メトラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メトラ (Metra)
Northeast Illinois Regional Commuter Railroad Corporation
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イリノイ州シカゴ
設立 1984年
業種 陸運業
事業内容 旅客鉄道事業
外部リンク http://www.metrarail.com/
テンプレートを表示

メトラ(Metra)アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ及び、その近郊で通勤鉄道の運営を行っている鉄道事業者。

概要[編集]

イリノイ州の公共交通を司るイリノイ・レジオナル・トランスポーテーション・オーソリティ(Illinois Regional Transportation Authority, IRTA)の中の通勤鉄道部門を担う会社で、同州の6ルの内に11の路線と240個の駅を有している。

モータリゼーションの進んだアメリカの中でも有数の利用客のある通勤鉄道会社である。特に平日の旅客数では1日当たり平均30万人以上を輸送している。休日の平均は平均10万人弱と少ないが、それでも年間の輸送量は8,100万人を記録した。(いずれも2010年の数値[1]

歴史[編集]

メトラ(Metra)

1960年代中盤から後半にかけて、シカゴのコミューター鉄道事業は衰退を始めた。1970年代中頃には、鉄道事業者は経営の継続に最低限必要な収入を辛うじて得られているのみであり、また1920年代以来使用されていた旧式車輛を更新する必要が生じていたことも相まって、事業の先行きは暗いものであった。

その為、シカゴ市は1974年にRTA(Regional Transportation Authority、地域交通局)を設置し、公共輸送を担当させることとした。当初は中古車輛のみであったが、1976年より新型の機関車が導入され始めた。

1984年にRTAの鉄道事業はメトラに再編され、全てのコミューター鉄道事業が引き継がれた。RTAは現在、シカゴの公共交通機関であるメトラ・CTA及びPaceバスの財務支援及び運営監視を行っている。

路線・ターミナル駅[編集]

シカゴ・ユニオン・ステーション
オギルビー・トランスポーテーションセンター

全11路線が、ダウンタウンの4つのターミナル駅とイリノイ州郊外とを結んでいる。

シカゴ・ユニオン駅 (Union Station) を始発とする路線[編集]

メトラの下記6路線のターミナル駅であるほか、アムトラックのシカゴ発着路線のターミナルでもある。シカゴ最大の鉄道駅。

  • MD-N線 (Milwaukee District North Line) 北方面、Fox Lake行。
  • MD-W線 (Milwaukee District West Line) 西方面、Elgin/Big Timber Road行。
  • NCS線 (North Central Service) 北方面、Antioch行。MD-W線とFranklin Parkまで同路線を走る。平日のみ。
  • BNSF線 (BNSF Railway Line) 西方面、Aurora行。メトラで最も利用客数の多い路線。ブルックフィールド動物園最寄りのHollywood駅を通る。
  • HC線 (Heritage Corridor) 南西方面、Joliet行。平日のみ。
  • SWS線 (SouthWest Service) 南西方面、Manhattan行。平日・土曜のみ。


シカゴ・オギルビー・トランスポーテーション・センター (Ogilvie Transportation Center、旧・ノースウエスタン駅) を始発とする路線[編集]

OTCとも略される。ユニオン駅から北へ2ブロック・西へ1ブロックのシティグループセンタービル内2階に所在。

シカゴ・ミレニアム駅 (Millennium Station、旧・ランドルフ駅) を始発とする路線[編集]

サウスショアー線(SS線)のターミナルでもある。

  • ME線 (Metra Electric District Line) 南方面へのUniversity Park行の他、Blue Island行、93rd St行の全3路線に分岐する。メトラで最も便数の多い路線。


シカゴ・ラサール・ストリート駅 (LaSalle Street Station) を始発とする路線[編集]

  • RI線 (Rock Island District) 南西方面、Joliet行。HC線と終点は同じだが、より南側のルートを走る。

サービス[編集]

[編集]

車両[編集]

ディーゼル機関車と客車の組み合わせが多いが、一部の路線は電化されており電車が走る。現行のものは客車、電車ともに2階建て車両のもので、低床ホームに発着することなどから非常に大きく感じる。電車・客車ともに日本車輌製造製のギャラリー車が多く導入されている。 特に客車は低床ホームの区間で運用されることが多く、出入り口には段差が生じているが、車両側に昇降機がつけられているために見た目以上に楽に乗り降りが出来る[2]

事故防止の設備[編集]

  • 運転席がある車両の前照灯には、3つの動作をする照明が備わっている。
  1. 通常の前照灯
  2. 2つの前照灯があり、交互に点滅する
  3. 1つの前照灯があり、回転灯になっている

このような動作をすることで昼間時でも目立たせるようにし、事故防止に一役買っている。

運賃・料金[編集]

UP-N線 Highland Park駅
MD-W線 Galewood駅

ゾーン別料金を採用。ダウンタウンから近い順にAからMまでのゾーン[3]が設定されており、乗降区間の距離に応じて料金が変動する。

料金一覧表(2012年03月現在)
名称 A B C D E F G H I J K M
片道切符 (One-way) $2.15 3.00 4.25 4.75 5.25 5.75 6.25 6.75 7.25 7.75 8.25 $9.25
10回回数券 (10-Ride Tickets) $24.75 $83.25
1か月乗り放題券 (Monthly Unlimited Ride Tickets) $78.25 $263.50

なお、往復券はないが、以下のような割安なパスが販売されている。

  • 10回回数券 (10-Ride Tickets) - 15%割引、1年間有効。複数の乗客がシェアして使用できる。
  • 1か月乗り放題券(Monthly Unlimited Ride Tickets)
  • 土日連続乗り放題[4]のウィークエンドパス($7 Weekend Pass) = 1枚7ドル。サウスショアー線は対象外。

切符は駅窓口や自動券売機で購入できる。なお、車内で車掌から購入することもできるが、窓口(営業時間内)か券売機のある駅から乗車して車内で購入する場合は2ドルの手数料が追加される。

切符の購入は現在は基本的に現金(又は一部の駅でパーソナルチェック)のみだが、クレジットカードの使用が、2009年秋にオンライン販売で、また2010年2月に各駅で、それぞれ可能になる予定である[5][6]

駅に改札は設置されていないので、乗車後に座席のクリップに切符を挟んで車掌の検札を受ける。

その他[編集]

  • メトラはほぼ時刻表通りに運行され、事故等が無い限り大きく遅延することはまれである。2007年における非遅延率は95.7%[7]
  • 検札のために車掌が各駅ごとに車内を巡回するため、車内は安全である。
  • 時刻表は駅や車内などで入手可能。本数が多いわけではないので、発着時刻等の情報は事前に確認しておくことが望ましい。
  • 郊外駅ではPaceバスの路線と連絡することが多いが、Paceバスはあまり頻繁に発着するわけではないので、利用を予定する場合にはやはり事前にルート・時刻表を確認しておくことが望ましい。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Rider's ship report
  2. ^ 日本やヨーロッパの場合、このような時はプラットホームのかさ上げや車両の低床化によって解決を図ろうとすることが多い。なお、アメリカでは路線バスにおいても昇降機に導入が顕著である。
  3. ^ 現時点でLゾーンに設定された駅は無いので、A~KおよびMの12ゾーンの設定となっている。なお、MゾーンはUP-NW線のHarvard駅のみ。
  4. ^ ウィークエンドパスは、当該週末が祝日で3連休の場合は、その祝日も含めて3日間乗り放題となる。
  5. ^ クレジットカード使用対応のため、導入費用に220万ドル、継続費用に年300~500万ドルがそれぞれ掛かるとされているが、これらの費用をメトラが利用客に転嫁することはイリノイ州により認められていないため、クレジットカード導入に基づく運賃の値上げは予定されていない。
  6. ^ Metra Newsletter[リンク切れ] "On The BI-LEVEL" July 2009
  7. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「budget」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません