高山村 (群馬県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たかやまむら
高山村
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 群馬県
吾妻郡
団体コード 10428-1
面積 64.16 km²
総人口 3,714
推計人口、2014年9月1日)
人口密度 57.9人/km²
隣接自治体 渋川市沼田市
利根郡みなかみ町吾妻郡中之条町
村の木 ナラ
村の花 リンドウ
村の鳥 ヤマドリ
高山村役場
所在地 377-0702
群馬県吾妻郡高山村大字中山2856-1
北緯36度37分14.7秒東経138度56分36.9秒
Takayama village office in Gunma.JPG
外部リンク 高山村公式サイト

高山村 (群馬県)位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

高山村(たかやまむら)は、群馬県中北西部、吾妻郡に属する。吾妻郡の東端に位置し、ほぼ四方を山に囲まれる山村である。村内のもっとも低いところでも標高約420mであり、もっとも高いところは標高1250mを超える。1998年10月1日に施行された光環境条例によって、夜空が守られている。

地理[編集]

権現峠にあるロックハート城

山岳[編集]

  • 三並山 - 以下の3つの山が連なって見えることからこう呼ばれる。
    • 小野子山 - 渋川市(旧小野上村)との境。標高1208.3m。
    • 中ノ岳 - 渋川市との境。標高1188m。
    • 十二ヶ岳 - 渋川市(旧小野上村)との境。標高1200.9m。
  • 破風山(はふやま) - みなかみ町(旧新治村)との境。標高1068m。
  • 切ヶ久保峠 - みなかみ町(旧月夜野町)との境。
  • 赤根峠 - みなかみ町(旧月夜野町)との境。県道36号上に全長913m赤根トンネルが1997年5月に開通した。峠道は旧道として残っているが、2013年4月現在、単管バリケードが置かれ通行不能となっている。
  • 権現峠 - 沼田市との境。国道145号が通過する。そばに大理石村ロックハート城がある。
  • 子持山 - 山頂が沼田市と渋川市との境にある標高1296.1mの山。山の西側の大部分が村内にある。
    • 合之沢橋 - 県道36号上にある橋。渋川市(旧小野上村)との境。
  • 中山峠 - 県道36号上にある。ほかの自治体との境にはなっていない。

河川[編集]

利根川水系であり、吾妻川の支流の名久田川が流れている。

  • 利根川
    • 吾妻川
      • 名久田川(以下の川が村内で合流し、中之条町へ流れる)
        • 火之口川
        • 赤狩川
        • 判形沢川
        • 役原川
        • 五領沢川
        • 西沢川
        • 梅沢川

隣接する自治体[編集]

1. 渋川市小野上地区
2. みなかみ町月夜野地区
3. 中之条町
4. みなかみ町新治地区
5. 沼田市


沿革[編集]

  • 1878年明治11年)12月7日 - 郡区町村編制法の群馬県での施行により、行政区画としての西群馬郡を設置。
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い、西群馬郡の尻高村と中山村が合併し高山村が誕生。(現・高山村尻高、高山村中山)
  • 1896年(明治29年)4月1日 - 高山村が西群馬郡から吾妻郡へ編入され、現在に至る。
  • 1953年昭和28年)5月18日 - 二級国道145号長野原沼田線として指定施行。
  • 1965年(昭和40年)4月1日 - 二級国道145号が道路法改正により一級・二級区分が廃止されて一般国道145号となる。

行政[編集]

  • 村長 - 荒木毅(2006年3月31日 - 現職)[1]
  • 副村長 - 野上冨士夫[2]
  • 教育長 - 高橋直幸[2]
  • 教育委員長 - 関亜刀美[3](2013年10月1日 - )

歴代村長[編集]

氏名 就任日
有馬俊平 1889年(明治22年)5月17日
2 星野善内 1889年(明治22年)12月10日
3 田村和七郎 1893年(明治26年)2月9日
4 松井豊八 1895年(明治28年)9月3日
5 大沢惣蔵 1897年(明治30年)7月4日
6 後藤晋之丈 1898年(明治31年)2月12日
7 林善一郎 1899年(明治32年)5月8日
8 都筑爲吉 1900年(明治33年)12月21日
9 平形亀三郎 1905年(明治38年)1月9日
10 奈良五郎作 1905年(明治38年)12月11日
11 唐沢国太 1906年(明治39年)12月3日
12 佐藤春吉 1907年(明治40年)5月25日
13 後藤景太 1909年(明治42年)6月2日
14 奈良五郎作 1912年(明治45年)1月25日
15 飯塚義晃 1913年(大正2年)8月14日
16 斉藤幸助 1913年(大正2年)11月3日
17 松井豊八 1914年(大正3年)8月17日
18 - 20 奈良五郎作 1915年(大正4年)4月12日
21 林善一郎 1920年(大正9年)11月8日
22 - 23 奈良新八郎 1924年(大正13年)4月22日
24 佐藤濱吉 1931年(昭和6年)12月3日
25 笠原喜和造 1932年(昭和7年)10月26日
26 都筑和平 1935年(昭和10年)3月27日
27 - 28 松井信一 1939年(昭和14年)4月15日
29 飯塚晃 1947年(昭和22年)4月7日
30 奈良五郎作 1951年(昭和26年)4月13日
31 高柳晴夫 1954年(昭和29年)5月14日
32 - 33 平形亀三郎 1958年(昭和33年)5月14日
34 - 35 後藤正作 1966年(昭和41年)5月14日
36 - 37 平形満雄 1974年(昭和49年)3月31日
38 - 39 平形亀三郎 1982年(昭和57年)3月31日
40 - 43 割田良次 1990年(平成2年)3月31日
44 - 現職 荒木毅 2006年(平成18年)3月31日

警察[編集]

消防[編集]

  • 吾妻広域消防本部東部消防署中之条分署管内。
  • 村内には高山村消防団がある。

人口[編集]

Demography10428.svg
高山村と全国の年齢別人口分布(2005年) 高山村の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 高山村
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
高山村(に該当する地域)の人口の推移
1970年 4,161人
1975年 4,421人
1980年 4,788人
1985年 4,079人
1990年 4,087人
1995年 4,088人
2000年 4,348人
2005年 4,351人
2010年 3,905人
総務省統計局 国勢調査より

教育[編集]

群馬パース福祉専門学校

経済[編集]

金融機関[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

路線バス[編集]

関越交通バス

観光[編集]

群馬県立ぐんま天文台

出身著名人[編集]

その他[編集]

  • 日本の村の中での人口順位は183村中69位であり、群馬県内では8村中6位。(日本の村の人口順位を参照)
  • 村の面積(約64km2)は山手線の内側の面積(約63km2)にほぼ等しい。

脚注[編集]

  1. ^ 村長挨拶
  2. ^ a b 「広報たかやま2013年5月号」(地域振興課発行)
  3. ^ 「広報たかやま2013年11月号」(地域振興課発行)
  4. ^ 一部文献では名久多

関連項目[編集]

外部リンク[編集]