ブルガリア航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルガリア航空
IATA
FB
ICAO
LZB
コールサイン
Flying Bulgaria
設立 2002年
ハブ空港 ソフィア空港
保有機材数 20
就航地 33都市
親会社 Balkan Hemus Group AG
本拠地 ブルガリアソフィア
代表者 Dimitar Pavlov
ボーイング737-300(ロンドン・ヒースロー空港にて)
エアバス A319 2010年からの新塗装 レジLZ-FBB ロンドン・ヒースロー空港にて)

ブルガリア航空(ブルガリアこうくう、Bulgaria Air)は、ブルガリアソフィアを本拠地とする航空会社。ブルガリアのフラッグ・キャリアでもある。国際線で21カ国へ乗り入れている。

概要[編集]

それまでブルガリアのフラッグ・キャリアであったバルカン・ブルガリア航空が経営破綻したため、その運航を引き継ぐために2002年11月に新たなフラッグ・キャリアとしてブルガリア政府によって設立され、2002年12月4日より運航を開始した。社名とロゴマークは公募により決定した。当初は国営であったが、2006年に民営化された。

民営化にあたっては、当初ブルガリア政府は海外からの出資を望んでいたとしたといわれているが、実際に名乗りを上げたのはイタリアのエアワンのみで、最終的には同じブルガリアのヘムス航空が支援することで、地域的な企業連合を形成することになった。民営化に際し、ヘムス航空ではまず660万ユーロを投資し、以後5年間にわたってさらに8000万ユーロを投資する計画という。また、新機材を15機導入したいとしている。

ヘムス航空とブルガリア航空では、ソフィアからベルリンへの路線においてコードシェア便の運航を既に開始している。

保有機材[編集]

関連項目[編集]