黒保根村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黒保根村
廃止日 2005年6月13日
廃止理由 編入合併
黒保根村新里村桐生市
現在の自治体 桐生市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 群馬県
勢多郡
団体コード 10308-0
面積 101.50km²
総人口 2,610
推計人口、2005年6月1日)
隣接自治体 沼田市山田郡大間々町
勢多郡富士見村新里村東村
村の木 黒檜夏椿
村の花 サクラツツジアジサイ
他のシンボル -
黒保根村役場
所在地 376-0196
群馬県勢多郡黒保根村大字水沼182-3
座標 東経139度17分14秒
北緯36度29分54秒
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

黒保根村(くろほねむら)は、群馬県勢多郡に属していた。人口約2,700人で、2005年6月13日桐生市編入合併され、その116年の歴史に幕を下ろした。村域は「桐生市黒保根町」となった。

地理[編集]

村内のほとんどが森林地帯であり、自然に富み、村内の各場所で湧き水が湧き出ている。代表的な村内の山は、上毛三山の赤城山がある。その他に、荒神(こうじん)山栗生(くりう)山がある。また、村の中心部を渡良瀬川が流れ、村内のの多くが流れ込んでいる。

行政[編集]

村議会は無所属議員が大多数であるが、日本共産党の議員が1名在籍していた。

経済[編集]

産業[編集]

産業は専ら農業林業であった。しかし村の財政への影響力は皆無であった。昭和30年代ごろまでは養蚕業が盛んで明治期には群馬県初の民間経営の製糸所である水沼製糸所が建てられた。各地には桑畑が広がり、家々からは機織りの音が聞こえた程だった。現在は畑の数は激減し製糸所も廃止になり、所々に荒れ果てた桑畑が散見される。国道122号沿いには道の駅があり、そこにあるコンビニエンスストアは売上高トップクラスを誇り北関東一の売上だった時期もある。

歴史[編集]

著名な出身者[編集]

寺社[編集]

神社[編集]

寺院[編集]

交通[編集]

道路[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

教育[編集]

保育園[編集]

小学校[編集]

中学校[編集]

関連項目[編集]