デンバー国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デンバー国際空港
Denver International Airport
DIA Airport Roof.jpg
KDEN AirportDiag.png
IATA: DENICAO: KDENFAA LID: DEN
概要
空港種別 公共
所有者 デンバー市航空局
供給都市 コロラド州デンバー
ハブ空港とする航空会社
標高 5,431 ft / 1,655 m
座標 北緯39度51分41.96秒 西経104度40分23.44秒 / 北緯39.8616556度 西経104.6731778度 / 39.8616556; -104.6731778
ウェブサイト 公式ウェブサイト
滑走路
方向 全長 表面
ft m
07/25 12,000 3,658×46 舗装
08/26 12,000 3,658×46 舗装
16L/34R 12,000 3,658×46 舗装
16R/34L 16,000 4,877×46 舗装
17L/35R 12,000 3,658×46 舗装
17R/35L 12,000 3,658×46 舗装
統計 (2008年)
離発着数 625,884
利用者数 51,245,334
出典:Airports Council International[1]

デンバー国際空港: Denver International Airport)は、アメリカ合衆国コロラド州デンバー市にある国際空港である。

アメリカ合衆国で最も混雑する大空港にランクされ、ユナイテッド航空フロンティア航空ハブ空港である。

基礎的なレイアウトは、出発と到着がターミナルの異なるレベルである以外は、アトランタ国際空港に非常に似た構造である。特徴は、交差しない6本の滑走路を持つことで、2機同時離着陸する光景が普通に見られる。最も長い滑走路は16,000フィート(4,877メートル)あり、乗客、燃料及び積荷を満載したジャンボ機が空気の密度が薄くなる夏季でも離陸できるようになっている。

デンバー国際空港は、当時のデンバー市長(後にクリントン政権下の運輸長官)だったフェデリコ・F・ペニャが主導し、1995年ステープルトン国際空港を置き換え、アメリカ合衆国で最も若い主な空港のうちの1つにした。総敷地面積137km2(13,355ha)は、ダラス・フォートワース国際空港(7,325 ha)のおよそ2倍であり、商用空港としてはアメリカ最大。滑走路は必要に応じてあと6本、最大12本まで設置できるように設計されている。

当初の開港予定日は1993年10月31日であったが、自動手荷物処理システムの開発遅延などによる4回の延期の後1995年2月28日に開港となった。この遅延などにより当初17億ドルと見積もられていた建設費は45億ドルにもなった。

最近のデンバー空港に寄せられる主な苦情は、広大な敷地を確保するために都市から離れてしまったこと、さらに、高額な建設費を償還するために、航空会社に高い着陸の料金を課すことによって、デンバー空港を到着・発着するチケットは、非常に高額になることが挙げられる。

ターミナル[編集]

空港ターミナルビルと、搭乗ゲートのあるコンコースビルは独立しており、コンコースは駐機場のただなかにある。それぞれのビルは新交通システム(Automated Guideway Transit System)によって結ばれており、出入国のCIQ施設や航空会社のチェックインカウンターなどはほとんどターミナル側に集中して設置されていて、基本的には出発は6階、到着は5階に配置されている。コンコースAのみターミナル6階と歩道橋でも結ばれていて、歩道橋下は小型ジェット旅客機は通過できるように設計されている。

コンコース[編集]

3つのミッドフィールド・コンコースを持っている。

コンコースA[編集]

コンコースB[編集]

コンコースB
  • カナダの旗 エア・カナダ : モントリオールトロント
  • アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド航空 : アルバカーキ、アンカレッジ、アスペン、アトランタ、オースチン、ボルチモア、ビリングス、ボイシ、ボストン、バーバンク、カルガリー、シャーロット、シカゴ/オヘア、コロラドスプリングス、コロンバス、コスメル、ダラス・フォートワース、デモイン、デトロイト、デュランゴ、イーグル、フランクフルト、ヘイデン/スティームボートスプリングス、ホノルル、ヒューストン、インディアナポリス、ジャクソンホール、カンザスシティ、ロンドン/ヒースロー、ロサンゼルス、メキシコシティ、マイアミ、ミネアポリス、ニューヨーク/ニューアーク、ニューヨーク/ラガーディア、ニューオリンズ、オークランド、オクラホマシティ、オマハ、オレンジ郡、フィラデルフィア、ピッツバーグ、ポートランド、ローリー/ダーハム、サクラメント、ソルトレイクシティ、サンアントニオ、サンディエゴ、サンフランシスコ、サンノゼ、シアトル、ソウル/仁川東京/成田、スーフォールズ、スポケーン、セントルイス、トロント、ツーソン、タルサ、バンクーバーワシントン/ダレス、ワシントン/ナショナル、ウィチタ
    • エアーウィスコンシン運用 ユナイテッド・エキスプレス : アスペン、シーダーラピッズ
    • ゴージェット航空運用 ユナイテッド・エキスプレス : タルサ
    • メサ航空運用 ユナイテッド・エキスプレス : アスペン、アトランタ、オースチン、ケープコッド、シーダーラピッズ、シャーロット、コロラドスプリングス、デモイン、デュランゴ、イーグル、ファーゴ、グランドジャンクション、ガニソン、ヘイデン、ジャクソンホール、ナッシュビル、ラピッドシティ、スーフォールズ、セントルイス、ツーソン
    • シャトル・アメリカ運用 ユナイテッド・エキスプレス : ダラス・フォートワース、トロント
    • スカイウエスト航空運用 ユナイテッド・エキスプレス : アルバカーキ、オースチン、ベントンビル/フェイエットビル、バーミンガム、ビリングス、ビスマルク、ボイシ、ボーズマン、バーバンク、カルガリー、キャスパー、シカゴ/ロックフォード、クリーブランド、コロラドスプリングス、コロンバス、デトロイト、デュランゴ、エドモントン、エルパソ、ユージーン、フレズノ、グランドジャンクション、ヒューストン、アイダホフォールズ、インディアナポリス、ノックスビル、メドフォード、メンフィス、ミネアポリス、ミズーラ、モーリン、モントローズ、オクラホマシティ、パームスプリングス、パスコ、ラピッドシティ、ソルトレイクシティ、サンアントニオ、サンタバーバラ、スプリングフィールド、セントルイス、ツーソン、タルサ、ウィチタ、ウィニペグ

コンコースC[編集]


空港アクセス[編集]

2016年には鉄道が開通する予定である[2]

トピック[編集]

ターミナルから市街地へ通じる道路から見える空港敷地内に青い馬の象があり、夜間は眼が赤く光り通称「ブルーマスタング」と呼ばれていて、その姿が異様な雰囲気を作っていて、作成時の事故もありいろんな噂がある。 また、その他にも空港内にフリーメイソンの記号を記した石版が設置されていたり、ガーゴイルの石像が手荷物検査場に設置されていたり、空港内の壁画にメッセージ性が強いものが常設されていたり、 建設にかかった資材、費用が完成した空港の規模以上など不可解な点が多い空港である。

2003年の猛烈な暴風雪では、重量のある雪が、冬に雪を頂いたロッキー山脈を連想させるよう設計された特有の白いファブリックルーフのターミナルに穴をあけるという事故があった。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]