みどり市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
みどりし
みどり市
Iwajuku Museum 01.jpg
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 群馬県
団体コード 10212-1
面積 208.23km²
総人口 50,997
推計人口、2014年8月1日)
人口密度 245人/km²
隣接自治体 桐生市伊勢崎市太田市沼田市
栃木県佐野市鹿沼市日光市
市の木 サクラソメイヨシノ
市の花 カタクリキク
市の鳥 キジ
みどり市役所
所在地 379-2395(笠懸庁舎)
群馬県みどり市笠懸町鹿2952
北緯36度23分41.3秒東経139度16分52.1秒
Midori city hall Kasakake public office.JPG

〒376-0192(大間々庁舎)
群馬県みどり市大間々町大間々1511
〒376-0397(東支所)
群馬県みどり市東町花輪205-2
〒376-0101(教育庁舎)
群馬県みどり市大間々町大間々235-6
外部リンク みどり市

みどり市位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

みどり市(みどりし)は群馬県東部に位置するである。群馬県内では1958年安中市以来、48年ぶりに誕生した市である。

概要[編集]

2006年3月27日群馬県新田郡笠懸町山田郡大間々町勢多郡東村合併し、群馬県12番目のとして誕生した。また、平成の大合併において、群馬県で新たな市として誕生した唯一の市である。市役所本庁舎は旧笠懸町役場に設置されている。

この合併により新田郡と山田郡は消滅した。群馬県初のひらがなの市である。

地理[編集]

南北に長い市域をしており、東西を桐生市に挟まれている。笠懸地区(旧笠懸町)・大間々地区(旧大間々町)・東地区(旧東村)の各接点部分が著しくくびれている。桐生広域圏の合併枠組みを巡る混乱の末、大間々町の西隣の旧新里村、大間々町と東村の間にあった旧黒保根村が桐生市との合併を選択し、桐生市の間に挟まれた3町村が「みどり市」としての合併を選択したため、このような変則的な行政区域となった。桐生市とは同一生活圏にあり、経済面・行政面でもかなり桐生市に依存している。このような構成になった理由として、旧笠懸町・旧大間々町・旧藪塚本町で構成されていた旧阿左美水園競艇組合(現みどり市・太田市)が桐生競艇の主催組合であったのに対し、桐生市は桐生競艇の主催から撤退していたことが挙げられる。

笠懸地区と大間々地区は道路では結ばれているが、鉄道で移動する場合には桐生市を経由しなければならない。また、大間々地区と東地区は渡良瀬川沿いにあり、わたらせ渓谷線国道122号で結ばれているが、これも間に桐生市黒保根地区を挟んでいる。もともと旧大間々町と旧東村の町村境界を接していたが、その境界線は山地で、道路も林道1本でしか通じておらず、従って桐生市黒保根地区を経由しなければいけないため、東地区は実質上飛地といえる。

隣接自治体[編集]

人口[編集]

Demography10212.svg
みどり市と全国の年齢別人口分布(2005年) みどり市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― みどり市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
みどり市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 34,969人
1975年 40,061人
1980年 44,064人
1985年 46,743人
1990年 49,502人
1995年 50,983人
2000年 51,266人
2005年 52,115人
2010年 51,900人
総務省統計局 国勢調査より

市名[編集]

笠懸町・大間々町・東村合併協議会での市名の選定理由は以下の3点。

  • みどり豊かな自然のあふれる、美しい街並みの市にしてもらいたい。
  • 自然を大切にし、自然と共に栄えていくように。
  • 明るく平和で清々しく、安心して生活でき、癒しのあるイメージ。

笠懸町・大間々町・東村合併協議会では市名の選定基準を以下の通りとした。

  • 3町村が地理的にイメージできる名称。
  • 3町村の歴史・文化・特徴等を表する名称。
  • 3町村の住民の理想・願いを表する名称。
  • 3町村の地域を対外的にアピールできる名称。
  • 3町村の地域住民の一体性を醸成しやすい名称。
  • その他新市にふさわしい名称。

市名候補は「みどり市」を含む5候補が絞り込まれた(五十音順。右に選定理由)。

  • あかがね市(あかがねし) : 江戸時代からを運んだあかがね街道が3町村を通っている。
  • 赤城市(あかぎし) : 有名な赤城山の麓に位置しているから。
  • あかぎ市(あかぎし) : 有名な赤城山の麓に位置しているから。
  • みどり市(みどりし) : 緑があふれる市でいてもらいたい。
  • わたらせ市(わたらせし) : 3町村に相応しく知名度もあり親しみやすい。

その他の候補

  • 岩宿市(いわじゅくし) ; 岩宿遺跡から。
  • 三郡市(みつごおりし) : 3町村がそれぞれ勢多山田新田の3郡に属することから。

歴史[編集]

沿革[編集]

  • 1889年4月1日 町村制施行に伴い、山田郡において大間々村と桐原村が合併して大間々町が、浅原村・塩原村・小平村・長尾根村が合併して福岡村が、高津戸村・須永村・山田村・東小倉村・西小倉村が合併して川内村が、南勢多郡において上神梅村・下神梅村・塩沢村・水沼村・宿廻村・八木原村・上田沢村・下田沢村が合併して黒保根村が、花輪村・荻原村・小夜戸村・小中村・神戸村・座間村・草木村・沢入村が合併し東村が、新田郡において阿左美村・鹿村・久宮村・西鹿田村が合併して笠懸村が誕生。
  • 1896年4月1日 南勢多郡と東群馬郡が合併して勢多郡が発足。
  • 1954年10月1日 福岡村、川内村大字高津戸の一部が大間々町に編入。
  • 1958年2月1日 大間々町が勢多郡黒保根村大字上神梅・下神梅・塩沢を編入。
  • 1990年4月1日 笠懸村が町制施行し笠懸町となる
  • 2006年3月27日 新田郡笠懸町、山田郡大間々町、勢多郡東村が合併しみどり市となる。

行政[編集]

  • 市長:石原条(2006年4月23日 就任)

市役所[編集]

みどり市役所は「分庁方式」をとっており、3庁舎と1支所に分かれている。対外上は笠懸庁舎を本庁としている。分庁方式により、業務が繁雑になっていることから、大間々庁舎を本庁とする「本庁方式」への変更が検討されている。

  • 笠懸庁舎(笠懸町鹿2952)
    • 総務部、市民部、健康福祉部、競艇事業局、会計局など
  • 大間々庁舎(大間々町大間々1511)
    • 議会事務局、監査委員事務局、農業委員会事務局、産業観光部、都市建設部、大間々市民生活課など
  • 東支所(東町花輪205-2)
    • 東市民生活課、教育委員会東分室など
  • 教育庁舎(大間々町大間々235-6)
    • 教育部など

警察署[編集]

  • 桐生警察署(桐生市清瀬町1-16)
    • 大間々分庁舎(大間々町桐原1563)

消防署[編集]

消防業務は、桐生市に委託している。

  • 桐生市消防本部(桐生市元宿町13-38)
    • 桐生みどり消防署(笠懸町阿左美1912-6)
      • 大間々新里分署(大間々町桐原247)
      • 黒保根東分署(東町荻原188)

公営競技[編集]

公営競技

住所表記[編集]

  • 旧笠懸町と旧大間々町は嘗ての郡名の部分が「みどり市」に置き換えられている。
    • 新田郡笠懸町大字阿左美→みどり市笠懸町阿左美
    • 山田郡大間々町大字大間々→みどり市大間々町大間々
  • 旧勢多郡東村は村から町に変更され、その後に旧大字名が付く。
    • 勢多郡東村大字草木→みどり市東町草木

経済・産業[編集]

みどり市の特産品としては、トマトナスなどが挙げられる[1]。また、市内で製造された優れた商品や工芸品に対し、「みどり市ブランド」の商品として市が認証している[2]

就業人口(人)(2005年)

26,382

年間商品販売額(百万円)(2004年)

106,079 

製造品出荷額(百万円)(2004年)

99,896

農業産出額(千万円)(2005年)

527 (群馬県内12市中第3位)

農家数(戸)(2005年)

1,171 

データ出典:みどり市|統計

商業[編集]

流通・小売施設[編集]

  • ショッピングモール・スーパーマーケット
  • 書店
    • 星彦書店(大間々町大間々)
    • くまざわ書店 大間々店(大間々町大間々)
    • 文真堂書店 大間々店(大間々町大間々)、阿左美店(笠懸町阿左美)、笠懸店(笠懸町鹿)
    • ふじう書店(笠懸町阿左美)

金融[編集]

企業[編集]

市内に本社を置く主な企業

その他[編集]

小夜戸衛星通信所

姉妹都市・提携都市[編集]

なし(ただし、平成23年10月10日までは埼玉県鳩ケ谷市との姉妹都市であったが、同市が川口市へ吸収合併されたことにより消滅)。

交通[編集]

鉄道[編集]

中心となる駅[編集]

バス[編集]

路線バス[編集]

赤城観光自動車が、神戸駅を中心に東町内のほぼ全域を網羅する形で5つの路線バス網を持つ。

  • 小中線
  • 二区集会所線
  • 花輪線
  • 沢入春場見線
  • 美術館循環線

電話でバス[編集]

みどり市は、「電話でバス」というデマンドバスを運行している。大間々・笠懸地区を主な運行エリアとし、2009年11月1日現在で199ヵ所の停留所が存在する[3]。事前に予約センターへ電話予約することで利用できる。市内に路線を持つバス事業者に運行を委託し運営されている。

道路[編集]

教育・文化[編集]

教育[編集]

大学・短期大学[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

特別支援学校[編集]

幼稚園[編集]

  • 笠懸幼稚園(笠懸町鹿)
  • 阿左美幼稚園(笠懸町阿左美)
  • マイトリー学園大間々南幼稚園(大間々町桐原)

学校教育以外の施設[編集]

保育所
  • 笠懸第1保育園(笠懸町阿左美)
  • 笠懸第2保育園(笠懸町鹿)
  • 笠懸北保育園(笠懸町鹿)
  • 笠懸いずみ保育園(笠懸町阿左美)
  • 笠懸いずみ第二保育園(笠懸町久宮)
  • たけのこ保育園(笠懸町西鹿田)
  • 赤城保育園(大間々町桐原)
  • 大間々保育園(大間々町大間々)
  • 二葉保育園(大間々町大間々)
  • 柏東保育園(大間々町大間々)
  • ちえのみ保育園(東町花輪)
職業能力開発校

図書館[編集]

文化施設[編集]

美術館
博物館・記念館・資料館
劇場・ホール

スポーツ施設[編集]

体育館
球場
  • 東運動公園野球場
グラウンド
  • 笠懸グラウンド
  • 西鹿田グラウンド
  • 大間々グラウンド
  • 桐原グラウンド
  • グンエイ神梅グラウンド

市が主催する賞[編集]

  • 岩宿文化賞 - みどり市が主催し、読売新聞社が後援する賞。岩宿遺跡の発見・発掘を記念し、1992年に創設された。

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

名所・旧跡・観光スポット[編集]

祭事・催事[編集]

出身著名人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ みどり市キッズページ|みどり市の産業と特産品”.みどり市.2011年9月11日閲覧。
  2. ^ 【みどり市ブランド】”.みどり市.2011年9月11日閲覧。
  3. ^ みどり市電話でバス (PDF) ”.みどり市.2011年1月10日閲覧。

その他[編集]

市外局番[編集]

  • 市の全域が「0277」(桐生MA)である。
    • 笠懸地域:「76、77」
    • 大間々地域:「72、73」
    • 東地域:「95〜97」(※桐生市黒保根地域と共同で使用。

郵便番号[編集]

  • 笠懸地域は「379-231X
  • 大間々地域、東地域は「376-01XX」である。
    • 大間々地域は「376-010X〜376-011X」
    • 東地域は「376-014X」である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]