タワーエア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タワーエア
Tower Air
IATA
FF
ICAO
TOW
コールサイン
Tower Air
設立日 1983年
ハブ空港 ジョン・F・ケネディ国際空港
焦点空港 ベン・グリオン国際空港
マイレージサービス なし
同盟 なし
保有機材数 17機
就航地 9都市
本拠地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州
代表者 モーリス・A・ナチトミ

タワーエア(Tower Air)は、1983年から2000年まで営業していたアメリカ航空会社

歴史[編集]

設立[編集]

イスラエルフラグシップであるエル・アル航空出身の、イスラエル系アメリカ人のモーリス・A・ナチトミが1981年に創設した旅行代理店「タワー・トラベル・コーポレーション」を前身に、1983年にニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港を本拠地に設立された。

急成長[編集]

タワーエアのボーイング747型機

その後、アメリカ国防省との契約を獲得し、パンアメリカン航空トランス・ワールド航空ブラニフ航空などから中古で購入したボーイング747型機を使用して、アメリカ国外に駐留するアメリカ軍兵士の輸送を行うチャーター運航を行ったほか、国連平和維持軍向けの運航や、ガルーダ・インドネシア航空エアアジア向けのウェット・チャーターによるメッカ巡礼チャーターなどを行い急成長した。

最盛期[編集]

1990年代の最盛期には、ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港の旧イースタン航空ターミナルを自社専用ターミナルとして使用し、低運賃を武器に14機のボーイング747型機と3機のボーイング747型貨物機で、イスラエルのテルアビブギリシアアテネフランスパリへの定期国際線を運航した他、同空港からロサンゼルスラスベガスフォートローダーデールなどへの国内線定期路線にも進出した。

低評価[編集]

しかし、安く手に入れた中古機を武器に低運賃で運航していたこともあり、ファーストクラスエコノミークラスともにその機内外サービスの評判は低く、1997年の「ザガット・サーベイ」においては評価対象航空会社61社中で59番という低い評価を受けた。

1998年2月には、FAAから整備不良を理由に276,000アメリカドルの罰金の支払いを命令された他、同年12月にはジョン・F・ケネディ国際空港で給油中に火災を起こしたことで、さらにタワーエアの評判を落とす結果となった。

運航停止[編集]

1999年1月には、最大手の顧客であるアメリカ国防省よりチャーター便の委託を停止された事を受け急激に経営状況が悪化し、翌2000年2月には連邦倒産法第11章を申請し、同年5月に全ての便の運航を停止した。

使用機材[編集]

ボーイング747全ての機材がパンアメリカン航空やトランス・ワールド航空などの大手航空会社の中古機材で、-400以前のいわばクラシックにあたるアナログ・コクピット機材であった。その上、初期の-100(JT9D-7A)のウエイトが高かった。購入時点で機齢が15年から25年に達したものが多く、部品の調達も困難を極めていた。倒産後にその殆どがスクラップとなった。

  • ボーイング747-100
  • ボーイング747-200
  • ボーイング747-100F

主な就航地[編集]

国際線定期便[編集]

国内線定期便[編集]

チャーター便[編集]

機内クラス[編集]

事故[編集]

  • 1995年12月20日:ジョン・F・ケネディ国際空港を離陸滑走中にエンジンに問題が発生し、離陸を取りやめたもののオーバーランし前輪が各坐、大破した。
  • 1998年12月2日:ジョン・F・ケネディ国際空港の自社ターミナルのスポットで給油中に火災を起こした。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]