美浦村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
みほむら
美浦村
Miho Ibaraki.JPG
Miho Ibaraki chapter.JPG
美浦村章
Flag of Miho Ibaraki.JPG
美浦村旗
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 茨城県
稲敷郡
団体コード 08442-5
面積 66.57 km²
総人口 16,262
推計人口、2014年8月1日)
人口密度 244人/km²
隣接自治体 稲敷市稲敷郡阿見町
村の木 ヤマザクラ
村の花 ヤマユリ
美浦村役場
所在地 300-0492
茨城県稲敷郡美浦村受領1515番地
北緯36度0分16.3秒東経140度18分6.8秒
Miho Village Hall.jpg
外部リンク 美浦村の公式サイト

美浦村位置図

― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

美浦村(みほむら)は茨城県稲敷郡にある霞ヶ浦に面した。茨城県内で2つしかない村の一つである(もう一つは東海村)。

概要[編集]

霞ヶ浦の南西に位置し、人口18,199人、面積34.03 km²(2007年8月1日)。 村内には日本中央競馬会(JRA)の美浦トレーニングセンター日本テキサスインスツルメンツの美浦工場、ホギメディカルの美浦工場があり、財政は比較的安定している。

2006年に西隣の阿見町との合併・市制施行(「霞南市(かなんし)」)が検討されていたが、2005年1月30日に執行された「美浦村の合併について村民の意思を問う住民投票」において反対多数の結果となり合併は中止となった。

インターネットスマホの影響で抑えられた家族や友人などを過ごす時間を増やすために2011年から「ノーテレビ・ノーゲーム運動」を取り組んでいる[1][2]

事件[編集]

「 課長補佐が部下殴る 美浦村役場略式起訴 」[編集]

2008年9月に美浦村役場で課長補佐が部下の男性に暴行を働きけがをさせる事件があり、土浦区検はこの上司を暴行罪で土浦簡裁に略式起訴した。 被害者の職員によると、暴行事件があったのは9月9日午後5時20分ごろ。庁内一斉清掃日のため、職場で床の掃き掃除をしていたところ、 課長補佐から、職員の30分前の窓口対応について「何でお前が出(対応し)ないんだ」と怒鳴られた。 職員が返事しかけたところ、振り向きざまに、拳で顔を1回殴られた。課長補佐はうずくまった職員の上体をねじり起こし暴行を続けようとしたという。 [3]

「 殴った上司に罰金8万円の略式命令 」[編集]

上司の課長補佐(54)に対し、土浦簡裁は、罰金8万円の略式命令を下した。 [4]

「 部下を殴って「カネ払え」と訴えた美浦村の逆ギレ幹部、水戸地裁もパワハラ共犯 」[編集]

三宅勝久「部下を殴って「カネ払え」と訴えた美浦村の逆ギレ幹部、水戸地裁もパワハラ共犯」 [5]

地理[編集]

  • 山:
  • 河川:清明川
  • 湖沼:霞ヶ浦

隣接している自治体[編集]

歴史[編集]

  • 縄文時代 - 陸平貝塚(国指定)がつくられる。
  • 1955年昭和30年) - 木原村・安中村と、舟島村の一部が合併し、霞(かすみ)村誕生。即日、美浦村に改称。
  • 1978年(昭和53年)4月10日 - JRA・美浦トレーニングセンターが開場。

行政区域変遷[編集]

  • 変遷の年表
  • 変遷表

人口[編集]

Demography08442.svg
美浦村と全国の年齢別人口分布(2005年) 美浦村の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 美浦村
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
美浦村(に該当する地域)の人口の推移
1970年 8,066人
1975年 8,161人
1980年 13,509人
1985年 14,162人
1990年 14,348人
1995年 17,767人
2000年 18,219人
2005年 18,118人
2010年 17,304人
総務省統計局 国勢調査より
  • 日本全国の村の中で、5番目に人口が多い。

行政[編集]

産業[編集]

漁業
  • 木原漁港
  • 安中漁港

姉妹都市・友好都市[編集]

教育[編集]

交通[編集]

バス[編集]

土浦駅などへ向かう路線バスがある。(ジェイアールバス関東 - 土浦支店

  • かつては茨城観光自動車による木原から竜ヶ崎駅へ向かう路線があったが廃業にともない、ジェイアールバス関東に移管された。その際に竜ヶ崎南高校まで延長して運行されたが、2010年9月30日限りで廃止された。
  • かつては東京駅行きの高速バスが村内を経由したが、2011年3月31日限りで廃止された。

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット[編集]

出身者[編集]


脚注[編集]

  1. ^ 「あたらしふるさとを、見つける旅 美しき村へ。」、『BRUTUS』(2013年9月1日)、マガジンハウス pp. 57
  2. ^ 美浦村公式ホームページ(ノーテレビ・ノーゲーム運動)
  3. ^ 朝日新聞 2009年3月5日
  4. ^ 朝日新聞 2009年3月7日
  5. ^ My News Japan 2012年11月28日
  6. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 8 茨城県』、角川書店、1983年 ISBN 4040010809より

外部リンク[編集]