アレゲニー航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレゲニー航空航空
Allegheny Airlines
IATA
なし
ICAO
ALO
コールサイン
Allegheny
設立日 1946 年
ハブ空港 ピッツバーグ国際空港
保有機材数 315機(最多期)
就航地 39都市
本拠地 ペンシルベニア州ピッツバーグ
代表者 Keith Houk

アレゲニー航空Allegheny Airlines)はアメリカ合衆国ペンシルベニア州ピッツバーグにかつて存在した航空会社。現在はUSエアウェイズの前身である。

歴史[編集]

アレゲニー航空は1939年にAll American Aviation Companyとしてデュポン家によって設立された。当初は航空郵便のサービスを行っていたが、1949年に旅客サービスを開始したことで名前をオールアメリカン航空に改称し、1952年にふたたび改称しアレゲニー航空となった。

1950年代に入るとアレゲニー航空は企業として成長しはじめ、1960年代前半にはコンベア540を導入した。しかしコンベア540はエンジントラブルが多発し商業機として役に立たないことがわかったため、すぐにコンベア580に差し替えた。またアレゲニー航空は地方におけるコミューター航空と提携しアレゲニー航空便とリンクさせる方式をとった最初の航空会社のうちの一社でもあり、一時はこの方式をアレゲニー・コミューター・システムとも呼ばれていた。この方式に基づき1968年インディアナポリスレイク・セントラル航空1972年ニューヨークモホーク航空買収している。

しかし航空業界で規制緩和が行われたことで、競争が激しさを増す中アレゲニー・コミューター・システムから「地方の航空会社」のイメージがつくのを嫌ったアレゲニー航空は1979年10月名前をUSエアウェイズに改称した。改称後においてもしばらくはコミューター路線においてはアレゲニーコミューターサービスとして「アレゲニーブランド」を残していたが、その後コミューター路線も名前は「USエアウェイズエクスプレス」に改称された。しかしこのアレゲニーの名前は再び子会社商標としては使われ続けることとなった。この子会社はペンシルベニア州ハリスバーグに本社を置き、ボストンフィラデルフィアからアメリカ北東部とカナダデ・ハビランド・カナダ DHC-8を使用した路線を展開しているが、この路線は2004年に合併したピードモント航空の旧運航路線である。

就航都市[編集]

保有機材[編集]

ここでは1979年USエアウェイズに改称した時の保有機材を掲載する。

事故[編集]

1969年9月9日、シンシナティからインディアナポリスに向かっていたアレゲニー航空853便マクドネルダグラスDC-9型機がインディアナポリスの南東で小型機と激突し、大豆畑に墜落した。これによって両機に乗っていた乗客乗員83人が全員死亡した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]