若山牧水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
若山 牧水
(わかやま ぼくすい)
Wakayama Bokusui.jpg
若山牧水
誕生 若山繁
1885年8月24日
宮崎県東臼杵郡東郷村(現・日向市
死没 1928年9月17日(満43歳没)
静岡県沼津市
職業 歌人
最終学歴 早稲田大学英文科
ジャンル 短歌
主題 自然  恋愛 
代表作 別離』(1910年)
処女作 『海の声』(1908年)
配偶者 太田喜志子
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

若山 牧水(わかやま ぼくすい、1885年明治18年)8月24日 - 1928年昭和3年)9月17日)は、戦前日本歌人。本名・繁(しげる)。

略歴[編集]

若山牧水の銅像(宮崎県総合文化公園)

宮崎県東臼杵郡東郷村(現・日向市)の医師・若山立蔵の長男として生まれる。1899年(明治32年)宮崎県立延岡中学校に入学。短歌俳句を始める。18歳のとき、号を牧水とする。

1904年(明治37年)早稲田大学文学科に入学。同級生の北原射水(後の白秋)、中林蘇水と親交を厚くし、「早稲田の三水」と呼ばれる。 1908年(明治41年)早稲田大学英文学科卒業。7月に処女歌集『海の声』出版。翌1909年(明治42年)中央新聞社に入社。5ヶ月後に退社。

1911年(明治44年)創作社を興し、詩歌雑誌「創作」を主宰する。この年、歌人・太田水穂を頼って長野より上京していた後に妻となる太田喜志子と水穂宅にて知り合う。1912年(明治45年)友人であった石川啄木の臨終に立ち合う。同年、喜志子と結婚。1913年大正2年)長男・旅人(たびと)誕生。その後、2女1男をもうける。

1920年(大正9年)沼津の自然を愛し、特に千本松原の景観に魅せられて、一家をあげて沼津に移住する。大正11年10月、御代田駅より岩村田へ向かい、佐久ホテルに逗留し、数々の作品を残す。1926年(大正15年)詩歌総合雑誌「詩歌時代」を創刊。この年、静岡県が計画した千本松原伐採に対し、新聞に計画反対を寄稿するなど運動の先頭に立ち、計画を断念させる。1927年(昭和2年)妻と共に朝鮮揮毫旅行に出発し、約2ヶ月間にわたって珍島金剛山などを巡るが、体調を崩し帰国する。翌1928年夏頃より病臥し、自宅で死去する。享年43。沼津の千本山乗運寺に埋葬される。戒名は古松院仙誉牧水居士。

牧水の死後、詩歌雑誌「創作」は歌人であった妻・喜志子により受け継がれた。長男・旅人も歌人となり、沼津市立若山牧水記念館の第2代館長をつとめた。

作家評[編集]

旅を愛し、旅にあって各所で歌を詠み、日本各地に歌碑がある。大の酒好きで、一日一程度の酒を呑んでいたといい、死の大きな要因となったのは肝硬変である。ちなみに、夏の暑い盛りに死亡したのにもかかわらず、死後しばらく経っても死体から腐臭がしなかったため、「生きたままアルコール漬けになったのでは」と、医師を驚嘆させた、との逸話がある。自然を愛し、特に終焉の地となった沼津では千本松原や富士山を愛し、千本松原保存運動を起こしたり富士の歌を多く残すなど、自然主義文学としての短歌を推進した。

沼津市の若山牧水記念館

また、情熱的な恋をしたことでも知られており、喜志子と知り合う前の園田小枝子との熱愛は有名なエピソードである。出身地・宮崎県では牧水の功績を称え、1996年平成8年)より毎年、短歌文学の分野で傑出した業績を挙げた者に対し「若山牧水賞」を授与している。

牧水は埼玉県秩父地方を数度訪れて、歌と紀行文を残している。秩父市の羊山公園には「牧水の滝」と名づけられた滝があり、そこには

「秩父町出はづれ来れば機をりのうたごゑつゞく古りし家竝に」

という秩父の春を歌った碑がある。

作品[編集]

歌集[編集]

  1. 海の声(1908年7月出版)
  2. 独り歌へる(1910年1月出版)
  3. 別離(1910年4月出版)
  4. 路上(1911年9月出版)
  5. 死か芸術か(1912年9月出版)
  6. みなかみ(1913年9月出版)
  7. 秋風の歌(1914年4月出版)
  8. 砂丘(1915年10月出版)
  9. 朝の歌(1916年6月出版)
  10. 白梅集(1917年8月出版)
  11. さびしき樹木(1918年7月出版)
  12. 渓谷集(1918年5月出版)
  13. くろ土(1921年3月出版)
  14. 山桜の歌(1923年5月出版)
  15. 黒松(1938年9月出版)

紀行[編集]

  • みなかみ紀行
  • 木枯紀行

他、若山喜志子・大悟法利雄共編『若山牧水全集』雄鶏社(1958年 – 1959年)が刊行されている。 後に、Z会からも『若山牧水全集』が全13巻と補巻1巻で刊行されている(1992年-1993年)。

外部リンク[編集]