ミレニアム駅 (シカゴ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミレニアム駅 (シカゴ)
(旧・ランドルフ・ストリート駅)
ミレニアム駅地下コンコース
ミレニアム駅地下コンコース
Millennium Station (Chicago)
(Randolph Street Terminal) -
所在地 アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ
所属事業者 メトラ(Metra)、NICTD
所属路線 ME線、サウスショアー線(SS線)
駅構造 地下

ミレニアム駅 (又はミレニアム・ステーション英語: Millennium Station) は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ鉄道駅

シカゴダウンタウンのループ地区北東、ミレニアム・パークの地下に所在。州内鉄道メトラのME線及びサウスショアー線(インディアナ州サウスベンド行)が乗り入れるターミナル駅である。一日の利用客は約2万人。

歴史[編集]

ランドルフ・ストリート駅 (1895年)

ランドルフ・ストリート駅の現在の所在地に最初の駅舎が建設されたのは1960年代のことである。当時はミシガン湖の縁に位置し、市街から離れていた。イリノイ・セントラル鉄道の軌道はルーズベルト・ストリートからランドルフ・ストリートまで湖岸に設置され、水面の上を走っていた。その後次第に湖の埋立てが進み、駅周辺地域も発展した。

1920年代グラント・パークの大改修に伴いランドルフ・ストリート駅も大幅に改修された。改修は1960年代1987年にも実施されている。この間、駅施設の上に高層ビルが建設された(1955年のワン・プルデンシャル・プラザ、1970年のワン・イリノイ・センター、1990年のツー・プルデンシャル・プラザ)。

1987年、メトラがイリノイ・セントラル鉄道のElectric線を買収(現在のME線)。

1990年代後半、ランドルフ・ストリート高架橋の緊急修復工事及びミレニアム・パーク建設工事と同時期に、ランドルフ・ストリート駅の大規模な修復が実施された。数年に及ぶ複雑な地下工事の後、刷新されたミレニアム駅は2004年にその一部が完成し、2007年3月に全体の供用が開始された。

構造[編集]

駅コンコース:自動券売機や各種店舗などがある

地下駅であり、地下1階のコンコース部分から地下2階のプラットホーム層に降りる構造になっている。

青いテラゾ床のコンコースには多くの店舗が並び、また、シカゴダウンタウンの地下通路網"ペドウェイ"(en:Chicago Pedway)とも接続している。

待合室は毎日午前5時から深夜12時50分まで、窓口は午前5時55分から(日曜のみ午前7時から)深夜12時50分まで利用可能。

乗り入れ路線[編集]

メトラ
ME線 (Metra Electric Line) - 南方面のUniversity Park行の他、Blue Island行、93rd St行の全3路線に分岐する。メトラで最も便数の多い路線。
サウスショアー線
インディアナ州サウスベンドSouth Bend Regional Airport駅まで、約2時間半。イリノイ州内のミレニアム駅 - Kensington駅の区間は、メトラME線の軌道を利用する。

アクセス[編集]

ループの東側路線から1ブロック外側という近さにあり、CTAの"シカゴ・L"への接続は良い。

エントランス(入口)[編集]

以下の駅出入口の他、上記の"ペドウェイ"との接続がある。

  • Michigan - Michigan AvenueとRandolph Streetとの交差点の南北2か所の出入口。"シカゴ・L"の高架路線"ループ"(Randolph駅)からの乗換に便利。
  • South Water - South Water StreetのMichigan Avenue東側にある出入口。
  • プルデンシャル・センター内にも出入口がある。

CTA (バス・地下鉄/高架路線)・その他バスへの接続[編集]

CTAバス

CTA(シカゴ交通局)トランジットカードの自動券売機が駅内に置かれているので、CTAバス又はシカゴ・L使用の前に購入しておくと便利。なお、CTAバスのルート・停留所は道路状況等に応じて頻繁に移動するので、注意が必要である。
  • #3 King Drive
  • #X3 King Drive Express
  • #4 Cottage Grove (深夜運行あり)
  • #X4 Cottage Grove Express
  • #6 Jackson Park Express
  • #19 United Center Express
  • #20 Madison
  • #26 South Shore Express
  • #60 Blue Island/26th
  • #N66 Chicago (深夜運行あり)
  • #124 Navy Pier
  • #129 West Loop/South Loop
  • #143 Stockton/Michigan Express
  • #145 Wilson/Michigan Express
  • #147 Outer Drive Express
  • #148 Clarendon/Michigan Express
  • #151 Sheridan (深夜運行あり)
  • #157 Streeterville
  • #173 University of Chicago/Lakeview Express

CTA シカゴ・L

  • ループ(Green、Brown、Orange、Pink及びPurple Line)へ
    • Randolph駅 - Michigan出口から、西へ1ブロック。
  • Blue Line
    • Washington (& Dearborn)駅 - Michigan出口から、西へ3ブロック。
  • Red Line
    • Lake (& State)駅 - Michigan出口から、西へ2ブロック[1]

Paceバス

ChicaGo Dash

空港への接続[編集]

  • シカゴ・オヘア国際空港
    • 上記CTA Blue Lineを使用。約90分。
    • タクシーの場合、混雑していなければ30分程度、約40ドル。混雑時は75分以上かかることもある。
  • シカゴ・ミッドウェー国際空港
    • 上記CTA Orange Lineを使用。約60分。
    • タクシーの場合、混雑していなければ20分程度、約25ドル。

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ CTA Red Lineの最寄駅はWashington駅であったが、同駅は2006年以来閉鎖中のため使用できない。
  2. ^ "The Dark Knight: Filming Locations". The Internet Movie DataBase. 2008.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]