富士見村 (群馬県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ふじみむら
富士見村
廃止日 2009年5月5日
廃止理由 編入合併
富士見村 → 前橋市
現在の自治体 前橋市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 群馬県
勢多郡
団体コード 10303-9
面積 70.42km².
総人口 22,297
推計人口、2009年5月1日)
隣接自治体 前橋市渋川市
桐生市沼田市
富士見村役場
所在地 371-0192
群馬県勢多郡富士見村大字田島240番地
外部リンク 富士見村の公式サイト

富士見村 (群馬県)位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

富士見村(ふじみむら)は、群馬県の中部に位置した、赤城山の南面に広がるである。2009年5月5日前橋市に編入され、廃止された。

地理[編集]

関東平野の北西端にあり、赤城山の山頂周辺から南側にかけて南北に長い村域である。

赤城山の山頂には大沼、小沼と呼ばれるカルデラ湖があり、周囲にはミズバショウなどの高山植物が生息する覚満淵という湿原がある。冬季における大沼でのワカサギ釣り、その周辺の白樺つつじが有名である。四季を通じてこれらの自然に彩られており、多くの観光客が訪れる。

村の北半分は人家は殆ど無く大部分が森林なのに対して、南半分は緩やかな丘陵地帯であり、畑作を中心とした都市近郊農業地帯である。南側と東側は県都前橋市に隣接しており都市部から住民が流入、人口が増加し、全国で4番目に人口の多い村であった。

隣接している自治体[編集]

歴史[編集]

沿革[編集]

  • 明治22年に、赤城南面の田島、引田、横室、原之郷、小沢新田、時沢、小暮、皆沢新田、漆窪、石井、市之木場、山口、米野の13ヶ村が合併。これらの村から南方に富士山を見ることができたことと、富士山を望める13令制国をいう「富士見十三州」との語呂あわせで「富士見村」と名付けられた。
  • 1993年9月1日勢多郡北橘村と境界変更。
  • 1996年11月1日前橋市と境界変更。
  • 1998年11月1日、前橋市と境界変更。
  • 2009年5月5日、前橋市へ編入合併。

行政[編集]

前橋市、前橋広域圏との合併協議経緯[編集]

2001年夏に新潟県にて行われた、前橋広域圏5市町村(前橋市大胡町宮城村粕川村富士見村)の首長による会合(いわゆる「弥彦会談」)にて「合併特例法期限内に熟度の高まった所から順次合併」という方針が出され、富士見村を含む前橋地域合併が動き出した。

弥彦会談では、実質的には4町村が「前橋市に編入」ということで大筋合意していたが、富士見村議会から待ったがかかる形となり、2002年に前橋広域圏の任意合併協議会が開催されるも参加しなかった。当時の関口村長が議会の圧力もあり自立を表明。このため、村長は住民によるリコールで失職する。

このリコールにより村民から「前橋市との合併」という民意の意思表示が成されたにもかかわらず、その後就任した星野村長は当初「中立」というスタンスを取り、再度、住民投票という形で民意を問うこととなった。結果、合併賛成が63%となり、ここでようやく前橋市との1市1村で法定合併協議会を設置する。他の町村との合併協議会に加わらなかったのは、この時点ではまだ議会が合併に難色を示し先行きが不透明で、他の町村に迷惑をかけないためである。

前橋市と大胡・宮城・粕川の各町村の合併協議は順調に進み、2003年秋に合併調印。この1町2村は2004年12月5日に前橋市に編入された。そして、前橋・富士見の合併協議も2004年夏に「2005年5月1日前橋市に編入合併」で決着、調印された。しかし、その後富士見村議会が民意を無視して合併に反対。2度出された合併議案を共に否決し、星野村長は「自立」を表明した。

合併破談後、前橋広域圏行政の消滅に伴い、消防など一部行政を前橋市へ事務委託しようとしたが前橋市が一方的な合併破棄を理由に難色を示し、結局県などの仲裁により委託を取り付けた。その後、合併協議会は解散し合併調印も取り消された。

これらにより富士見村民は、広域圏行政下で優遇されていた前橋市営斎場利用料や市立工科大学入学料をはじめとする優遇措置を廃止され、前橋市立図書館の利用も市内に通勤、通学する村民以外は原則不可とされた。

また10年間の投資的事業費が合併時の70億円に対して、合併しない場合130億円見込める事が自立の論拠の一つとされたが、実際には2005年度の投資的経費は計画の半額であり、議会は紛糾した。

しかし、2007年4月の村長選で合併推進派の福島節夫が当選、村議選でも合併推進派の勢力が拡大した事から、前橋市との合併に弾みがつき、2008年1月15日に合併協議会が設置され、「2009年5月5日に前橋市に編入合併」で決着を付けた。


財政[編集]

平成18年度[編集]

  • 財政力指数 0.564 群馬県市町村平均 0.60
  • 経常収支比率 89.8% 
  • 人口一人当たり地方債現在高 22万6423円 (普通会計分のみ) 群馬県市町村平均 14.0
  • 実質公債費比率 9.9% 群馬県市町村平均 14.0% 健全な財政である
  • 人口一人当たり人件費物件費等決算額 9万1681円 群馬県市町村平均 11万6415円
  • 人口1000人当たり職員数 5.40人 群馬県市町村平均 7.90人
    • 内訳 一般職員123人(うち技能労務職12人)
    • 職員一人当たり平均給料月額 32万2400円 すべての職員手当を含まない数字
    • 職員一人あたり人件費概算値(年額) 887万5390円 (人件費/職員数)
  • ラスパイレス指数 97.2 全国町村平均 93.9

地方債の残高

  • 1普通会計分の債務 51億6200万円
  • 2特別会計分の債務 68億5800万円
    • 内訳 下水道事業分 25億6400万円 農業集落排水事業分 27億1400万円 水道事業分 15億8000万円
  • 3関係する一部事務組合分の債務 0円
  • 4第三セクター等の債務保証等に係る債務 0円

地方債残高の合計 120億2000万円 (連結会計)

  • 富士見村民一人当たりの地方債等残高 52万7239円 (連結会計)

地域[編集]

教育[編集]

  • 富士見村立富士見中学校(現:前橋市立富士見中学校)
  • 富士見村立白川小学校(現:前橋市立白川小学校)
  • 富士見村立石井小学校(現:前橋市立石井小学校)
  • 富士見村立原小学校(現:前橋市立原小学校)
  • 富士見村立時沢小学校(現:前橋市立時沢小学校)

交通[編集]

路線バス[編集]

  • 関越交通、前橋駅 - 富士見温泉(乗換) - 赤城山大祠 - 赤城山ビジターセンター(6~10月は直通便あり)
  • 日本中央バス、前橋駅 - 富士見温泉(石井線と山口線の2系統)

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

出身有名人[編集]

外部リンク[編集]