ビッカース バイカウント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ビッカース・バイカウント
Vickers Viscount

ブラク航空のバイカウント

ブラク航空のバイカウント

ビッカース バイカウント (英語: Vickers Viscount) は、1953年に登場したイギリスの中距離ターボプロップ旅客機である。ターボ・プロップ機の静粛性や乗客の視界のよさで第二次世界大戦後の第1世代の旅客機として、成功を収めた機体で445機が生産された。

概要[編集]

BEAのバイカウント

第二次世界大戦後のイギリスの航空機産業の見通しに関する、ブラバゾン委員会の提言をうけて開発された機体の1つである。24名ほどの旅客を乗せて1,750マイル (2,816 km) までの路線を200 mile/h (322 km/h) の速度で運用されるターボプロップ旅客機として計画された。

1948年に初飛行したモデル630は英国欧州航空(British European Airways(BEA)) の要望で乗客数は32名に増やされ速度は275 mph (443 km/h) であったが、航空会社の運用コストの削減の要求はさらに乗客数の増加と速度の向上を要求した。座席数を53に増やし、速度を308 mph (496 km/h) にふやしたモデル700は1950年8月28日に初飛行した。これが最初の生産モデルとなり、1953年4月からBEAで世界初のターボプロップ機の運用が開始された。

さらに全長を延ばし、71座席にしたのがモデル800である。全日空をはじめとする諸外国の航空会社でも採用され、BEAでのバイカウントの運用は1980年代まで続いた。

日本国内では、モデル700(744)、次いでモデル800(828)の計11機が何れも全日空で活躍した。744はビッカース社からの一年程度のリースである。就航当時、レシプロ機より高く飛ぶことを利用し、バイカウント航行中に客室乗務員が「ただいま当機の下に見えてきましたのが、先に出発した日航機(DC-4)でございます」とアナウンスしていた。当時のターボプロップ機の快適性や性能を象徴する出来事として知られている。

モデル[編集]

  • 700 - 最初の生産型モデル、 1,381 hp (1,030 kW) エンジン使用、生産数287機
    • 700D - 1,576 hp (1,175 kW) にエンジン強化
  • 724 - カナダ寒冷地仕様、15機が Trans Canada Airlines(TCA) で使用。
  • 745 - Capital Airlines向仕様 40機生産
  • 757 - Trans Canada Airlines 向け1,600 hp (1,193 kW) Dart 510 エンジン使用。35機生産
  • 771D - 770Dの改良版
  • 800 - 胴体1.2 m延長 67機生産。
  • 810 - 1,991 hp (1,485 kW) エンジン使用、84機生産

要目(Model 800)[編集]

  • 乗員: 2名
  • 乗客: 75名
  • 全長:26.11 m
  • 全巾;28.56 m
  • 全高: 8.15 m
  • 空虚重量:18,854 kg
  • 最大離陸重量: 32,855 kg
  • エンジン: 4x ロールスロイスダート RDa.7/1 Mk 525
  • 出力 4x 2,100 shp (1,566 kW)
  • 最大速度:563 km/h
  • 航続距離: 2,776 km

主な運行航空会社[編集]

BEAのバイカウント

事故[編集]

関連項目[編集]