シカゴ・L

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シカゴ・L
20120624 CTA L 5000SERIES PINK311 54CERMAK.JPG
Randolph/Wabashに到着するピンクラインの列車
基礎情報
所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イリノイ州 シカゴ
種別 地下鉄
路線数 8
駅数 145
日乗客数 788,415 (2012年9月)
経営者 Forrest Claypool
本部所在地 567 West Lake St.
ウェブサイト transitchicago.com
運営
開業日 1892年6月6日
運営者 シカゴ交通局 (CTA)
仕様
路線総延長 224.1 mi (360.7 km)
軌間

4 ft 8 12

</noinclude> in (1,435 mm) 標準軌
最小曲線半径 90フィート (27,432 mm)
電化 第三軌条方式, 直流600 V
最高速度 55 mph (89 km/h)
経路図

Chicago L Map.svg

テンプレートを表示
"シカゴ・L"
"Loop"南東部コーナーにあるTジャンクション
シカゴ駅(Brown/Purple Line)のサイン

シカゴ・LChicago 'L')は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ市ダウンタウンを走る高架鉄道及び地下鉄である。シカゴ交通局 (CTA)が路線を保有・運営している。

概要及び特徴[編集]

"L"は「elevated」(高架)の省略で、以前はELと表記されることもあったが、現在では"L"の呼称が一般化している。1892年の開業以来、シカゴ市を中心に8つの周辺都市に乗り入れを行っており、アメリカの中では利用者の多い鉄道の一つとなっている。なお、地下鉄の開業は1943年である。

"L"の特徴は、ダウンタウンの中心部を環状線で結び、郊外から都心部へまた都心部から郊外へスムーズに往来できるように設計されている点である。この環状線に囲まれた地区は東西に500m、南北に900mに及び、ループ(Loop)と呼ばれている。

ニューヨーク市地下鉄と同じく、24時間運行を行っている。

路線一覧[編集]

1993年より路線名が色別となり、現在に至っている。レッドラインとブルーラインの都心部のみで地下区間を走り、それ以外の区間は全て地上(高架)を走っている。

ループを走る路線のうち、オレンジライン・パープルライン (ラッシュ時)・ブラウンライン・ピンクラインはループ全線を走る。ブラウンラインのみが反時計回りで、他路線は時計回りで、それぞれループを循環する。またグリーンラインはループの一部の区間(北辺=Lake Street、及び東辺=Wabash Avenue)を走行している。

各路線の詳細は、en:List of Chicago Elevated stationsを参照。

  •      レッドライン: Howard - (都心地下) - 95th/Dan Ryan
都心を縦断し、南北に走る路線。北にシカゴ・カブス本拠地のリグレー・フィールド、南にシカゴ・ホワイトソックス本拠地のUSセルラー・フィールドに隣接・近接する駅を有する。
  •      ブルーライン: O'Hare Airport - (都心地下) - Forest Park
北西のオヘア国際空港から都心へ向かい、ループの地下部を走った後、西部郊外へ抜ける。
  •      オレンジライン: Midway Airport- (ループ/時計回り) - Midway Airport
南西のミッドウェー国際空港とループを結ぶ。
  •      グリーンライン: Harlem - (ループ/一部区間のみ) - Garfield - Ashland/63rd (- East 63rd)
西部郊外からループを経由して南部郊外へ走る。
  •      パープルライン: Linden - Howard (- ラッシュ時はループ(時計回り)まで急行)
北部のエバンストン周辺の路線。
  •      ブラウンライン: Kimball - (ループ/反時計回り) - Kimball
北西部郊外とループを結ぶ。
  •      イエローライン: Skokie - Howard
北部の赤線/紫色の線と接続する支線。
  •      ピンクライン: 54th/Cermak - (ループ/時計回り) - 54th/Cermak
西部郊外とループを結ぶ。

運賃[編集]

2009年1月1日現在、初乗り2.25ドル・乗換え25セントの均一料金。一定駅での"L"路線間での乗換は無料。

CTAバスとの乗換は初回25セント・2回目無料。

車両[編集]

3200系電車

CTAは鉄道車両を1190両(2両固定編成を595編成)保有している。車両は所属路線が決められており、一路線には最大2形式の車両しか使用されない。

"L"の現役最古の車両は1969年製造の2200系であり、他に1992年製造の3200系、2011年に新型の5000系導入された。車両は全て直流600ボルト第三軌条集電となっている。3200系までは、直流モーターが使用されていたが、5000系以降、交流モーターが使用されている[1]

他の交通機関との接続[編集]

空港への接続[編集]

長距離列車、都市間バスへの接続[編集]

アムトラック(Amtrak)・メトラ(Metra) の鉄道、及びグレイハウンドバスとの直接の接続はない。ダウンタウン主要ターミナルへの"L"からの最寄駅は以下の通り。

アムトラックのシカゴ発着全路線、及びメトラの一部路線のターミナル。"L" のClinton駅(Blue Line)から北へ2ブロック、又はQuincy駅 (ループのBrown/Orange/Pink/Purple Line) から西へ3ブロック。
メトラのターミナル。"L" のClinton駅 (Green/Pink Line) から南へ2ブロック、又はWashington駅 (ループのBrown/Orange/Pink/Purple Line) から西へ3ブロック。
メトラ及びサウスショアー線のターミナル。"L" のRandolph駅 (ループのBrown/Orange/Green/Pink/Purple Line) から東へ2ブロック。
メトラのターミナル。"L" のLa Salle駅 (Blue Line) 近く、又はLa Salle駅 (ループのBrown/Orange/Pink/Purple Line) から南へ1ブロック。
  • ダウンタウン・シカゴ・グレイハウンド・バスターミナル
"L" のClinton駅 (Blue Line) から南西へ2ブロック。

郊外における"L"とメトラの乗換え駅[編集]

  • メインストリート、Purple Line / メインストリート、メトラ UP-N
  • デービスストリート、Purple Line / メインストリート、メトラ UP-N
  • アービングパーク、Blue Line / アービングパーク、UP-NW
  • Montrose、Blue Line / Mayfair、メトラ MD-N
  • ジェファーソンパーク、Blue Line / ジェファーソンパーク、UP-NW
  • Kedzie、Green Line / Kedzie、UP-W
  • ハーレム、Green Line / オークパーク、UP-W
  • ウエスタン、Blue Line (Douglas Branch) / ウエスタンアベニュー、BNSF
  • Damen、Brown Line / Ravenswood、メトラ UP-N

ゲーム[編集]

2006年12月21日発売のプレイステーション3用ソフト「Railfan」にてシカゴ・LのBrown Lineのループ区間が収録されている。また、同時期に「電車でGO!」のモバイル版で同路線が収録されている。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]