パレスチナ航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パレスチナ航空
الخطوط الفلسطينية
IATA
PF
ICAO
PNW
コールサイン
PALESTINIAN
設立 1995年
ハブ空港 エル=アリーシュ国際空港
保有機材数 3機
就航地 2都市
本拠地 エジプトエル=アリーシュ
代表者 Saad Edden Kharma

パレスチナ航空アラビア語: الخطوط الفلسطينية‎, 英語: Palestinian Airlines)はパレスチナの航空会社である。アラブ航空会社機構のメンバー。

概要[編集]

1995年に創立し、当初はガザを拠点に運航していたが、イスラエルの制裁によってポートサイドへと移動、1998年ヤーセル・アラファト国際空港の再開に伴ってガザに本拠を移したものの、2000年に始まった第2次インティファーダの際、2001年のヤーセル・アラファト国際空港空爆により運航を停止させられ、現在の本拠のエル=アリーシュ国際空港に本拠を移した。

2008年7月の時点[1]ではボーイング727-200型機を1機、フォッカー50型機を2機保有し、近隣諸国への運航を行っている。

以前はDHC-8や、CRJ-200を保有していた。

公式サイトの記述によれば、現在は毎週日曜日・水曜日に1往復ずつ、フォッカー50を用いてエル・アリーシュからヨルダンアンマンへの路線を運航している。

現在は、パレスチナを取り巻く状況の影響もあり、パレスチナ自治区の空港に発着する路線は一切運航していない。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ パレスチナ航空保有機材