女川町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おながわちょう
女川町
Onagawa Nuclear Power Plant.jpg
Flag of Onagawa, Miyagi.svg
女川町旗
Symbol of Onagawa, Miyagi.svg
女川町章
1956年昭和31年)4月21日制定
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 宮城県
牡鹿郡
団体コード 04581-1
面積 65.80 km²
総人口 6,958
推計人口、2014年8月1日)
人口密度 106人/km²
隣接自治体 石巻市
町の木 スギ
町の花 サクラ
他のシンボル 町の魚: カツオ
町の鳥: ウミネコ
女川町役場
所在地 986-2292
宮城県牡鹿郡女川町女川浜字女川136番地
北緯38度26分58.4秒東経141度26分33.5秒
外部リンク 女川町(臨時の公式ホームページ

女川町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

女川町(おながわちょう)は、宮城県にあり、太平洋沿岸に位置するである。日本有数の漁港である女川漁港があるほか、女川原子力発電所が立地することでも知られる。

女川町役場仮設庁舎 宮城県牡鹿郡女川町女川浜字大原316

概要[編集]

町域は、南三陸金華山国定公園地域に指定されている。北上山地太平洋が交わるリアス式海岸は天然の良港を形成し、カキ(牡蛎)やホタテガイ(帆立貝)、ギンザケ(銀鮭)などの養殖漁業が盛んで、金華山沖漁場が近いことから、地方卸売市場には暖流寒流の豊富な魚種が数多く水揚げされる。

また、町のには石巻市とまたがって東北電力女川原子力発電所があるが、現在は運転停止中。

地理[編集]

自然[編集]

主要な地形[編集]

  • 山地 :高梨山、石投山、黒森山、高崎山、唐松山、大六天山、袴ヶ岳
  • 河川系国土地理院の広域地図に掲載されるほどの規模の川や湖沼は町域に存在しない。町名の由来とされる「女川」は小川である。
  • 近海・沿岸地形 :御前湾、女川湾、五部浦湾、大貝崎、万石浦出島江島足島

広域地域区分[編集]

宮城県内の地勢的な地方区分である、北部・中部・南部のうち、中部地方に属し、その北東部に位置する。

cf. 宮城県の地方区分図(参考):≪外部リンク≫ 地震情報で発表する東北地方の震度の地域名称”. (公式ウェブサイト). 仙台管区気象台. 2011年6月25日閲覧。

21世紀の宮城県の広域行政圏としては、石巻市東松島市とともに、広域石巻圏を形成する。

cf. 宮城県地域区分図 :≪外部リンク≫ 宮城県地域区分図”. (公式ウェブサイト). 宮城県. 2011年6月25日閲覧。

隣接している自治体[編集]

cf. 宮城県の市町村全図 :≪外部リンク≫ 宮城県地域マップ”. (公式ウェブサイト). 宮城県. 2011年5月13日閲覧。
  • 石巻市が女川町を取り囲むかたちで北部・西部から南部にかけて幅広く隣接する(西部の一部と東部は太平洋に開ける)。

町内の地域[編集]

cf. ≪外部リンク≫女川町(牡鹿郡)(宮城県)の住所・地名の読み仮名”. 市町村.com. 2011年6月5日閲覧。
cf. ≪外部リンク≫ 牡鹿郡女川町”. (公式ウェブサイト). 日本郵便. 2011年6月25日閲覧。

歴史[編集]

女川町の由来[編集]

女川町西方背後にある黒森山の麓にあたる奥地に安野平(あのたいら)という所から流れ出る渓流がある。平安時代安倍貞任の軍勢が隣村・稲井(現在の石巻市稲井)の館に寄り、源氏方の軍と戦ったとき、一族の婦女子を安全地帯であった安野平に避難させた。このことから、ここから流れ落ちる小川を「女川」と呼ぶようになった。

1889年明治22年)4月1日に町村制が施行された際、藩政時代の女川組20浜の各村を合併して女川村と称した。全地域を女川村と呼ぶに至ったのは、藩政時代初期から文政年代にわたって女川組20組の大肝入を勤めた丹野組が代々定住した土地であること、地理的に利益を得やすい所であったこと、さらに、全地域が大肝入時代の女川組でもあったので命名されたものと推測される。[要出典]1926年大正15年)4月1日に町制へ変更され、女川町となる。

女川湾の歴史[編集]

女川湾は比較的水深が深く、宮城県に寄港する大型船舶の碇泊地になることが多かった[1]。なかでも、塩釜港石巻港浚渫整備される以前は、大日本帝国海軍艦船の入港が多く、商港の整備に当たって軍港誘致の請願が行われたことがある[1]第二次世界大戦中には、東北地方太平洋岸の防空対潜任務のため、横須賀鎮守府隷下の「女川防備隊」が設置され、艦艇が配置された[2]。また、大戦末期の1945年昭和20年)8月9日には連合国軍機による空襲を受けて大日本帝国海軍艦艇7隻が撃沈されている[3][2]

年表[編集]

近代以降[編集]

1975年度の女川町の市街地国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

行政区域の変遷(市町村制施行以後)[編集]

行政[編集]

女川町の財政は、東北電力女川原子力発電所によって「原子力発電施設等周辺地域交付金」および「電力移出県等交付金」からなる「電源立地特別交付金」が交付されるため、近隣の市町村と比べると潤沢な財政を持つ。また、地方交付税交付金が支給されていない地方公共団体である。そのため、石巻市など周辺市町村との合併には消極的である。

歴代町長[編集]

歴代 氏名 就任年月日 退任年月日 備考
?
須田善明 2011年平成23年)11月13日
(現職)
平成11年~宮城県議会議員
?
安住宣孝 1999年平成11年)9月19日 2011年平成23年)11月12日 東日本大震災が発生。
?
須田善二郎 1983年昭和58年)5月 1999年平成11年) 在任中に他界。2人目の名誉町民
?
木村主税 1947年昭和22年)4月 1983年昭和58年)5月 83年2月、初当選以来十期連続での当選を果たす。しかし、体調を崩しながらの選挙で無理をしたことがたたり、当選後間もなく入院。同年5月、他界する。初めての名誉町民。

警察[編集]

  • 石巻警察署 女川交番 :東日本大震災で被災後、女川浜大原190(女川総合グラウンド内)で仮設交番として機能中[5]
  • 石巻警察署 指ヶ浜駐在所 :震災で被災後、閉設中(所在地:指ヶ浜指ヶ浜1)[5]

郵便事業[編集]

  • 女川郵便局

経済[編集]

産業[編集]

水産業
ギンザケホタテガイアワビホヤカキなどの養殖漁業に加え、サンマなどの沿岸漁業も盛んである。特にギンザケとサンマの水揚げ量は全国でも有数。
産業人口
第一次産業:997人、第二次産業:2,256人、第三次産業2,942人(2000年国勢調査
企業

地域[編集]

人口[編集]

Demography04581.svg
女川町と全国の年齢別人口分布(2005年) 女川町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 女川町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
女川町(に該当する地域)の人口の推移
1970年 17,681人
1975年 16,945人
1980年 16,105人
1985年 15,246人
1990年 14,018人
1995年 13,044人
2000年 11,814人
2005年 10,723人
2010年 10,051人
総務省統計局 国勢調査より

教育[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

  • 女川町立女川小学校

廃止された学校[編集]

  • 宮城県女川高等学校(2014年3月31日閉校)
  • 女川町立女川第一中学校(2013年3月31日、女川中学校に改称して第二中と統合された。)
町が東日本大震災で被災した後、損壊著しい町庁舎に代えて、本校校舎2階に女川町災害対策本部が置かれている[6]
  • 女川町立女川第二中学校(閉校)
  • 女川町立女川第一小学校(2013年3月31日、女川小学校に改称して他の町立小と統合された。)
文部科学省が推進する学力向上フロンティア事業[7]の指定校(フロンティアスクール)。
  • 女川町立女川第二小学校(閉校)
  • 女川町立女川第三小学校(震災より以前に、第二小に統廃合されて閉校。)
  • 女川町立女川第四小学校(閉校)

交通[編集]

港湾[編集]

女川〜出島江島間の定期航路(シーパル女川汽船
女川〜金華山航路(潮プランニング[8]
国道398号の前身となる宮城県道女川志津川線が開通するまでは、女川港から塚浜港や、石巻市旧雄勝町域までの定期航路が存在した(雄勝港、船越港)[1]

鉄道[編集]

※かつては金華山軌道が走っていた。
  • 隣接市町村への連絡
石巻線 石巻駅から女川駅まで約30分
  • 都道府県庁への連絡
石巻線 石巻駅から女川駅まで約30分
仙石線 仙台駅から石巻駅まで約60分
  • 都道府県庁への連絡
石巻線 石巻駅から女川駅まで約30分
仙石線 仙台駅から石巻駅まで約60分

路線バス[編集]

道路[編集]

一般国道[編集]

県道[編集]

道の駅[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

名所・旧跡・観光スポット[編集]

祭事・無形文化財等[編集]

ゆかりのある著名人[編集]

出身著名人[編集]

大正生まれ
昭和生まれ
生年未確認

その他のゆかりある著名人[編集]

東日本大震災[編集]

被災した女川町(2011年4月10日撮影)

2011年平成23年)3月11日14時46分18秒、マグニチュード9.0の東北地方太平洋沖地震が発生し、女川町は女川原子力発電所震度計震度6弱を観測した[9][10](町内の検測所は津波で流失)。 さらにこの地震が引き起こした津波に襲われ、沿岸部は壊滅的被害を負った[11]東日本大震災[12][注 1][注 2]。また、港湾空港技術研究所の調査によれば、津波の最大波高(浸水高[注 3])は女川漁港の消防庁舎で海抜14.8mを記録した[13][14]

津波で3階建ての町庁舎も冠水した[11]が、町長以下職員は間一髪屋上に避難して無事であった。女川原子力発電所は高台にあったため辛うじて津波の直撃を免れたものの、発電所を管理する宮城県原子力センターや原子力防災対策センター(双方とも2階建ての建物)は屋上まで冠水し、環境放射線監視システム[注 4]が壊滅。職員の多くも行方不明となったため、国や県に一時的に報告ができないという状態に陥った[15]

女川湾から約100mのところにあった七十七銀行女川支店では高さ約10mの屋上に行員が避難したが津波に飲み込まれた[16]

東北電力は女川原子力発電所の潮位計の記録を解析し、当施設が浸水高13mの津波に襲われていたことを、4月7日に公表した[17]。女川原発の敷地の標高は14.8mであるが、地震で約1m地盤沈下したことが分かっており、計算上、津波は敷地まで80cmの高さにまで迫っていたことが判明した[17]。実際、津波の飛沫の痕跡が敷地の外縁に残っていた[17]。なお、最大波から15分ほど後に発生した強い引き波のときには、海水面が下がりすぎて原子炉を冷却するための取水口が3- 5分の間むき出しになっていた可能性もあるという[17]

町域にある鉄道駅のうちJR石巻線女川駅は、土台だけを残して駅舎が流失したほか、駅に停車中であった列車や町営温泉の保存車両等が流されるなど、甚大な被害を受けた[12][18]。また、女川-石巻間では線路が損傷した[19]

更に鉄筋コンクリート製のビル6棟が基礎部分ごと地面から抜けて横倒しになる被害も発生した。液状化現象で基礎が浮き上がった所を津波になぎ倒されたと思われる。世界的にも例の無い被害である事から、町では被害資料として保存する方針を固めている[20][21]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “宮城県・女川町の空撮”. asahi.com(動画) (朝日新聞社). (2011年3月20日). http://www.youtube.com/watch?v=f5Sutj12IGI 2011年6月5日閲覧。 YouTubeを用いたasahi.comのニュース動画。
  2. ^ 写真で見る市内各地区の被災状況:被災後の市内の状況 - 東日本大震災”. (公式ウェブサイト). 大船渡市 (2011年). 2011年6月5日閲覧。
  3. ^ 津波発生時の海面から、陸上部の津波の浸水面までの高さ。
  4. ^ 環境放射線監視システムの概要”. (公式ウェブサイト). 宮城県原子力センター. 2011年6月9日閲覧。

出典[編集]

  1. ^ a b c 女川町誌。
  2. ^ a b 女川防備隊”. 愛国顕彰. 個人 (2009年12月23日). 2011年5月13日閲覧。
  3. ^ a b 大内(2009)
  4. ^ 図典 日本の市町村章 p35
  5. ^ a b 交番・駐在所”. (公式ウェブサイト). 石巻警察署 (2011年5月29日). 2011年6月25日閲覧。
  6. ^ a b 宮城県災害対策本部”. 第7回 宮城県災害対策本部会議 議事要旨. 宮城県 (2011年3月12日). 2013年9月26日閲覧。 および2013年9月に女川町からも同様の回答をメール返信で受けた
  7. ^ 学力向上フロンティア事業”. (公式ウェブサイト). 文部科学省. 2011年5月13日閲覧。
  8. ^ 女川〜金華山 35分 潮プランニング - 運航ダイヤ”.  ???. 2011年5月13日閲覧。
  9. ^ 地震被害情報(第3版)(3月11日17時15分現在) (PDF)”. (公式ウェブサイト). 経済産業省原子力安全・保安院 (2011年3月11日). 2011年6月5日閲覧。
  10. ^ 震度データベース検索”. (公式ウェブサイト). 気象庁 (2011年3月11日). 2011年4月16日閲覧。
  11. ^ a b c “東日本大震災 図説集”. 毎日jp (毎日新聞社). (2011年4月10日). http://mainichi.jp/select/jiken/graph/sinsai_zusetsu/ 2011年4月17日閲覧。 :被災状況全図。
  12. ^ a b “ビル屋上に車、駅は土台だけ…女川襲った津波”. Yomiuri Online (読売新聞社). (2011年3月13日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110313-OYT1T00561.htm 2011年6月5日閲覧。 
  13. ^ 東北地方の港湾における被災状況について(現地調査速報)(平成23年東北地方太平洋沖地震)”. (公式ウェブサイト). 港湾空港技術研究所 (2011年3月23日). 2011年6月4日閲覧。
  14. ^ “大船渡の津波23.6メートル 昭和三陸地震に匹敵”. 47NEWS (全国新聞ネット). (2011年3月23日). http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011032301001157.html 2011年6月5日閲覧。 
  15. ^ 津波に襲われ廃墟と化した県原子力センター”. (公式ウェブサイト). 原子力発電を考える石巻市民の会 (2011年3月19日). 2011年6月6日閲覧。
  16. ^ 妻の遺体を探すため…潜水資格取得 避難中にメール「帰りたい」”. 産経新聞 (2014年2月12日). 2014年3月2日閲覧。
  17. ^ a b c d “女川・東海第二原発で想定超す揺れ 女川は津波直撃寸前”. asahi.com (朝日新聞社). (2011年4月7日). http://www.asahi.com/national/update/0407/TKY201104070487.html?ref=rss 2011年6月5日閲覧。 
  18. ^ 【東日本大震災】JR東日本、太平洋沿岸の23駅流失”. SankeiBiz. 産業経済新聞社 (2011年4月1日). 2011年6月5日閲覧。
  19. ^ “被災JR4路線、線路位置変更も…復興に合わせ”. Yomiuri Online (読売新聞社). (2011年4月15日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110415-OYT1T00277.htm 2011年6月5日閲覧。 
  20. ^ “女川の鉄筋ビル、基礎ごと倒れる 津波17メートル超か”. 朝日新聞. (2011年3月27日). http://www.asahi.com/national/update/0327/TKY201103270118.html 2011年7月24日閲覧。 
  21. ^ “横倒しになったビル保存、津波被害資料に 宮城・女川町”. 朝日新聞. (2011年7月17日). http://www.asahi.com/national/update/0717/TKY201107170308.html 2011年7月24日閲覧。 
  22. ^ 女川町”. 東日本大震災に関する女川町の最新状況について - 宮城県女川町公式ホームページ(公式ウェブサイト. 女川町 (2011年6月3日). 2011年6月5日閲覧。
  23. ^ 女川さいがいFM”. (公式ウェブサイト). おながわさいがいエフエム. 2011年6月24日閲覧。
  24. ^ 東日本大震災被害情報地図”. ALL311:東日本大震災協働情報プラットフォーム(公式ウェブサイト). 防災科学技術研究所 (2011年5月26日). 2011年6月9日閲覧。:※資料に住家と公共施設の区別無し。
  25. ^ 東北地方・茨城県被害全図 (PDF)”. (公式ウェブサイト). 民主党 (2011年6月6日). 2011年6月9日閲覧。:原典は国土地理院提供資料。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]