アルジェリア航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルジェリア航空
IATA
AH
ICAO
DAH
コールサイン
Air Algerie
A330 Air Algérie.jpg
設立日 1947年
ハブ空港 ウアリ・ブーメディアン空港
マイレージサービス Air Algerie Plus
保有機材数 31機
就航地 57都市
本拠地 アルジェリア アルジェ
代表者 M.T.Benouis

アルジェリア航空(アルジェリアこうくう、Air Algérie)は、アルジェリアアルジェを本拠地とする航空会社。 アラブ航空会社機構加盟航空会社の一つ。

概要[編集]

1947年フランス領だった時期に設立された。エールフランスも出資していたが、アルジェリア独立の翌年にあたる1963年以降、アルジェリア政府が株式を徐々に取得、1974年には政府出資100%となったことで、事実上の国営航空会社となった。2007年現在、アフリカでは4位の規模をもつ航空会社となっている。

国内の28都市を結ぶ国内線の他、28カ国39都市に乗り入れているが、アルジェリアの歴史的経緯からフランスをはじめとするヨーロッパ各国や中近東エリアが主となっている。アフリカ各国への乗り入れは隣接国への乗り入れが中心である。

2007年6月15日より同社初の大西洋路線としてカナダモントリオール)への路線を開設し、その後中華人民共和国北京)への乗り入れを開始した。北京への乗り入れは、同社では初のアジアへの路線展開となる。 またアメリカ合衆国ニューヨーク)への乗り入れも計画している。

このほか、航空連合スカイチーム」への加盟計画がある。

機材[編集]

過去の保有機材[編集]

他社からのリース機材も含む。他社からのリース機材は、自社カラーへの塗り直しが行われるケースと、リース元の機体塗装を残して使用するケース(航空雑誌などで「ハイブリッド塗装」と呼ばれている)があった。

主な事故[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]