スカイウェスト航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スカイウェスト航空
SkyWest Airlines
SkyWest Logo.svg
IATA
OO
ICAO
SKW
コールサイン
SKYWEST
設立 1972年
ハブ空港

スカイウェスト航空/アラスカ航空

その他運航各社のハブ空港
アメリカン・イーグル英語版

デルタ・コネクション:

ユナイテッド・エクスプレス:

USエアウェイズ・エクスプレス:

マイレージサービス AAdvantage英語版
(アメリカン航空)
マイレージプラン英語版
(アラスカ航空)
スカイマイル
(デルタ・コネクション)
マイレージ・プラス
(ユナイテッド航空)
ディビデンドマイル
(USエアウェイズ・エクスプレス)
同盟 スカイチーム(デルタ)
スターアライアンス(ユナイテッド、USエアウェイズ)
ワンワールド(アメリカン航空、USエアウェイズ)
保有機材数 336[1]
就航地 186[1]
親会社 スカイウェスト英語版
本拠地 アメリカ合衆国ユタ州セントジョージ[1]
代表者 ジェリー・アトキン英語版 (CEO)、マイケル・トンプソン(COO
外部リンク http://www.skywest.com

スカイウェスト航空(スカイウェストこうくう、: SkyWest Airlines)とはスカイウエスト英語版社が所有し、アメリカ合衆国ユタ州セントジョージに本拠地を置く北アメリカの航空会社である。資金的な面や[2]エアラインズ・フォー・アメリカ英語版が定義するところでは[3]、スカイウェストは北アメリカの主要航空会社である。しかしながら運航はリージョナル航空会社としての規模に留まっており、リージョナル・エアライン・アソシエーション (Regional Airline Association) の一員でもある[1][4][5]。就航地は182都市、アメリカ合衆国の41州とワシントンD.C.、カナダの6州、メキシコの9都市とバハマである[6]。様々な主要キャリアとの契約に基づいてローカル線を運航する航空会社としてサービスを提供している。アラスカ航空とのパートナーシップではスカイウェスト航空として運航する他、ユナイテッド航空とはユナイテッド・エクスプレスUSエアウェイズとはUSエアウェイズ・エクスプレスデルタ航空とはデルタ・コネクションアメリカン航空とはアメリカン・イーグル英語版のブランドを用いている[6][7]

2014年2月時点で、スカイウェストは北アメリカ全域にわたって10,569人を雇用している。この航空会社は平均して1日に1,784便の出発便を運航し、うち1,042便はユナイテッド・エクスプレスとして、504便はデルタ・コネクションとして、90便はUSエアウェイズ・エクスプレスとして、112便はアメリカン・イーグルとして、36便はアラスカ航空として運航している。スカイウェストは2013年には合計で2700万人の乗客を輸送している[6]。スカイウェスト社の現在の会長およびCEOはジェリー・アトキン英語版であり、ラッセル・"チップ"・チャイルズが社長、スカイウェスト航空の最高執行責任者はマイケル・トンプソンとなっている[8][9]

歴史[編集]

ユタ州セントジョージにあるスカイウェスト航空の本社

既存の航空会社の限られた路線網に不満を持っていたユタ州セントジョージの弁護士ラルフ・アトキン英語版が、1972年にディクシー航空を買収しソルトレイクシティへのシャトル便を開設したのが始まりである[10]。設立当初の難局を乗り切り、アメリカ合衆国西部に路線網を拡大した。1984年、カリフォルニア州パームスプリングスのサン・アイレ・ラインを買収したことで、リージョナル航空会社として11位の規模となった。 1985年、ソルトレイクシティをハブ空港とするウエスタン航空英語版(後にデルタ航空により買収)のローカル線を担うウエスタン・エクスプレスとのコードシェアを開始した。1986年には、NASDAQ株式公開を行った[11]

1995年、コンチネンタル航空のロサンゼルス便の運航を開始。スカイウェスト航空が、2年後にユナイテッド航空便の運航に着手するまで継続された。スカイウエスト航空によるユナイテッド・エクスプレス便は、サンフランシスコ国際空港ロサンゼルス国際空港デンバー国際空港発のもので、1990年代末には、最大の運航となった。コンチネンタル航空との提携は、2003年にジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港便で再開したが、2005年6月には終了した。2005年8月15日、デルタ航空がアトランティック・サウスイースト航空英語版を4億2500万ドルでホールディングカンパニーであるスカイウエストに売却することを発表した[12]。買収は2005年9月8日に完了した[13]

2010年8月4日、スカイウエスト社がエクスプレスジェット航空を買収し、先に買収したアトランティック・サウスイースト航空と合併する、総額1億3300万ドルに達する計画を発表した。この計画は最大の旅客業務を提供していたユナイテッド航空・コンチネンタル航空の両者との緊密な連携により進展し、2010年9月13日に連邦取引委員会によって承認された[14]

2011年2月、アラスカ航空によって5月14日よりホライゾン航空に代わってスカイウェスト航空が西海岸線を運行することを発表した。これはシアトルポートランドより、カリフォルニア州のフレズノバーバンクサンタバーバラオンタリオの各都市を結ぶ路線であった。なお、アラスカ航空は当時同様の合意を、アラスカ便でペニンシュラ航空英語版と、アラスカ・ハワイを除く48州便でホライゾン航空と行っている[15]

2011年6月、エアトラン航空は9月6日よりスカイウェストとコードシェアを世界規模で行うと同時に、パートナーシップ契約を行うことを発表した[16]。その2ヶ月後、スカイウェストは2012年中頃までにUSエアウェイズとのコードシェアを行うことで合意したことを発表、CRJ200によってUSエアウェイズのハブであるフェニックスから運航させることになった[17]

2012年9月、アメリカン航空より、11月15日から同社のハブであるロサンゼルスからの便を12機のCRJ200での運航を請け負った[18]

就航都市[編集]

スカイウェストは北アメリカ全域の180都市に就航しており、それにはデンバー国際空港ソルトレイクシティ国際空港サンフランシスコ国際空港ロサンゼルス国際空港シカゴ・オヘア国際空港シアトル・タコマ国際空港およびポートランド国際空港が含まれている[1]

保有機材[編集]

現在[編集]

2014年2月時点で、スカイウェストの保有機材は以下の航空機で構成されている:[6][19][20]

機種 現役 保管 発注 オプション英語版 乗客数 ブランド 備考
F Y+ Y 合計
エンブラエル EMB 120ER ブラジリア 45 0 2 28 30 ユナイテッド・エクスプレス[21](28機) 他にブランドなし17機
ボンバルディア CRJ200ER/CRJ100ER英語版 47 0 12 38 50 デルタ・コネクション[22] 内CRJ100ER 4機
68 0 0 50 50 ユナイテッド・エクスプレス[23] 内CRJ100ER 2機
11 0 0 50 50 USエアウェイズ・エクスプレス[24]
12 0 0 50 50 アメリカン・イーグル英語版[25]
18 0 0 50 50 ブランドなし 内CRJ100ER 1機
ボンバルディア CRJ700ER英語版 8 1 70 70 アラスカ航空 [26]
19 6 9 8 48 65 デルタ・コネクション
3 6 32 28 66 ユナイテッド・エクスプレス[27]
67 6 16 48 70
ボンバルディア CRJ900英語版 32 8 12 12 52 76 デルタ・コネクション
4 9 67 76 USエアウェイズ・エクスプレス
三菱 MRJ90 100 100 未定 未定 2017年就航予定
エンブラエル E175 2 38 12 16 48 76 ユナイテッド・エクスプレス
60 100 未定 未定 2014年4月就航予定
エンブラエル E175-E2英語版 100 100 未定 未定 2020年就航予定
合計 338 15 298 300 機体総数は、[6]による。

将来[編集]

2012年6月、スカイウエスト社は100機のMRJ90を、傘下のスカイウェスト航空とエクスプレスジェット航空英語版用に発注した。2017年に就航を開始する予定であった[28]。2012年12月、100機導入の本契約に加え、100機分のオプション契約を締結した[29]。MRJ90の開発が遅延したため、オプションの100機は2021年以降の取得となる[30]

2013年5月21日、スカイウエスト社はエンブラエルと100機に追加の100機までのオプションを付けてE175の購入で合意した。デリバリーは2014年4月に予定された。最初の40機はスカイウェスト航空により運航され、12年契約でユナイテッド航空の下で2クラス76席(エコノミープラスを運用するため、実質3クラス)のコンフィギュレーションで運航されることになった[31]

2013年6月17日、100機に100機までのオプションを付けてE175-E2英語版購入に合意した。スカイウェスト航空がエンブラエル E2シリーズのローンチカスタマーとなり、2020年の納入が予定されている[32]

事故・事件[編集]

スカイウェスト航空が原因と指摘されたり、誤りがあったと考えられる死亡事故は発生していないが、インシデントには下記のものが含まれる:

  • 1987年1月15日: スカイウェスト航空1834便フェアチャイルド メトロ英語版)がアイダホ州ポカテッロソルトレイクシティ行きのフライトを運航中に、教官と訓練生を乗せて飛行していたムーニー M20英語版カーンズ英語版周辺で衝突した。1834便に搭乗していた10人全員とムーニーに搭乗していた2人が死亡した。この事故はムーニーに搭乗していたパイロット訓練生の航法エラーが原因であることが判明した[33]
  • 1990年1月15日: スカイウェスト航空5855便(フェアチャイルド メトロ英語版)がネバダ州エルコ英語版へ計器進入中に地形に衝突した。4人が重傷を、9人が軽傷を負った。
  • 1991年2月1日: ロサンゼルス-パームデール間の定期便、スカイウェスト航空5569便フェアチャイルド メトロ英語版)がロサンゼルスの稼働中の滑走路で出発許可を待っていた時、着陸してきたオハイオ州コロンバス発のUSエアー1493便に衝突された。スカイウェスト航空5569便は離陸のために滑走路24Lへ移動し、誘導路45の交差点で待機するよう指示された。USエアー1493便は1分後に滑走路24Lへの着陸許可を同じ管制官から得た。1分後、USエアー1493便が着陸、だ滑走路末端から2400フィートの位置に待機していたスカイウェストのメトロに乗り上げた。両機は滑走路を滑走し、その後脇へ外れ、使用されていない消防署にぶつかり停止し、炎上した。メトロの12人全員(乗客10人、パイロット2人)と737に搭乗していた89人のうち22人(乗客20人、パイロット1人、客室乗務員1人)が死亡した。原因は航空管制ミスであると判明した。
  • 1997年5月21日: スカイウェスト724便(エンブラエル EMB-120、N198SW)がカリフォルニア州サンディエゴのサンディエゴ国際空港-リンドバーグ飛行場から離陸後、右エンジンの出力を喪失し関連するエンジン火災が起き、続いてすべての油圧システムが喪失した。同機は重大な損傷を受けた。パイロット2人、客室乗務員1人と乗客14人にけがはなかった。スカイウェスト社は同機を国内定期旅客便として連邦規則集14巻Part 121の下で運航していた。同便はカリフォルニア州ロサンゼルスに向かう予定であったが、サンディエゴのミラマー海軍航空基地にダイバートし、14時27分(軍用時間)に着陸した。当時目視飛行が可能な気象状況であったが、計器飛行計画が提出されていた。
  • 2007年5月26日: スカイウェスト航空5741便英語版エンブラエル 120)がサンフランシスコの交差する滑走路でリパブリック航空4912便(エンブラエル 170)と衝突寸前となる、深刻な滑走路誤進入事故に遭遇した。乗客の中に負傷者がいたという報告はなく、どちらの機体にも損傷があったという報告はなかった。NTSBによると、FAAの管制官に過失があり、両機の距離は50から300フィートであった。
  • 2008年1月13日: サンフランシスコ国際空港で、整備員を乗せたユナイテッド航空ボーイング757ジェット機が後退中に乗客60人と乗員が搭乗したスカイウェスト航空6398便(ボンバルディア CRJ700英語版)に衝突した。衝突は午後7時30分、757が旅客営業を完了し夜に向けてゲート80からハンガーまで乗客を乗せずに移動しているときに発生した。スカイウェスト機に搭乗していた乗客は、ゲートを出発しアイダホ州ボイシへの出発を待っていた同機から降りた。両機は尾翼とエンジンに損傷を受けたが、両機に搭乗していた人々にけがはなかった[34]
  • 2008年9月7日: ユナイテッド航空ロサンゼルス発の航空便として運航していたスカイウェスト航空6430便(ボンバルディア CRJ700英語版)がテキサス州サンアントニオで着陸後に滑走路を外れた。空港の広報担当者によれば、機体は機械的な問題が発生しているように見え、撤去までの2時間の間、主滑走路が封鎖された。搭乗してた乗客52人、乗員4人にけが人がいたという報告はなかった[35][36]
  • 2010年5月23日: ユナイテッド・エクスプレスカリフォルニア州サンフランシスコ発の航空便として運航していたスカイウェスト航空6467便(ボンバルディア CRJ200英語版)がカリフォルニア州オンタリオにノーズギアを格納したまま着陸した。搭乗していた乗客24人、乗員3人の中に負傷者がいたという報告はなかった[37][38]
  • 2012年7月17日: デルタ・コネクションの塗装がなされたCRJ200が[39]、数日前にガールフレンドを殺害したことによりスカイウェスト航空の管理下から離れたパイロットによって盗み出され、セント・ジョージ地域空港英語版で損傷した。同機はターミナルから駐車場へ移動され、盗んだ人物は最終的に銃により自殺した。その航空機は非稼働中で乗客や乗員は航空機や空港やその付近にはいなかった[40]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e SkyWest Airlines - General Information”. SkyWest Airlines. 2013年8月23日閲覧。
  2. ^ SkyWest 2nd Quarter Investor Release (PDF)”. SkyWest Airlines. 2012年5月22日閲覧。
  3. ^ Kaps, Robert (1997). Air Transport Labor Relations. Southern Illinois University Press. ISBN 0-8093-1911-X. 
  4. ^ Regional Airline Association Member”. RAA. 2012年5月22日閲覧。
  5. ^ "Contact." SkyWest. Retrieved on October 16, 2011. "444 South River RoadSt. George, Utah 84790"
  6. ^ a b c d e Facts”. Website. SkyWest Airlines. 2014年5月19日閲覧。
  7. ^ Associated, The (2012年9月12日). “American Air signs deal to contract out some flying to SkyWest - Yahoo! News”. News.yahoo.com. 2014年10月3日閲覧。
  8. ^ Executive Profiles”. Skywest.com. 2014年6月6日閲覧。
  9. ^ Executive Profiles”. SkyWest Airlines. 2014年6月6日閲覧。
  10. ^ Arnoult, Sandra (2005年4月). “SkyWest thrives on the Atkin diet”. Air Transport World. http://atwonline.com/airline-financedata/article/skywest-thrives-atkin-diet-0309 2012年2月10日閲覧。 
  11. ^ List of NASDAQ IPO dates”. NASDAQ. 2011年6月23日閲覧。
  12. ^ Nii, Jenifer K. (2005年8月16日). “SkyWest deal: St. George-based firm buys Delta's ASA”. Deseret Morning News. http://www.deseretnews.com/article/600156127/SkyWest-deal-St-George-based-firm-buys-Deltas-ASA.html?pg=all 2013年8月23日閲覧。 
  13. ^ SKYWEST COMPLETES PURCHASE OF ATLANTIC SOUTHEAST AIRLINES”. SkyWest, Inc.. 2013年8月23日閲覧。
  14. ^ FTC transaction granted (Early termination)”. FTC. 2011年6月24日閲覧。
  15. ^ Alaska Airlines Announces Routes, Schedule for New Partner”. Alaska Airlines (2011年2月25日). 2011年3月24日閲覧。
  16. ^ Southwest to end AirTran’s codesharing with SkyWest on Sept. 6 | Airline Biz Blog”. Aviationblog.dallasnews.com (2011年6月13日). 2012年10月3日閲覧。
  17. ^ Media Room”. Skywest.com. 2012年4月3日閲覧。
  18. ^ SkyWest to do flying for American Airlines? | Airline Biz Blog”. Aviationblog.dallasnews.com (2012年9月11日). 2012年10月3日閲覧。
  19. ^ SkyWest Airlines Fleet”. SkyWest Airlines. 2010年7月24日閲覧。
  20. ^ Skywest Airlines (USA)”. ch-aviation.ch. 2013年12月29日閲覧。
  21. ^ Embraer EMB 120 (EM2)”. ユナイテッド航空. 2014年5月19日閲覧。
  22. ^ カナディア・リージョナルジェット CRJ100/200”. デルタ航空. 2014年5月19日閲覧。
  23. ^ Bombardier CRJ 200 (CR2)”. ユナイテッド航空. 2014年5月19日閲覧。
  24. ^ US Airways Fleet”. USエアウェイズ. 2014年5月19日閲覧。
  25. ^ Bombardier CRJ 200 (CR2)”. アメリカン航空. 2014年5月19日閲覧。
  26. ^ SkyWest to operate five ex-Horizon CRJ700s for Alaska”. Flightglobal.com (2011年1月25日). 2012年10月3日閲覧。
  27. ^ Bombardier CRJ 700 (CR7)”. ユナイテッド航空. 2014年5月19日閲覧。
  28. ^ Catts, Tim. “Mitsubishi Wins SkyWest Jet Sale in Blow to Bombardier”. Bloomberg. 2012年10月3日閲覧。
  29. ^ Polek, Gregory (2012年12月13日). “Mitsubishi Seals MRJ Deal With SkyWest”. AINonline. http://www.ainonline.com/aviation-news/2012-12-13/mitsubishi-seals-mrj-deal-skywest 2013年1月17日閲覧。 
  30. ^ SkyWest Completes MRJ Order, Adding 100 Options; Sticks With Larger Model”. aviationweek.co, (2012年12月14日). 2013年2月15日閲覧。
  31. ^ SkyWest to Buy 200 Jets From Embraer in a Deal Worth Up to $8.3 Billion - WSJ.com. Online.wsj.com (2013-05-21). Retrieved on 2013-08-16.
  32. ^ SkyWest Places Big Order for Embraer Jets - WSJ.com. Online.wsj.com (2013-06-17). Retrieved on 2013-08-16.
  33. ^ ASN Aircraft accident Swearingen SA226-TC Metro II N163SW Kearns, UT”. Aviation-safety.net (1987年1月15日). 2012年10月3日閲覧。
  34. ^ Schevitz, Tanya (2008年1月14日). “Jet backs into another at SFO - no injuries”. San Francisco Chronicle. http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/2008/01/13/MN6LUES3S.DTL&tsp=1 2008年9月9日閲覧。 
  35. ^ “United Express jet runs off San Antonio runway”. WFAA. Associated Press. (2008年9月8日). http://www.wfaa.com/sharedcontent/dws/wfaa/latestnews/stories/wfaa080907_mo_uejet.5500a1df.html 2008年9月9日閲覧。  [リンク切れ]
  36. ^ Hradecky, Simon (2008年9月8日). “Incident: Skywest CRJ7 at San Antonio on Sep 7th 2008, ran off runway”. The Aviation Herald. http://avherald.com/h?article=40c6db16 2008年9月9日閲覧。 
  37. ^ “Skywest Flight Out Of SFO Makes Emergency Landing”. KTVU (Bay City News). (2010年5月23日). http://www.ktvu.com/news/23652053/detail.html 2010年6月16日閲覧。 
  38. ^ “SkyWest Confirms Information Regarding Flight #6467” (PDF). SkyWest Airlines. (2010年5月23日). http://www.skywest.com/media/Press%20Releases/Media%20Alert%20UA%206467.pdf 2010年6月16日閲覧。 
  39. ^ Man tries to steal commercial jet, crashes into terminal, kills himself | National News - 960WELI - New Haven's News/Talk :: New Haven, CT”. 960WELI (2012年7月17日). 2012年10月3日閲覧。
  40. ^ The Spectrum (Gannett), "Fugitive steals SkyWest jet, commits suicide at St. George airport", 17 July 2012 (accessed 17 July 2012)

外部リンク[編集]