ラサール・ストリート駅 (シカゴ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラサール・ストリート駅 (シカゴ)
LaSalle Street Station (Chicago) -
所在地 アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ
所属事業者 メトラ(Metra)
所属路線 RI線
駅構造 高架

ラサール・ストリート駅 (又はラサール・ストリート・ステーション英語: LaSalle Street Station) は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ鉄道駅

ダウンタウンのループ南西に位置し、州内鉄道メトラのRI線が乗り入れるターミナル駅である。

歴史[編集]

旧駅舎の写真(年代不明)

現在のラサール・ストリート駅の位置に最初の駅舎が設置されたのは1852年。

1866年に建て替えられた駅舎は、1871年のシカゴ大火で全焼した。

1903年に再度建設された駅舎は1981年まで使用された。同年、シカゴ証券取引所の高層ビル下部に現在の駅舎が完成。

上記の1903年駅舎の時代は、有名な旅客列車である20世紀特急(ニューヨーク・セントラル鉄道)、ロッキー・マウンテン・ロケット号(シカゴ・ロック・アイランド・アンド・パシフィック鉄道)が発着する重要駅であった[要出典]

またこの1903年駅舎は、アルフレッド・ヒッチコック監督・製作の映画「北北西に進路を取れ」(1959年)やジョージ・ロイ・ヒル監督の映画「スティング」(1973年)に使用されている。

構造[編集]

ワン・フィナンシャル・プレース(シカゴ証券取引所が入居するビル)の南側、2階部分にホームが所在している。

窓口は平日午前6時15分から午後9時まで、土曜午前11時から午後7時半まで利用可能。待合室は毎日午前6時から深夜12時まで開いており、自動券売機、売店(平日午前8時から午後8時まで)、トイレ、警察官立寄所などがある。

乗り入れ路線[編集]

オレンジ色が現在のメトラRI線
ウィリス・タワーから望むラサール・ストリート駅とメトラRI線の線路
メトラ
RI線 (Metra Rock Island District) - 南西方面のJolietへ向かう。

アクセス[編集]

ループの南側路線から1ブロック外側に所在。

エントランス(入口)[編集]

  • Financial Plaza - ワン・フィナンシャル・プレース西側。
  • LaSalle - ワン・フィナンシャル・プレース東側。シカゴ・Lとの乗換に便利。

CTA (バス・地下鉄/高架路線)・その他バスへの接続[編集]

CTAバス

シカゴ交通局(CTA)のバスのルート・停留所は道路状況等に応じて頻繁に移動するので、注意が必要である。

  • #1 Indiana/Hyde Park
  • #7 Harrison
  • #22 Clark (深夜運行あり)
  • #24 Wentworth
  • #36 Broadway
  • #126 Jackson
  • #129 West Loop/South Loop
  • #130 Museum Campus (夏季のみ)
  • #132 Goose Island Express
  • #145 Wilson/Michigan Express
  • #151 Sheridan (深夜運行あり)
  • #156 LaSalle

CTA シカゴ・L

  • ループ(Brown、Orange、Pink及びPurple Line)へ
    • LaSalle/Van Buren駅 - LaSalle出口から、北へ半ブロック。
  • Blue Line
    • LaSalle (& Congress)駅 - LaSalle出口から、南へ半ブロック。

ChicaGo Dash

空港への接続[編集]

  • シカゴ・オヘア国際空港
    • 上記CTA Blue Lineを使用。約90分。
    • タクシーの場合、混雑していなければ30分程度、約40ドル。混雑時は75分以上かかることもある。
  • シカゴ・ミッドウェー国際空港
    • 上記CTA Orange Lineを使用。約60分。
    • タクシーの場合、混雑していなければ20分程度、約25ドル。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]