エンブラエル E-Jet

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エンブラエル 170から転送)
移動: 案内検索

エンブラエル E-Jet

オタワ国際空港で駐機するデモンストレーション塗装のエンブラエル175

オタワ国際空港で駐機する
デモンストレーション塗装のエンブラエル175

エンブラエル E-Jet (Embraer E-Jet) はブラジル航空機メーカー、エンブラエル社が製造・販売している小型ジェット旅客機のシリーズ名である。 本シリーズの構成モデルは、標準座席数が少ない順に エンブラエル170(78席)、エンブラエル175(86席)、エンブラエル190(104席)、エンブラエル195(110席)の4種類である。 リージョナルジェットに分類されるが[1][2][3]、シリーズ中最大のエンブラエル195は座席数を124席まで設定可能であり、機体サイズの面でボーイング737の最小モデルやエアバスA318と匹敵するとの見方もある[6][2]

モデル名称[編集]

本シリーズのモデル名は、それぞれE170E175E190E195と記されることもあり、本稿でもこの表記方法を用いる[7][8]

開発中にはERJ(Embraer Regional Jet; エンブラエル・リージョナル・ジェット)と呼ばれ、E170が"ERJ170-100"、E175がERJ170-200"、E190が"ERJ190-100"、E195が"ERJ190-200"と名付けられていたが、2010年10月のE170初号機のロールアウト式典において、現在のモデル名に改められた[6][9]。 ただし、 アメリカ合衆国連邦航空局(以下、FAA)や欧州航空安全機関(以下、EASA)、日本の国土交通省の型式認証書においては、ERJがついたモデル名が用いられている[10][11][12][13][14]

開発の経緯[編集]

エンブラエル社は50席クラスのリージョナルジェットであるERJ 145の事業化に成功したことをうけて、70席以上のジェット旅客機の開発に着手し、1999年2月に最初のモデルERJ170の開発計画を発表した[6][2]。 同年6月に発注第一号を受けて初号機の製造がはじまり、2001年10月29日に初号機のロールアウトが行われた(この際に、"ERJ170"から"エンブラエル170"へと呼び名が変更された)[6]。E170は初公開から119日後の2002年2月19日に初飛行を実施、2004年にブラジル、FAA、EASAの型式証明を取得し、顧客への引き渡しも開始された[6][2][15][16]

E170の胴体延長モデルであるE175は2003年6月に初飛行が行われた[6]。2004年にブラジルの型式証明を取得し、2005年1月にEASA、2006年にはFAAの型式証明も得た[17][18]。顧客への初引き渡しはエア・カナダに対して2005年7月に行われた[6]

引き続いて、E175をさらに大型化したモデルであるE190の初飛行が2004年3月12日に実施され、ファーンボロー国際航空ショーにおいて初公開された[19]。型式証明は2005年8月にブラジル、同年9月にFAA、2006年にEASAから取得した[20][21]。顧客への引き渡し第一号は、2005年にジェットブルー航空に対して行われた[2]

シリーズ最大モデルのE195の初飛行は2004年12月7日に行われ、パリ航空ショーにて公開された[5]。 2006年6月にブラジル、同年7月にEASAの型式証明を取得し[22]、同年9月にFlybeへの初引き渡しが行われた[5]。翌2007年6月にはFAAの型式証明も取得している[23]

設計の特徴[編集]

エンブラエルE-Jetは2つの主要な商業機の系列とビジネスジェットから構成される。最も小さいE170とE175が基本型で、E190とE195は延長型となり、出力が大きいエンジンと大型の主翼、水平尾翼、降着装置を備える。170と175、190と195はそれぞれ95%の共通性があり、これらの2系列間では同一の胴体断面やアビオニクスや特徴的なハネウェル社のプリムス・エピックEFIS等、89%近くが共通している。

エンブラエルは革新的な"ダブル・バブル構造"(胴体断面が円を二つ重ねたような形状)設計を旅客機に取り入れたことによって立ち上がった時の頭上の窮屈感を低減した。エンブラエルE-Jetの座席は4列配置である。

機体のサイズは全長およそ30メートル、高さおよそ10メートルと、AIRDOなどで運航されているボーイング737-500とほぼ同じである。

コックピットは、縦長の5面の液晶ディスプレイが装備されたグラスコクピットであり、飛行操縦装置にフライ・バイ・ワイヤが採用されている[24][19]。コックピットの窓は空気抵抗が少ないように曲面ガラスが使用されている[25]

操縦桿はエンブラエルの伝統的なM字型形状で[25]、駐機ブレーキのレバーは自動車駐車ブレーキのように、引き起こすとかかり、ボタンを押しながら倒すと解除される[25]。コックピットの自動音声は女性の声であり、JALグループでは「ミスブラジルの声」と言っている[25]

機内は、2+2席の配置で、座席の片側は床でなく壁に取り付けられていて、足元が広い[25]。座席頭上にこのクラスのジェット機では大型の収納スペースが設けられ、優れた居住性を実現している。トイレは前後に2箇所ある。厨房であるギャレーが前後に設けられていて、客室乗務員は2 - 3名が乗務する。サイズが旅客機であるため、ボーディング・ブリッジの使用が可能である。ランディングギアは3脚共2輪、ブレーキはカーボンディスク、主脚の収納方向は内側[25]主翼に、他の同規模機にはないウィングレットがある。

駐機時などに使うAPUが最後尾にあり、周辺パネルは熱対策のため無塗装[25]である。GE・アビエーション製のCF34ターボファンエンジンは、排気ノズルの縁を波型にすることで外側のバイパス流と混合し易くし、低騒音化している[25]

シリーズ構成[編集]

E170と175[編集]

エンブラエルのサン・ジョゼ・ドス・カンポス工場で完成したE190
FlybeのE195
White and blue jet aircraft being pulled on ramp towards left under cloudy sky.
ルフトハンザ・シティラインの E195LR.
J-AIRのE170

E170/E175シリーズは小さい方のE-Jetシリーズである。E170 と E175はボンバルディア CRJ-700ボンバルディア CRJ-900と直接競合する。またボンバルディア Q400ターボプロップ機とも競合した。同様に初期の類似の設計のBAe 146フォッカー 70に支配された市場での代替需要も狙う。E170と175はGE・アビエーション製の推力14,200 ポンド(62.28 kN)のCF34-8Eエンジンを搭載する。

E190と195[編集]

E190/195シリーズは大幅に胴体を延長したE170/175で新開発の大型の主翼と大型の水平尾翼と推力18,500 lb (82.30 kN)の新型のCF34-10Eエンジンを備える。これらの航空機はボンバルディア CRJ-1000と競合する。さらに100席クラスではより小型の幹線旅客機であるDC-9ボーイング717-200737-500/-600エアバスA318や開発中のボンバルディア Cシリーズと競合する。

E190のローンチカスタマーニューヨークを拠点とする格安航空会社ジェットブルー航空で100機発注し、100機オプションで発注した。イギリスの格安航空会社のFlybeはE195を14機発注し、12機オプションで発注した[26]

190/195シリーズは幹線用の航空機の大きさなので多くの航空会社は幹線で使用し、航空会社は他の地域航空会社との差異化のためにビジネスクラスを設置したりする。一例としてエア・カナダは当初の機体の一部である45機のE190に9席のビジネスクラスと84席のエコノミークラスを設置した。

エンブラエル Lineage 1000[編集]

2006年5月2日、エンブラエルはE190のビジネスジェットの計画を発表した。E190と同じ構造を持つが航続距離は最大4,200海里まで拡大され最大19席のラグジュアリー席を設置する。アルゼンチン空軍大統領専用機として1機発注した。2009年1月7日にアメリカ連邦航空局から認証された。最初の2機は2008年12月に納入された。

E195X[編集]

エンブラエルはE195の胴体を延長したE195Xとして知られる航空機の生産を検討している。予定では130席である。E195Xはおそらくアメリカの航空会社のMD-80の代替の需要に応える事が目的であると推測された[27]。しかし、2010年5月に、エンブラエルは必要とされる航続距離を実現できないとの理由でこの計画を撤回した[28]

E-Jet E2[編集]

エンブラエルは2013年6月17日、パリ航空ショー会場で次世代Eジェット、「E2」のローンチを発表。

2020年営業飛行予定のE175-E2(最大座席88席)、2018年予定のE190-E2(最大座席106席)、2019年予定のE195-E2(最大座席132席)の3タイプがあり、 エンジンはプラット・アンド・ホイットニー社が開発している新型で低燃費のGTF(ギヤード・ターボファン・エンジン)のPW1000Gが搭載される予定となっている。

従来機のエンジンを換装し,空力に基づいて開発中の新たな主翼、フルフライ・バイ・ワイヤなどとの組み合わせで、燃費は大幅に改善されるほか、メンテナンスコストの削減、騒音削減を目指した航空機で 機体の基本設計分は従来機の物を使用するため、 このサイズのリージョナルジェット市場のライバルとなるボンバルディア Cシリーズ三菱航空機MRJなどより一番遅れて開発に着手したが早期に飛行へ漕ぎ着ける見込み。

2013年6月にスカイウエスト航空がE175-E2を100機発注し、ローンチカスタマーとなった。

主要諸元[編集]

E-Jetシリーズの主要諸元を以下の表に示す。出典は主にエンブラエル社の公式サイト (E170[29]、E175[30]、E190[31]、E195[32])によるが、一部の項目は他の文献を記す。

モデルごとの主要諸元
モデル名 E170
(ERJ170-100)
E175
(ERJ170-200)
E190
(ERJ190-100)
E195
(ERJ190-200)
乗員 2名
座席数
(1クラス)
72-78席 78-88席 100-114席 116-124席
座席数
(2クラス)
66席 76席 96席 100席
全長 29.90 m 31.68 m[注釈 1] 36.24 m 38.65 m
翼幅 26.00 m 28.70 m 28.72 m
全高 9.67 m 10.28 m
最大離陸重量 (MTOW) 35,990 kg (STD)
37,200 kg (LR)
38,600 kg (AR)
37,500 kg (STD)
38,790 kg (LR)
40,370 kg (AR)
47,790 kg (STD)
50,300 kg (LR)
51,800 kg (AR)
48,790 kg (STD)
50,790 kg (LR)
52,290 kg (AR)
最大積載量 9,035 kg (STD&LR)
9,775 kg (AR)
10,030 kg (STD&LR)
10,310 kg (AR)
13,080 kg 13,950 kg
離陸滑走距離[注釈 2] 1,483 m (STD)
1,582 m (LR)
1,644 m (AR)
1,612 m (STD)
1,724 m (LR)
2,244 m (AR)
1,598 m (STD)
1,830 m (LR)
2,100 m (AR)
1,742 m (STD)
1,992 m (LR)
2,179 m (AR)
エンジン CF34-8E ターボファン
それぞれの推力 61.4 kN
CF34-10E ターボファン
それぞれの推力 82.3 kN
最大速度 マッハ 0.82
航続距離 STD: 3,334 km (1,800 nmi)
LR: 3,704 km (2,000 nmi)
AR: 3,889 km (2,100 nmi)
STD: 3,148 km (1,700 nmi)
LR: 3,519 km (1,900 nmi)
AR: 3,704 km (2,000 nmi)
STD: 3,334 km (1,800 nmi)
LR: 4,260 km (2,300 nmi)
AR: 4,445 km (2,400 nmi)
STD: 2,778 km (1,500 nmi)
LR: 3,519 km (1,900 nmi)
AR: 4,074 km (2,200 nmi)
最大燃料積載量 9,335 kg 12,971
胴体と客室内の断面
室内幅 2.74 m
室内高 2.00 m

ギャラリー[編集]

主な運用航空会社[編集]

エンブラエル 170機内
ジェイエアのE170
フジドリームエアラインズのE170

2013年7月末時点においてE-Jetシリーズを15機以上就航させている航空会社ならびに日本の航空会社で本シリーズを運航している会社を以下に示す [4]

日本国内での動き[編集]

派生型のエンブラエル 175、エンブラエル 190-100/200、エンブラエル 195も含め、エンブラエル 170の開発段階から、日本川崎重工業も参加し、FRP製等の部品供給[25]している。

JALグループが、2007年2月に導入を決定し[34]、同年6月に確定12機、追加購入オプション7機として正式発注された[8]。 各地方路線の需要規模への対応、2009年度以降の東京国際空港の再拡張による発着枠拡大などが主な理由である。 運航は日本航空の連結子会社(グループ会社)であるジェイエア(J-AIR)が担当している。 2008年10月4日に第一号機 (JA211J) が引き渡され[35]、2009年2月より名古屋(小牧) - 福岡松山で運航を開始した。 EMB-110以来、またジェット機としては初めてエンブラエル機が日本の空を飛んだ。 2013年7月末時点における同社の導入機数は、E170が13機である[4]

2007年9月、静岡空港を拠点として航空事業への参入を表明した鈴与がE170を確定2機、追加オプション1機を発注し[8]、翌年に事業会社としてリージョナル航空会社フジドリームエアラインズを設立した[36]。 同社の導入機数は2013年7月末時点でE170が3機、E175が4機の合計7機である[4]。 2013年7月7日に同社のエンブラエル170が札幌丘珠空港でテストフライトを実施した。同空港に民間のジェット旅客機が離着陸したのは初である。

2014年8月28日、日本航空はエンブラエル社のE-Jetシリーズ(胴体延長型エンブラエル190を含む)を確定15機、オプション12機を確定分がカタログ価格で6億7700万ドル(約701億4400万円)で発注、2015年から追加導入する購入契約を締結[37]。しかし、エンブラエル社の最新機種E-Jet E2ではなく、同じ日にライバル機の三菱航空機MRJシリーズを32機をカタログ価格1,500億円で発注を合意していて、2021年から導入する計画[38]で現行の運用機数よりMRJの発注数が多いため将来的に全てMRJに移行する見込み[39]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ エンブラエル社の公式サイト[30]によると29.90 m と記されているが、これはE170の全長と同じ値であり胴体延長モデルE175の数値としてはつじつまが合わないため、公的審査機関による資料[33]を採用した
  2. ^ 国際標準大気、最大離陸重量時

出典[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]