リビア航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リビア航空
IATA
LN
ICAO
LAA
コールサイン
Lib Air
設立 1964年
ハブ空港 トリポリ国際空港
焦点空港 ベンガジベニナ空港
保有機材数 17
就航地 26
親会社 Jamahiriya Libyan Arab Airlines
本拠地 リビアトリポリ
代表者 Eng. Tareck Arebi, Chairman

リビア航空(リビアこうくう、Libyan Airlines)は、リビアトリポリを本拠地とする航空会社で、リビアのフラッグ・キャリアでもある。アラブ航空会社機構(Arab Air Carriers Organization)の一員。2006年まではリビア・アラブ航空と称していた。

概要[編集]

1964年、王政期のリビアの国営航空会社「リビア王国航空」として設立された。1969年9月1日の革命後も国営航空会社として残ったが、この時に社名を「リビア・アラブ航空」と改称している。

1980年代にはイギリスとの国交断絶に伴い、ロンドンへの乗り入れが中止された。さらに1986年1月にはアメリカ合衆国が経済制裁を課したため、航空機の購入にも影響が出ることになった。1988年のパンナム機爆破事件によって1992年には国際連合から経済制裁を課せられたため、国際線の運航が事実上できなくなった。

これらの経済制裁が1999年4月に解除された後は、国際線の運航も再開された。また、エアバスボーイング等の航空機の導入を積極的に進めて、経年機材の置き換えを進めている[1]

2007年9月からは、電子航空券の運用を開始した。

機材[編集]

前述のように、リビアが各種の経済制裁を課せられてやり、イギリスやアメリカなどのいわゆる西側各国と仲違いの状態にあったにもかかわらず、導入機材は大半が西側航空機メーカーの機材であったため、1980年代から1990年代にかけては航空機の導入にも影響が出ていた。発注はしたが受領できなかった機材や、受領しても満足な運航ができなかったケースもある。

エアバスA320-200(ロンドン・ヒースロー空港にて)

過去に使用していた機材[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2007年12月10日付のエアバスプレスリリース「リビア航空がA350XWB、A330、A320を合計15機発注」による。
  2. ^ イカロス出版『旅客機型式シリーズ4 ユーロピアン・ワイドボディ Airbus A300&A310』p84
  3. ^ イカロス出版『旅客機型式シリーズ4 ユーロピアン・ワイドボディ Airbus A300&A310』p129
  4. ^ a b イカロス出版『旅客機型式シリーズ4 ユーロピアン・ワイドボディ Airbus A300&A310』p92

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 月刊エアライン臨時増刊・エアライナーハンドブック1986年版」(イカロス出版・1986年)
  • 「月刊エアライン臨時増刊・エアライナーハンドブック1987年版」(イカロス出版・1987年)