別の許可と一緒にエージェントを通して予約を行い、政府職員、ジャーナリスト、研究者、会議に出席する専門家か、キューバの家族を訪問する移住者だけが一般的に利用できる。

歴史[編集]

マイアミ国際空港は現在の空港の敷地の北側で、パンアメリカン航空の本拠地として運営する、パンアメリカン飛行場として1928年に開港する。

ターミナル、航空会社、及び目的地[編集]

マイアミ国際空港のターミナルは半円状に配置されており、北側から左回りでノース・ターミナル(コンコースD)、セントラル・ターミナル(コンコースE、F、G)、サウス・ターミナル(ターミナルH、J)となっている。 空港施設のリニューアルにより、コンコースA、B、Cは取り壊され、新しいコンコースDに生まれ変わった。 チェックインと出発は上部階に位置する:入管とバッゲージ・コントロールは下部階に位置する。おのおののゲートは主要な階(国内線到着)か下の入管ホール(国際線到着)へ到着旅客を誘導する事ができる。コンコース D には コンコース内の乗客を運ぶ スカイトレインがある。コンコース E には サテライト・ターミナルへ乗客を運ぶピープル・ムーバーが3階にある。

駐車場はターミナルの湾曲部内に位置し、頭上にある動く歩道によってターミナルとつながっている。屋上にはヘリポートが設置されている。

就航会社[編集]

ノート:このリストには航空会社チェックインカウンターの位置に関する過去の情報が記載されている。いくつかの航空会社ではカウンターと、出発ゲートおよび到着ゲートのコンコースがそれぞれ異なる場合がある。より正確な情報を得るには公式ウェブサイトを参照すべきである。

コンコース A[編集]

  • Aeropostal Alas de Venezuela(カラカス, マラカイボ)
  • ブリティッシュ・エアウェイズ (ロンドン/ヒースロー)
  • TACA航空 (グアテマラシティ, マナグア, ロアタン, サンペドロスラ, サンサルバドル, テグシガルパ)
  • TACA航空(Lacsa) (マナグア, サンホセ (コスタリカ))
  • ラン航空 (サンタフェ・デ・ボゴタ, カラカス, カンクン, グアヤキ, サンチャゴ (チリ), リマ, プンタカナ, サントドミンゴ)
  • スイスインターナショナルエアラインズ (チューリッヒ)
  • TAM航空 (サンパウロ)

コンコース B[編集]

チェックインカウンター無し。

コンコース C[編集]

  • アメリカン航空 (国際線) (ベリーズシティ, サンタフェ・デ・ボゴタ, ブエノスアイレス, カリ, カンクン, カラカス, グアテマラシティ, グアヤキル, ラパス, リマ, ロンドン/ヒースロー, マドリッド, マナグア, マンチェスター, マラカイボ, メデリン, メキシコシティ, モンテビデオ, キト, パナマシティ, パリ/シャルルドゴール, リオデジャネイロ, サンサルバドル, サンパウロ, サンチャゴ (チリ), テグシガルパ)

コンコース D[編集]

  • アメリカン航空 (First Class/カリブ/国内線) (アトランタ, アルバ, バルバドス, ボルチモア/ワシントン, バミューダ, サンタフェ・デ・ボゴタ, ボストン, シャーロット, シカゴ/オヘア, クリーブランド, キュラソー, ダラス/フォートワース, デンバー, デトロイト, グランドケイマン, ハートフォード, ヒューストン/国際, インディアナポリス, キングストン, ラロマーナ, ラスベガス, リベリア (コスタリカ), ロサンゼルス, ミネアポリス/セントポール, モントゴメリー, モントリオール, ニューオーリンズ, ニューヨーク/ケネディ, ニューヨーク/ラガーディア, ナッシュビル, ニューアーク, オーランド, フィラデルフィア, ポルトオープランス, ポートオブスペイン, プロビデンシアレス,プエルトプラタ, プンタカナ, ローリー/ダーラム, セントクロイ, セントキッツ, セントルイス, セントルシア, セントマーチン, セントトーマス, サンフランシスコ, サンホセ (コスタリカ), サンファン, サンペドロスラ,サンチャゴ (ドミニカ共和国), サントドミンゴ, タンパ, テグシガルパ, トロント, ワシントン ダレス, ワシントン/レーガン)

コンコース E[編集]

コンコース E は2つに区分される:"low E," と呼ばれる桟橋と"high E." と呼ばれるサテライト・ターミナル。Low E はアメリカン航空が多く使用する:high E は他の航空会社が使用する。

コンコース F[編集]

コンコース G[編集]

コンコース H[編集]

コンコース J[編集]

他の就航会社[編集]

新交通システム[編集]

マイアミ国際空港では各ターミナル間を結ぶスカイトレインなどのほかに、セントラル・ターミナルのMIA駅からマイアミ中央駅英語版およびマイアミ・インターモーダル・センター英語版 (MIC) にあるMIC駅とを結ぶ新交通システムMIAムーバー」が運行されている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]