ブラニフ航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラニフ航空
Braniff International Airways
IATA
BN
ICAO
BNF
コールサイン
Braniff
Braniff Int. Logo.JPG
設立日 1928年
ハブ空港 ダラス・フォートワース国際空港
焦点空港 マイアミ国際空港リマ国際空港
保有機材数 82機
就航地 54都市
親会社 Braniff International, Inc.
本拠地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州ダラス
代表者 ポール・R・ブラニフ (初代CEO), Tom Braniff, Charles Beard, Harding Lawrence, Howard Putnam (倒産時のCEO)

ブラニフ航空英語: Braniff International Airways)は、1928年から1991年まで営業していたアメリカ航空会社

歴史[編集]

創成期[編集]

ダグラスDC-4型機

1928年にポール・R・ブラニフとトーマス・E・ブラニフの兄弟によって「ブラニフ・エアウェイズ」の名で創業された。その後アメリカ中西部において航空郵便業務を展開し、アメリカ国内における航空運送の発展とともに、1930年代半ば頃にはイリノイ州シカゴメキシコとの国境付近までその路線を拡張した。

その後は、当時の最新鋭機であるダグラスDC-2DC-3を導入し、大陸間横断路線をはじめとするアメリカ国内路線を次々に拡充し、中堅航空会社としての地位を確立した。

成長期[編集]

第二次世界大戦後には国内線の路線拡張を進めた傍ら、カリブ海諸国や南アメリカ諸国に限定された国際線の開設の政府認可を取得し、ダグラスDC-4などの大型機を導入した。また第二次世界大戦後の国際線参入に併せて、社名を「ブラニフ・インターナショナル・エアウェイズ」に変更する。

なお、カリブ海及び南アメリカ諸国路線のハブ空港として、ペルー首都リマホルヘ・チャベス国際空港フロリダ州マイアミ国際空港を利用し、カリブ海沿岸諸国からブラジルアルゼンチンにわたる路線網を築いた。

1959年には当時の最新鋭機であった大型ジェット旅客機ボーイング707を他のライバル航空会社とともに導入。その後も同機のライバルのダグラスDC-8イギリス製の中・短距離ジェット機のBAC 1-11などを相次いで導入し、1960年代中頃には殆どの所有機をジェット旅客機が占めるようになった。

なお、この頃は持株会社の「グレートアメリカ」の傘下となっていたものの、同社が1968年コングロマリットの「リング・テムコ・ボート」に買収されたことを受け、同社の傘下になった。

The End of the Plain Plane[編集]

黄土色に塗装されたボーイング747型機(1970年代前半)
カルダーがデザインしたアメリカ独立200周年記念塗装が施されたボーイング727-200型機
「Flying Colors」塗装のダグラスDC-8型機(1980年代前半)

国内外における競争が激化する中、1965年にはコンチネンタル航空の副社長であったハーディング・L・ローレンスを招く。ローレンスは、他社との差別化を打ち出すべく、広告代理店の役員であったメアリー・ウェルズを広告担当重役に招き、中規模広告代理店であるジャック・ティンカー&パートナーズをパートナーに、ウェルズの知人であった著名なイタリアデザイナーエミリオ・プッチアレキサンダー・ジラルドとともに「The End of the Plain Plane(退屈な飛行機の終焉)」キャンペーンを企画する。

手始めに、これまでの他社と比べて代わり映えのしない塗装を、「ジェリー・ビーンズ・フリート」をテーマに、ベージュ、黄土色、オレンジ、ターコイズ、ベビーブルー、ミディアムブルー、レモンイエローとラベンダーの各色に塗りわけ、合計15種の塗装を自社機材に施した。この塗装の導入に併せて、エミリオ・プッチがデザインした客室乗務員の制服を導入する。

その後、機内や空港のカウンター、本社オフィス「ブラニフ・ワールドヘッドクオーター」内も同じコンセプトを元に塗り別けられるなど、大胆なコーポレート・アイデンティティは注目を浴びた。

また、芸術家のアンディー・ウォーホルボクシング世界チャンピオンのソニー・リストンなどの著名人を登用した広告シリーズを展開するなど、派手な広告展開も同時に行い、1960年代後半から1970年代にかけて最も成功した航空会社の1つとなった。

アレクサンダー・カルダー[編集]

1973年にはモビールで有名な芸術家アレクサンダー・カルダーを招く。1975年にカルダーは、『空飛ぶ色彩(フライング・カラーズ/Flying Colors)』塗装をダグラスDC-8に施し、パリ・エアショーでデビューさせる。

さらにカルダーは、翌年のアメリカ独立200周年を記念する特別塗装としてスペシャルカラーのボーイング727、「Flying Colors of the United States」を就航させた。さらに3機目の『メキシコへのトリビュート』も就航予定であったが、カルダーの急死によりデザインが完成せず中止された。

国際線拡張[編集]

ボーイング747-SP(1980年代前半)
最終塗装のエアバスA320型機

ジミー・カーター政権が1978年に導入した航空自由化政策(ディレギュレーション)の導入を受け国際線も南米諸国以外に拡張し、アジアヨーロッパ各国へとその路線網を拡張するとともに、国内線からBAC 1-11を退役させより大型のボーイング727―200に更新させるなど拡張政策を進めた。

さらに当時最新鋭の超長距離機材であったボーイング747-SPを導入し、大韓民国ソウル香港アルゼンチンブエノスアイレスペルーリマブラジルリオデジャネイロなど世界各国へ乗り入れたものの、日本への定期便による乗り入れは行われなかった(日本に飛来したのは定期便としてではなく、香港へ向かっていた途中に機内で急病人が発生した際に成田へ緊急着陸するなどの形だけであった)。

コンコルド運航[編集]

1979年には、ブリティッシュ・エアウェイズエールフランス航空がそれぞれロンドンパリからワシントンD.C.に乗り入れるコンコルドを、ワシントンD.C.からダラスの区間を引き継いで共同運航した。しかし、超音速飛行時に発生する衝撃波に対する反対運動などから、アメリカ大陸上空における超音速飛行が許可されなかった上、当初の思惑に反し乗客が集まらなかったことから共同運航は短期間で中止された。

なおブリティッシュ・エアウェイズとシンガポール航空が共同運航した際のような、スターボードとポートサイドで両社の塗装を塗り分けるような施策は行われなかったが、専用の航空券や安全のしおりが用意された。

破産[編集]

1960年代から1970年代後半にかけて、上記のような大胆なマーケティング施策を打ち続けるとともに国際線の拡張政策を取り続けていたものの、1978年のディレギュレーション政策導入後の国内外路線における拡張政策が、国内線、国際線双方の競争激化や低価格競争を受けて思うような収益向上につながらなかった上に、イラン・イラク戦争の勃発による燃料の高騰により大きなダメージを受け急速に経営状態が悪化した。

1980年には社長のローレンスが解任されたものの、ローレンスの後継者達も経営を立て直すことが出来ず1982年5月11日に破産を宣告され、翌12日に全ての便の運航を停止した。

復活[編集]

1983年-1990年[編集]

その後ハイアットホテル経営者一族のジェイ・プリツカーが音頭を取り、1983年に残存資産を買い取り、1984年に再度同名で運航を開始する。カンザスシティ国際空港をハブ空港に国内線と近距離国際線を運航し、機材はボーイング727-200やボーイング737-200が中心となった。なおこの時に新しいロゴと塗装が導入され、以前使用されていたカルダーによるデザインは採用されなかった。

その後豊富な資金を元にオーランド国際空港を第2のハブにするなど路線を拡張し、地域航空会社のフロリダ・エクスプレス航空を買収するなど積極的な拡大政策を取った。さらにエアバスA320フォッカー100を大量発注したものの、1980年代後半には経営不振に陥いる。

その後パンアメリカン航空がオーダーしたものの経営不振により受領されなかったエアバスA320を2機導入し、パンアメリカン航空のようなビルボード塗装を取り入れた新塗装で運航を行ったものの、1989年に一旦運航を停止する。その後運航を再開したが、1990年12月に湾岸戦争による乗客減などを受け運航を停止した。

1991年-1992年[編集]

その後1991年にBIA-CORホールディングが経営権を買い取り再度復活し、ボーイング727-200とダグラスDC-9数機で運航を開始するものの、こちらもわずか1年で運航を停止した。

主な使用機材[編集]

オレンジ色に塗装されたボーイング727型機

ボーイング社によるブラニフ航空のカスタマーコード[編集]

なお、ブラニフ航空が発注したボーイング社製航空機の顧客番号(カスタマーコード)は27で、航空機の形式名は747-127, 747SP-27, 747-227, などとなっていた。

航空事故[編集]

1966年8月6日に、ブラニフ航空の250便が、ネブラスカ州で墜落した。カンザスシティミズーリ州}からオマハ(ネブラスカ州)へ運航している途中であった。事故原因は機体の異常であった。この事故で38人の乗客と、4人の乗員が犠牲になった。機種はBAC 1-11-203AEで、機体登録番号はN1553であった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]