フーターズ・エア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フーターズ・エア
IATA
H1
ICAO
'
コールサイン
Pace
Hooters Air.JPG
設立日 2003年
ハブ空港 マートルビーチ国際空港
保有機材数 6機
就航地 17都市
親会社 フーターズ・オブ・アメリカ
本拠地 サウスカロライナ州マートルビーチ

フーターズ・エア(Hooters Air)は、かつてアメリカ合衆国サウスカロライナ州マートルビーチを本拠地としていた航空会社である。

概要[編集]

アメリカのレストランチェーンであるフーターズの経営者であるロバート・ブルックスが設立した格安航空会社である。2003年3月6日に運航を開始した。フーターズ・オブ・アメリカの子会社で、実際の運航は、ブルックスが買収した航空会社であるペースエアラインズに委託されていた。

マートルビーチ近郊には100以上のゴルフ場があり、それらのコースを利用するゴルフ客を主なターゲットとし、ゴルフ場への直行便として宣伝を行なった。

2005年12月8日、同社はイリノイ州ロックフォードへの運航を終了すると表明し、2006年1月9日には全ての定期便の運航が停止された。その後もペースエアラインズによるチャーター便の運航は継続されていたが、2005年に大きな被害を出したハリケーンカトリーナ」「リタ」の影響による燃料費の高騰を理由に、2006年4月17日には全てのチャーター便の運航を取りやめた。

機内サービス[編集]

同社では、機内サービスについても通常の航空会社とは異なるサービスを提供することにより、他社との差別化を図った。

通常、アメリカの格安航空会社では食事などのサービスは省略されていることが多いが、同社では1時間以上の飛行時間がある便では軽食が提供された。また、機内には2人の「フーターズ・ガール」がレストランと同じコスチューム(タンクトップとオレンジ色のホットパンツ)で乗務し、乗客へのサービスを行なった。

機材[編集]

外観上は、同社の親会社とイメージをそろえた白とオレンジ色のツートーンで、細い青帯が1本入ったもので、機体と垂直尾翼には、フーターズのロゴマークが描かれていた。

格安航空会社ではあるが、機内の座席シートピッチを34インチとして、定員を抑えた。これを同社ではターゲットとしているゴルフ客にちなみ、"Club Class"と呼称・案内していた。また、座席は全て革張りとなっていた。

関連項目[編集]

参考文献[編集]