マンマ・ミーア!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マンマ・ミーア!(Mamma Mia!)は、ABBA のヒット曲22曲にて構成される、いわゆるジュークボックス・ミュージカルの代表作の一つ。

概要[編集]

ギリシャの小さな島のホテル、「サマー・ナイト・シティ・タベルナ」を舞台とした母子家庭の物語。大人から子供まで楽しめるミュージカルの為、世界各地でロングランとなっている。1999年4月6日、ABBA がユーロビジョンコンテストで優勝した日のちょうど25周年にあたる日、ロンドンで初演された事も話題となった。

2009年7月現在、世界10都市(ロンドン、ニューヨーク、トロント等)で公演されている。2014年4月、ロンドン公演は15年を超え、また、2001年10月18日に始まったニューヨーク公演はRENTを抜いて史上9番目のロングラン記録を樹立しながら、いずれも現在もロングラン公演を継続中である。

日本では劇団四季のミュージカルとしてロングラン。東京汐留電通四季劇場[海]杮落しとして上演。2005年1月9日から大阪四季劇場杮落し演目として大阪にて上演されており、大阪四季劇場では2007年2月12日千秋楽2007年5月19日より2007年9月30日まで福岡シティ劇場にて公演。その後新名古屋ミュージカル劇場で公演が行われたが、2009年2月28日をもって千秋楽2010年5月23日広島公演が開幕(7月19日千秋楽)、2010年8月6日静岡で開幕、10月10日より仙台での公演が決定。さらに、12月には電通四季劇場[海]で再演(2011年9月4日千秋楽)し、2011年10月からは京都劇場で上演(2012年4月8日千秋楽)されている。

ABBAは、現在に至っても歌詞翻訳(つまりは訳詞)等を原則認めていないが、このミュージカルにおいては例外として各地の言語翻訳して上演することを認めている(2009年7月現在、日本語ドイツ語韓国語ロシア語中国語等計14言語)。日本語版(劇団四季版)のミュージカル「マンマ・ミーア!」のCDは2014年4月30日から販売されている。

さらに、メリル・ストリープ主演によるハリウッド映画化が行われ(マンマ・ミーア! (映画))、欧米諸国では2008年7月に封切られた。日本公開は世界で最も遅い2009年1月30日から公開され、同年6月4日に上映は終了した。

なお、おおむね2002年以降、日本では“Mamma Mia!”を「マンマ・ミーア!」と表記しているが、これは同年劇団四季日本語版を製作した際につけた同劇団独自のタイトルが普及したことによるものであり[1]、それ以前のカタカナ表記は「ママ・ミア」であった[2][3]。同名の ABBA のシングルは日本でも「ママ・ミア」と表記している[4]。しかし2002年8月7日ユニバーサルミュージック、劇団四季、スウェーデン大使館とABBAの曲名「ママ・ミア」の表記について話し合いを行い、その席上、今後のABBAの「ママ・ミア」の表記は全て「マンマ・ミーア」にかわることとなり、ミュージカル「マンマ・ミーア!」と同じ表記にすることを公式に決定した。

『マンマ・ミーア!』オリジナル クリエイティブ チーム[編集]

日本語版『マンマ・ミーア!』[編集]

日本では劇団四季により、『マンマ・ミーア!』というタイトルで2002年に初演。

スタッフ[編集]

主要キャスト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 劇団四季は『ジーザス・クライスト・スーパースター』の日本語版を製作したときも、当初は『イエス・キリスト=スーパースター』のちに英語の発音に近い『ジーザス・クライスト=スーパースター』と独自のタイトルをつけている。
  2. ^ ママ・ミア―ミュージカルオリジナル・サウンドトラック―オリジナル・ロンドン・キャスト(1999年発売時の邦題)
  3. ^ マンマ・ミーア!―ミュージカルオリジナル・サウンドトラック―オリジナル・ロンドン・キャスト(2002年再発時の邦題。同じCDながら劇団四季に合わせてアルバム名のみ改題。曲名はママ・ミアのまま)
  4. ^ アバ・ゴールド〈スペシャル・エディション・ベスト・オブ〉―アバ

外部リンク[編集]