シリア・アラブ航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シリア・アラブ航空
مؤسسة الطيران العربية السورية
IATA
RB
ICAO
SYR
コールサイン
SYRIANAIR
設立日 1961年
ハブ空港 ダマスカス国際空港
焦点空港 ダマスカス
マイレージサービス Syrian Air Frequent Flyer
保有機材数 13機(7機を発注中)
就航地 49都市
本拠地 Flag of Syria.svgシリア ダマスカス
代表者 Naachat Numir (President and CEO)

シリア・アラブ航空(アラビア語: مؤسسة الطيران العربية السورية‎; mu’assasat aṭ-ṭayarān al-‘arabīya as-sūrīya, 英語: Syrian Arab Airlines),は、シリアダマスカスを本拠地とする航空会社。同国のフラッグ・キャリアである。ダマスカス国際空港をベースにアジア中東ヨーロッパ北アフリカの40都市以上へ就航している。アラブ航空会社機構に加盟。

概要[編集]

シリア・アラブ航空は1961年10月にシリア政府によって設立。1963年の夏に3機のダグラスDC-6、2機のダグラスDC-4と3機のダグラスDC-3で運航を開始。ローマミュンヘンパリロンドンへ就航。1976年にはボーイング727-200ボーイング747-SPを受領。その後路線を拡大し、現在は世界49都市に就航している。

就航都市[編集]

アフリカ[編集]

南アジア[編集]

南西アジア[編集]

ヨーロッパ[編集]

コードシェア[編集]

シリア・アラブ航空は下記の航空会社とコードシェアを行っている。

機材[編集]

シリアはアメリカとの外交関係上、ボーイングエアバスから直接新型機種を購入するのが難しいためロシア製の旅客機を新規発注して投入している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]