アメリカン・イーグル航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカン・イーグル航空
American Eagle Airlines Inc.
IATA
MQ
ICAO
EGF
コールサイン
EAGLE FLIGHT
設立 1984年
ハブ空港
マイレージサービス AAdvantage
保有機材数 264機
就航地 160都市
親会社 AMRコーポレーション
本拠地 米国テキサス州フォートワース
外部リンク AA.com
離陸しようとしている当社のエンブラエル ERJ-135型機

アメリカン・イーグル航空American Eagle Airlines)は、アメリカ航空会社である。アメリカン航空地域会社にあたる。アメリカン航空とは共通の持株会社により保有され兄弟会社となっている。主に小型機を用いて、ローカル空港への路線を運航している。デルタ航空ともコードシェア協定を結んでいる。

2014年1月15日、アメリカン航空が当社の社名を「Envoy (エンボイ)」に変更すると発表。変更時期は2014年春頃の予定。社名の変更理由は、アメリカン航空とUSエアウェイズの合併に伴う「アメリカン・エアラインズ・グループ」内での混同を避けるためとしている。アメリカンとUSエアの地方路線は各社とも「アメリカン・イーグル」のブランドで運航する予定で、現在の当社の社名を「Envoy」に変更する。

なお、合併したアメリカンとUSエアのリージョナル路線を運航する新生「アメリカン・イーグル」はEnvoyを含め、10社が運航することとなる[1]

主な就航空港[編集]

保有機材[編集]

機材は下記の航空機で構成される。(2013年4月 現在)

当社の保有機種・機数
機種 機数 発注中 座席数 就航路線 備考
B E 合計
ボンバルディア CRJ-700 47[2] 0 9 54
56
63
65
High-density routes from
シカゴ(オヘア)ラガーディアロサンゼルスJFK
Original 25 will be reconfigured to (9/54)
22 New will be configured (9/56)[3]
エンブラエル ERJ-135 18 0 0 37 37 アメリカ 中央部・東部、カナダ To be phased out by end of 2013[4]
エンブラエル ERJ-140 59 0 0 44 44 アメリカ 本土、メキシコ、カナダ To be retired by 2017 with replacement to be Republic Airlines.
エンブラエル ERJ-145 118 0 0 50 50 アメリカ 中央部・東部、メキシコ、カナダ To be retired by 2017 with replacement to be Republic Airlines.
合計 242 0
Total after 2017 47 0

脚注[編集]

  1. ^ アメリカン・イーグル、エンボイに名称変更へ FlyTeam 2014年1月15日付
  2. ^ American Eagle firms 22 additional CRJ700s”. Flightglobal.com (2009年12月3日). 2012年10月14日閲覧。
  3. ^ AMR Corporation Takes Significant Steps to Face Near-Term Challenges - Sep 17, 2009”. Aa.mediaroom.com. 2012年10月14日閲覧。
  4. ^ American Eagle to retire remaining ERJ-135s by end of 2013. ch-aviation.ch. Retrieved on 2013-08-16.

外部リンク[編集]