レウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Reus

{{{市旗説明}}}   {{{市章説明}}}

自治体庁舎
自治体庁舎
Flag of Catalonia.svg カタルーニャ州
Bandera actual de la provincia de Tarragona.svg タラゴナ県
地域 カム・ダ・タラゴーナ
コマルカ バッシ・カム
面積 52.8 km²
標高 117m
人口 107,211 人 (2012年[1]
人口密度 2,030.51 人/km²
Reusの位置
Reus
スペイン内のレウスの位置
Reusの位置
Reus
タラゴナ県内のレウスの位置

北緯41度09分0秒 東経1度07分0秒 / 北緯41.15000度 東経1.11667度 / 41.15000; 1.11667

レウスReus)は、スペインカタルーニャ州のコマルカバッシ・カムの自治体でタラゴナ県に属する。 古くからワイン蒸留酒の重要な生産地で、フランスワイン用ブドウを壊滅させたブドウネアブラムシの流行時にはヨーロッパで非常に重要な場所となった。

観光[編集]

レウスの祭りナノス

近年レウス観光はさらに重要性を増し、コスタ・ドラーダen、黄金海岸)へ夏期休暇や冬期休暇を過ごしにやってくる人々が群れを成す。

最近、レウス空港格安航空会社ライアンエアーFlybeが就航した。レウス空港からリゾート地サロウや、欧州最大級の遊園地ポールタヴァントゥラ(en)へ行くことが容易になった。

統計[編集]

レウスは長きに渡りカタルーニャ第2の都市であった(1787年には人口14,440人、1860年には人口27,257人)。1900年から1930年代の間に、タラゴナリェイダがレウスの人口を抜いた。2006年のスペイン公式国勢調査によると、レウスの人口はカタルーニャでは9番目で、スペイン国内では59位となる。

レウスの旗[編集]

レウスの最初の旗は、1774年から1943年まで使用された。暗赤色の地に市の紋章が中央に描かれたものだった。

1943年、旗は、その色彩がスペイン内戦で敗退した左翼寄りに見えるとして、新しいものに変えられた。歴史ある都市の紋章はバラの紋章のある生地となり、新たな旗は白地で、中央にバラの紋章を描いたものとなった。1943年以後、旗の小さな改善がバラの部分に対して行われた。

現在のバラは新たなバージョンであり、市の標章から採用されたものである。その標章自体が公式な地位を持つ。これはおそらく市議会の認証なしに加えたものである。

歴史[編集]

建築家アントニ・ガウディはレウスで生まれた。

1996年7月20日、バスク祖国と自由(略称ETA)がレウス空港に仕掛けた爆弾が破裂し、イギリス人観光客を中心として53人が負傷した[1]。さらに爆弾はカンブリスとサロウで爆発した。

姉妹都市[編集]

参照[編集]

  • Panareda Clopés, Josep Maria; Rios Calvet, Jaume; Rabella Vives, Josep Maria (1989). Guia de Catalunya, Barcelona:Caixa de Catalunya. ISBN 84-87135-01-3 (Spanish). ISBN 84-87135-02-1 (Catalan).

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ IEC(カタルーニャ統計局)” (カタルーニャ語). カタルーニャ自治州政府. 2013年8月31日閲覧。