貞観地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
貞観地震
貞観地震の位置
本震
発生日 869年7月9日
貞観11年5月26日
規模    マグニチュード (M) 8.3 - 8.6, Mw >8.7
津波 あり
被害
死傷者数 死者約1000人[1]
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害
テンプレートを表示

貞観地震(じょうがんじしん)は、平安時代前期の貞観11年5月26日ユリウス暦869年7月9日[2]グレゴリオ暦7月13日)に、日本陸奥国東方沖(日本海溝付近)の海底を震源域として発生したと推定されている巨大地震である。地震の規模は少なくともマグニチュード8.3以上であったとされる。地震に伴って発生した津波による被害も甚大であった。

この地域に周期的に発生する三陸沖地震の1つとして理解されてきたため、「貞観三陸地震」と呼称されることがある。他にできる限り元号を外して「9世紀陸奥海溝地震」のような自然科学的名称も考えられている[3]

歴史書における記述[編集]

延喜元年(901年)に成立した史書『日本三代実録』(日本紀略、類聚国史一七一)には、この地震に関する記述がいくつか記されている。

貞観11年5月26日(ユリウス暦869年7月9日)の大地震発生とその後の被害状況については、次のように伝える。

五月・・・廿六日癸未 陸奧國地大震動 流光如晝隱映 頃之 人民叫呼 伏不能起 或屋仆壓死 或地裂埋殪 馬牛駭奔 或相昇踏 城(郭)倉庫 門櫓墻壁 頽落顛覆 不知其數 海口哮吼 聲似雷霆 驚濤涌潮 泝洄漲長 忽至城下 去海數十百里 浩々不辨其涯諸 原野道路 惣爲滄溟 乘船不遑 登山難及 溺死者千許 資産苗稼 殆無孑遺焉

現代語訳(意訳
5月26日癸未の日、陸奥国で大地震が起きた。(空を)流れる光が(夜を)昼のように照らし、人々は叫び声を挙げて身を伏せ、立つことができなかった。ある者は家屋の下敷きとなって圧死し、ある者は地割れに呑まれた。驚いた牛や馬は奔走したり互いに踏みつけ合い、城や倉庫・門櫓牆壁[† 1]などが多数崩れ落ちた。雷鳴のような海鳴りが聞こえて潮が湧き上がり、川が逆流し、海嘯が長く連なって押し寄せ、たちまち城下に達した。内陸部まで果ても知れないほど水浸しとなり、野原も道も大海原となった。船で逃げたり山に避難したりすることができずに千人ほどが溺れ死に、後には田畑も人々の財産も、ほとんど何も残らなかった。

上記の史料にある「陸奥國」の「城」は多賀城であったと推定されており、多賀城市の市川橋遺跡からは濁流で道路が破壊された痕跡も発見されているが、はっきり明記されているわけではないので異説もある。「流光如晝隱映」の部分は、地震に伴う宏観異常現象の一種である発光現象について述べた最初の記録であるとされる。

「去海數十百里」は原本では「去海數千百里」であるが、当時の1 = 6 (約650 m)であるとしてもこれは喫驚せざるを得ずとし、「去海」は海岸から津波で浸水した城郭までの距離を表し、多賀城から湊までは50位(約5.5km)にも満たないから、「數十百里」(30 - 65 km?)が妥当であるとしている[4]。また、「數十百里」であるとしても正鵠を失ったものであるとし、これは「沿海數十百里」と読むべきとする説もある[5]

朝廷の対応[編集]

貞観大地震に対する朝廷の対応について、日本三代実録の貞観11年9月7日(ユリウス暦869年10月15日)の記事には、次の通り、紀春枝を陸奥国地震使に任命したことが記載されている。

九月・・・七日辛酉・・・以從五位上-行左衛門權佐-兼因幡權介-紀朝臣-春枝,爲陸奧國地震使。判官一人、主典一人。

現代語訳(意訳
9月7日辛酉(かのととり)の日、従五位上行左衛門権佐兼因幡権介である紀春枝を陸奥国地震使に任命した。また、判官一人、主典一人を併せて任命した。

同年10月13日(ユリウス暦869年11月20日)の記事には、清和天皇が、陸奥国常陸との国境が最大の被災地とする詔を発したことが記載されている[6][† 2]。 同年12月14日(ユリウス暦870年1月19日)には、清和天皇が伊勢神宮に使者を遣わして奉幣し、神前に次の通り告文を捧げた。告文では、貞観大地震をはじめとして、同年の貞観11年(869年)6月15日から新羅の海賊が博多へ侵攻したこと(新羅の入寇)、また肥後での地震や事変について報告し、国家の平安を願っている[† 3]

地震発生後、遺体から疫病が発生するのを防ぐため、朝廷はすぐに死者を埋葬するように命じた。また、復興を促進するために、政務の場となる陸奥国修理府や多賀城を大幅に再建した他、地元住民たちに対しては税金労役義務を免除している[7]。また、天災や疫病の発生を防ぐために、御霊会などの儀式を行った。これは、現在の祇園祭の起源と言われている[8]

地震発生時の朝廷[編集]

地震発生時の朝廷は以下の通り[9]。参議以上議政官。なお、散三位以上該当者は無し。

他の自然災害・地震との関連[編集]

9世紀には大きな地震噴火が頻発しており、これらは『日本三代実録』に収録されている。

貞観地震との地球物理学的関連性は明らかでは無いが、地震の前後に火山の噴火が起こっている。この地震の5年前の貞観6年(864年)には富士山青木ヶ原樹海における溶岩流を噴出した貞観大噴火が起きている(噴火の詳細については「富士山の噴火史」も参照)。また、2年後の貞観13年(871年)には鳥海山の噴火記録がある[10]。日本の領域外であるが、白頭山もこのころ大噴火し北日本東北地方北海道)に降灰した記録がある。


この地震の9年後の元慶2年(878年)には、伊勢原断層の活動、又は相模トラフのプレート間地震とも推定されるM 7.4の相模・武蔵地震(現在の関東地方における地震)が発生しており、誘発地震の可能性が指摘されているが、間隔が開きすぎているともされている[11]

西日本では前年の貞観10年(868年)に播磨地震山崎断層を震源とする地震)、仁和3年(887年)に南海トラフ巨大地震と推定される仁和地震(M 8.0〜8.5。一般的に南海地震とされるが、東海東南海との連動説も有り)が起こっている。これらの関連性は不明であるが、この時代日本付近の地殻が大きく変動していた可能性が高いとされる[12]

今村明恒(1936)は、684年頃から887年頃は地震活動の旺盛期の一つにあたる[13]としている一方で、9世紀頃に地震記録が集中しているのは地方の地震が京都に報告される体制が整備された中での、六国史編集の人為効果による見掛けの現象であるとの見方も有る[14]

年表[編集]

[15][16]

調査研究[編集]

従来から文献研究者には存在が知られた地震であったが、東北地方の開発に伴う地盤調査と日本海溝における地震学研究の発展に伴い、徐々に地震学的研究が積み重ねられている。三陸沖地震による震災の記録が少なく貞観地震の記録は貴重であることに加え、2011年3月11日に東北地方太平洋沖地震が発生したことで、研究の重要性も増している。

文献調査[編集]

末の松山

明治時代には歴史地理学者吉田東伍による研究があり、『日本三代実録』にある「城郭」は陸奥国府多賀城地図)を指すと考え、広大な範囲の浸水は津波であり、震源は太平洋側の沖合いにあるものと推定している。また、百人一首に登場する清原元輔の詠んだ「末の松山浪こさじとは」についても宮城県多賀城市八幡の沙丘にある「末の松山」(地図)であり、津波がこの末の松山を越えそうで越えなかった状況を示すものと考証している[4][17]。東北地方太平洋沖地震の津波もまた末の松山の麓まで浸水させた(「沖の石」(地図)も浸水した)が、この丘を超えることはついになかった[18]

今村明恒も、貞観地震と慶長三陸地震東北地方太平洋沿岸に特に巨大な津波をもたらし、その規模は明治三陸地震を凌ぎ、何れも日本の地震の活動期に発生したものであることを説いている[19]。特に三陸海岸は世界的な津波常襲地であるにもかかわらず、有史以来、慶長年間に至るまでの約1200年間で、貞観地震の津波記録が唯一のものであることに着目し、この津波が如何に激烈・絶群なものであったか想像に難くないと述べている[5]

1990年東北電力女川原子力発電所の建設に伴い行われた貞観地震津波に関する歴史資料と津波堆積物調査とを突き合わせた研究[20]、および1995年には各種歴史資料のみから考察した研究があり、過去に仙台平野に何度も津波が襲来しその度に歴史記録が途絶え、今後も津波に襲われる危険性が指摘されていた。また後者の研究は、宮城県名取市神社に伝わる貞観年間の疫病の流行により庶民が大いに苦しんだとする伝承と貞観津波との関連を指摘している[21]

この津波に関する伝説・伝承は25例が確認され、宮城県気仙沼市から茨城県大洋村(現・鉾田市)にかけて分布している。これを基に宮城県 - 茨城県沖の日本海溝沿いに長さ230km、幅50kmの断層モデルが仮定され、M8.5が推定されていた[22]

陸奥国地大震動を十和田カルデラの噴火に関連するものと考えた研究も存在するが[6]、古くから吉田東伍は「流光如昼隱映」は噴火によるものとは限らず、この発光現象は他に原因があるものと考えていた。十和田カルデラの噴火は『扶桑略記』にある915年延喜15年)に発生したと推定されており、このテフラの堆積物(火山灰)は貞観津波堆積物層(砂)の直上に位置し、貞観津波堆積物と明確に区別可能であり、またこの堆積物が貞観津波によるものであることを容易に識別させる時代考証の指標にもなっている[23]

『日本三代実録』の「陸奥国境、地震尤甚、或海水暴溢而為患」の記録の内「国境」とは「陸奥国の境の内」の意味であって陸奥国中の広い範囲で尤も甚だしく被害が出るほどであったと解釈され[24]、「陸奥国又異常奈留地震之灾言上多利。自餘国国毛、又頗有件灾止言上多利」の記述は、地震・津波被害が陸奥国に留まらず、隣国すなわち常陸国も同様である事を朝廷に報告したと読め、広い範囲に及ぶものであったと解釈される[25][26]

津波堆積物調査と震源域推定[編集]

津波堆積物等の研究結果による想定震源域は、現在の宮城県沖から福島県沖とされている[27][28]。更に、宮城県沖・福島県沖に加えて、三陸沖も震源域となった巨大地震であったとする説もある[29]

仙台平野では津波が仙台湾の海岸線から3km侵入したことは、既に1990年に東北電力女川原子力発電所建設のために調査して発表されていた[20][30][31]

2000年代になると、ボーリング調査等による仙台平野の津波の痕跡の研究が長足の進歩を遂げた。仙台平野の沿岸部では、貞観地震の歴史書が記述するとおり、1000年ほど前に津波が内陸深く溯上したことを示す痕跡が認められた。ところが研究が進むにつれ、この種の津波の痕跡には、貞観津波を示すと思われるもの以外にもいくつか存在することが明らかとなった。東北大学大学院工学研究科附属災害制御研究センター等の研究では、仙台平野に過去3000年間に3回の津波が溯上した証拠が堆積物の年代調査から得られ、間隔は800年から1100年と推測されている。また、推定断層モデルから9m程度の津波が、7- 8分間隔で繰り返し襲来していたと考えられる[27]。2007年10月には、津波堆積物調査から、岩手県沖(三陸沖) - 福島県沖または茨城県沖まで震源域が及んだ、M8.6の連動型巨大地震の可能性が指摘されている[32]

2011年平成23年)3月11日には三陸沖を震源として、岩手県沖から茨城県沖までの広範囲を震源域とするMw9.0の連動型超巨大地震東北地方太平洋沖地震」(東日本大震災)が発生した。貞観地震と同様に広範囲を震源域として内陸部まで被害が及ぶ巨大・広域津波が発生している点、さらに上記の800年から1100年間隔で同様の地震が発生するという推測などから、この地震は貞観地震との関連性が指摘されている[33]

2011年8月、津波堆積物の年代比較調査により、過去3500年間に東日本沿岸を少なくとも7回以上の大津波が襲い、その津波を起こしたのは千島海溝から日本海溝沿いにかけての4つの震源域のいずれか、または複数が連動活動して発生したM9クラスの地震と推定されたとの結果が公表された。貞観地震もその1つと考えられている[34] [35]

規模[編集]

河角廣(1951)により規模MK = 7.5が与えられ[36]、マグニチュードはM8.6に換算されていた。宇佐美龍夫(1970)は、昭和三陸地震より大きいと考えられるが1960年チリ地震でも当時はMs8.5とされ、M8.6には及ばないと考え、M8.3 - 8.4が妥当であるとした[37]。しかし当時はモーメントマグニチュードの概念は存在しなかった。宇佐美龍夫(2003)では推定値に幅を持たせてM8.3±14としている[38]

仙台平野で見出された津波堆積物に基づく産業技術総合研究所の断層モデルによる推定ではM8.4前後とされたが[23]、これは宮城県沖から福島県沖に例えば長さ200kmの断層モデルを置くとした場合の推定であり、津波堆積物の見出される範囲を浸水域と仮定していた。

その後さらに三陸海岸にも津波堆積物が発見され震源域がさらに広がり[39]、また、東北地方太平洋沖地震では津波堆積物よりもさらに内陸側まで浸水していたことが指摘され、プレート間の滑りが大きく海溝軸付近まで断層破壊域が伸びていた可能性もあり、その規模は従来の推定のMw8.4を大きく上回り東北地方太平洋沖地震に匹敵する可能性があるとも考えられている[33][40]

また、地形から推定される東北地方太平洋岸の隆起量と、地質学的に観測される歪み速度、および潮位データによる沈降速度とを総合的に見ると、M9クラスの巨大地震が繰り返し発生しないと合理的に説明できないとされる[41]。纐纈一起(2011)は東北地方太平洋沖のプレート境界の歪のエネルギーを分析し、1000年に1度では歪がたまり過ぎるとしてM9クラスの地震が約440年に一度発生すると試算し、貞観地震もその候補になるとした[42]。従来M8.4程度と推定されてきた歴史地震はモーメントマグニチュード尺度ではMw9クラスになる可能性があり、宝永地震などと共にMw9クラスの超巨大地震と推定される可能性がある[43]

歴史への影響[編集]

864年貞観の富士山噴火、869年の貞観地震・津波、869年疫病の流行などが起こったため、自然と社会を見つめ宮廷政治が整えられ、宮廷文化が生まれた[44]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 壁:しょう-へき。石・煉瓦・土などで築いた塀・垣根・囲い。
  2. ^

    冬十月・・・十三日丁酉、 詔曰、義農異代、未隔於憂勞、堯舜殊時、猶均於愛育、豈唯地震周日、姫文於是責躬、旱流殷年、湯帝以之罪己、朕以寡昧、欽若鴻圖、脩徳以奉靈心、莅政而從民望、思使率土之内、同保福於遂生、編戸之間、共銷灾於非命、而惠化罔孚、至誠不感、上玄降譴、厚載虧方、如聞、陸奧國境、地震尤甚、或海水暴溢而爲患、或城宇頽壓而致殃、百姓何辜、罹斯禍毒、憮然媿(異本は愧)懼、責深在予、今遣使者、就布恩煦、使與國司、不論民夷、勤自臨撫、既死者盡加收殯、其存者詳崇賑恤、其被害太甚者、勿輸租調、鰥寡孤獨、窮不能自立者、在所斟量、厚宜支濟、務盡矜恤之旨、俾若朕親覿焉、

  3. ^

    十二月・・・十四日丁酉、遣使者於伊勢大神宮、奉幣。告文曰:「天皇我詔旨止、掛畏岐伊勢乃度會宇治乃五十鈴乃河上乃下都磐根爾大宮柱廣敷立、高天乃原爾千木高知天、稱言竟奉留天照坐皇大神乃廣前爾、恐美恐美毛申賜倍止申久。去六月以來、大宰府度度言上多良久:『新羅賊舟二艘、筑前國那珂郡乃荒津爾到來天豐前國乃貢調船乃絹綿乎掠奪天逃退多利。』又廳樓兵庫等上爾、依有大鳥之恠天卜求爾、鄰國乃兵革之事可在止卜申利。又肥後國爾地震風水乃灾有天、舍宅悉仆顛利、人民多流亡多利。如此之比古來未聞止、故老等毛申止言上多利。然間爾、陸奧國又異常奈留地震之灾言上多利。自餘國國毛、又頗有件灾止言上多利。傳聞、彼新羅人波我日本國止久岐世時與利相敵美來多利。而今入來境内天、奪取調物利天、無懼沮之氣、量其意況爾、兵寇之萌自此而生加、我朝久無軍旅久專忘警多利。兵亂之事、尤可慎恐。然我日本朝波所謂神明之國奈利。神明之助護利賜波、何乃兵寇加可近來岐。況掛毛畏岐皇大神波、我朝乃大祖止御座天、食國乃天下乎照賜比護賜利。然則他國異類乃加侮致亂倍久事乎、何曾聞食天、驚賜比拒卻介賜波須在牟。故是以王-從五位下-弘道王、中臣-雅樂少允-從六位上-大中臣朝臣-冬名等乎差使天、禮代乃大幣帛遠を、忌部-神祇少祐-從六位下-齋部宿禰-伯江加弱肩爾太襁取懸天、持齋令捧持天奉出給布。此狀乎平介久聞食天、假令時世乃禍亂止之天、上件寇賊之事在倍久物奈利止毛、掛毛畏支皇大神國内乃諸神達乎毛唱導岐賜比天、未發向之前爾沮拒排卻賜倍。若賊謀已熟天兵船必來倍久在波、境内爾入賜須天之、逐還漂沒女賜比天、我朝乃神國止畏憚禮來禮留故實乎澆多之失比賜布奈。自此之外爾、假令止之天、夷俘乃造謀叛亂之事、中國乃刀兵賊難之事、又水旱風雨之事、疫癘飢饉之事爾至萬天爾、國家乃大禍、百姓乃深憂止毛可在良牟乎波、皆悉未然之外爾拂卻鎖滅之賜天、天下無躁驚久、國内平安爾鎮護利救助賜比皇御孫命乃御體乎、常磐堅磐爾與天地日月共爾、夜護晝護爾護幸倍矜奉給倍止、恐美恐美毛申賜久止申。」

出典[編集]

  1. ^ 日本三代実録
  2. ^ 宮城県石巻・仙台平野および福島県請戸川河口低地における869年貞観津波の数値シミュレーション (PDF)産業技術総合研究所活断層・地震研究センター)
  3. ^ 。(座談会(後編)「災害の歴史から何を学び、どう向き合うか 災害列島に生きた人々」保立道久他/ 保立道久・成田龍一監修、北島糸子他著『津波、噴火………日本列島地震の2000年史』 朝日新聞出版 2013年 96ページ)
  4. ^ a b 吉田東伍(1906) (PDF) 吉田東伍 「貞観十一年 陸奥府城の震動洪溢」『歴史地理』 第8巻、第12号、1906年
  5. ^ a b 今村明恒(1934) 今村明恒 「三陸沿岸に於ける過去の津浪に就て」『東京帝国大学地震研究所 地震研究所彙報別冊』 第1号, 1934, pp. 1-16.
  6. ^ a b 伊藤一允 「貞観十一年「陸奥国地大震動」と十和田火山についてのノート」『弘前大学国史研究』 第100号、1997年
  7. ^ “第二十一巻 貞観地震からの復興~前編”. ハザードラボ. (2013年7月26日). http://www.hazardlab.jp/think/news/detail/2/2/2234.html/CK2013070402000169.html 2013年7月26日閲覧。 
  8. ^ “京都市:門川市長,祗園祭山鉾連合会吉田理事長共同記者会見”. 京都市. (2011年6月15日). http://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000102786.html 2014年2月9日閲覧。 
  9. ^ 公卿補任」「蔵人補任」「国司補任」より
  10. ^ 保立道久の研究雑記 保立道久(2011): 地震火山19貞観地震翌々年の出羽鳥海山の噴火
  11. ^ 2011年 東北地方太平洋沖地震 過去に起きた大きな地震の余震と誘発地震東京大学地震研究所:広報アウトリーチ室)
  12. ^ 藤井敏嗣、Newton, 2013年2月号、ニュートンプレス
  13. ^ 今村明恒(1936) 今村明恒(1936): 日本に於ける過去の地震活動に就いて (未定稿) , 地震 第1輯, Vol.8, No.3, 121-134.
  14. ^ 早川由紀夫(1999) 早川由紀夫(1999): 日本の地震噴火が9世紀に集中しているのはなぜだろうか?, 歴史地震, 第15号, 24.
  15. ^ 「浮かび上がるスーパーサイクル」日経サイエンス 2012年2月号
  16. ^ 「国史が語る千年前の大地動乱」日経サイエンス 2011年6月号
  17. ^ 阿賀野市立吉田東伍記念博物館 吉田東伍記念博物館友の会通信
  18. ^ 日本損害保険協会 (PDF) 特集2 東日本大震災と歴史津波
  19. ^ 今村明恒 『鯰のざれごと』 三省堂、1941年
  20. ^ a b 阿部壽(1990) 阿部壽・菅野喜貞・千釜章(1990): 仙台平野における貞観11年 (869年) 三陸津波の痕跡高の推定,地震 第2輯, Vol.43. No.4, pp513-525,JOI:JST.Journalarchive/zisin1948/43.513
  21. ^ 飯沼勇義 『仙台平野の歴史津波 巨大津波が仙台平野を襲う』 宝文堂、1995年
  22. ^ 渡邊偉夫 「伝承から地震・津波の実態をどこまで解明できるか-貞観十一年(689年〔ママ〕)の地震・津波を例として-」『歴史地震』第17号、130-146、2001年
  23. ^ a b 平安の人々が見た巨大津波を再現する-西暦869年貞観津波 (PDF)産業技術総合研究所 活断層・地震研究センター「AFERC NEWS No.16 August 2010」)
  24. ^ 保立道久の研究雑記 保立道久(2011): 9世紀火山地震(5)--貞観地震
  25. ^ 都司嘉宣(2011) (PDF) 都司嘉宣(2011): 歴史記録の上のミレニアム津波
  26. ^ 都司嘉宣『千年震災』ダイヤモンド社、2011年
  27. ^ a b まなびの杜 2001年 夏 No.16 津波災害は繰り返す -箕浦 幸治 東北大学大学院工学研究科。
  28. ^ 西暦869年貞観地震に伴う津波の研究 (PDF) 産業技術総合研究所 地質調査総合センター
  29. ^ 大阪市立大学、地質工学専門 原口強・鳥居和樹・今泉俊文・宮内崇裕・島崎邦彦,三陸沿岸宮古湾,葉の子浜の津波堆積物,北淡活断層シンポジウム2007講演要旨集,43-46,2007.
  30. ^ 東北電、90年に大津波の論文 福島原発に生かされず
  31. ^ Minoura, K. and Nakaya, S. (1991):Trances of tsunami preserved in inter-tidal lacustrine and marsh deposits: some examples from northeast Japan. Journal of Geology, 99, 265-287.
  32. ^ 岡村行信; 宍倉正展et al. (2007年9月28日). 古地震研究報告 第7号(2007年)・石巻平野における津波堆積物の分布と年代”産業技術総合研究所断層・地震研究センター
  33. ^ a b 島崎邦彦(2011) 島崎委員提出資料 (PDF) 島崎邦彦 「超巨大地震,貞観の地震と長期評価」『科学』2011年5月号
  34. ^ “M9級、3500年間に7回 北海道から三陸に巨大津波” (日本語). 北海道新聞. (2012年1月26日). http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/346130.html 2012年1月29日閲覧。 
  35. ^ 平川委員提出資料 (PDF) 平川一臣 他 「過去6000年間の三陸超巨大古津波履歴を示す二つの露頭」
  36. ^ Kawasumi(1951) 有史以來の地震活動より見たる我國各地の地震危險度及び最高震度の期待値,東京大學地震研究所彙報. 第29冊第3号, 1951.10.5, pp. 469-482
  37. ^ 宇佐美龍夫(1970) 宇佐美龍夫、茅野一郎(1970): 河角の規模と気象庁の規模との関係, 東京大学地震研究所彙報, 第48冊第5号, pp923-933.
  38. ^ 宇佐美龍夫 『日本被害地震総覧』 東京大学出版会、2003年
  39. ^ 河北新報、2011年08月22日 「気仙沼、6000年に6回大津波「貞観」石巻以北も到達か」 河北新報、2011年08月22日
  40. ^ 行谷佑一(2012) (PDF) 行谷佑一,佐竹健治,藤井雄士郎, 山木滋(2012): [講演要旨]西暦869年貞観地震津波と2011年地震津波の波源の比較,歴史地震, No.27, pp69.
  41. ^ M9になった理由について 第190回地震予知連絡会(2011年) 議事概要
  42. ^ 纐纈一起(2011) M9級の大地震は440年間隔で発生か 2011年10月13日/スーパーニュース
  43. ^ 神沼克伊 『次の超巨大地震はどこか?』 サイエンス・アイ新書、2011年
  44. ^ 「災害が政治整え 宮廷文化生む」五味文彦(東大名誉教授)日本経済新聞2014年6月5日夕刊14面

参考文献[編集]

  • 読売新聞「平安大震災」岡本公樹記者 2011年5月18日、25日
  • 『大日本地震史料 上巻』 震災予防調査会編、丸善1904年 pp.38-39(日本三代実録)国立国会図書館サーチ
  • 『大日本地震史料 増訂 第一巻 自懿徳天皇御宇至元祿七年』 武者金吉、文部省震災予防評議会、1941年 p.78(日本三代実録)国立国会図書館サーチ
  • 『新収 日本地震史料 第一巻 自允恭天皇五年至文禄四年』 東京大学地震研究所、日本電気協会、1983年 p.22
  • 『新収 日本地震史料 続補遺 自天平六年至大正十五年』 東京大学地震研究所、日本電気協会、1994年 p.2
  • 宇佐美龍夫 『日本の歴史地震史料 拾遺二 自成務天皇三年至昭和三十九年』 東京大学地震研究所、2002年3月 p.2
  • 宇佐美龍夫 『日本の歴史地震史料 拾遺三 自斉衡二年至昭和二十一年』 東京大学地震研究所、2005年3月 pp.3-10

関連項目[編集]

外部リンク[編集]