山猿 (ミュージシャン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山猿
基本情報
出生 1983年 (30–31歳)
出身地 日本の旗 日本 福島県会津若松市
ジャンル ヒップホップ
職業 歌手
レーベル Epic Records Japan
事務所 NO DOUBT TRACKS

2パック

山猿(やまざる)は、日本男性ヒップホップMCNO DOUBT TRACKS所属。

来歴[編集]

福島県会津若松市出身。17歳の時に2パックを聴いたのがきっかけでヒップホップに興味がわき、当時単身で上京していた東京のクラブや横浜のクラブに通いづめていた。その時期に当時東北で行われていたヒップホップイベント「西海岸」とその主催者であるLGY(現LGYankees)の存在を知り、地元を自分も熱くしたいと会津若松へ拠点を戻す。そんな中福島のクラブでLGYのメンバーHIROに出会い、これがきっかけで本格的に音楽活動を始める。初音源はHIROが監修したコンピレーション・アルバム『NORTH EAST』である。その後も山猿としてLGYankeesやNoaなど、NO DOUBT TRACKS所属アーティストの楽曲にフィーチャリングとして参加している。

2010年、"LGYankeesが送る謎のアーティスト"として別名義LGMonkees(エルジーモンキース)として活動。Dragon Ashのカヴァー曲「Grateful Days feat Noa」を配信曲としてリリースし、その後このカバー曲も収録したアルバム『LGMonkees』がリリースされた。リリース後も猿のロゴを模する覆面アーティストとして活動しており、ライブ以外では自身の正体を完全に隠したまま活動していた(LGMonkeesの公式サイトでも顔には猿のロゴが貼られていた)。2011年、2ndミニ・アルバム『前回のLGMonkeesこと山猿です。』発売の告知とともにその正体が明かされ、以前からノーダウトトラックスに所属し音楽活動をしていた山猿ということが判明した。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

LGMonkees
発売日 タイトル 規格品番
1st 2010年10月27日 LGMonkees ESCL-3560
2nd 2012年11月28日 あいことば ESCL-3979

シングル[編集]

LGMonkees
発売日 タイトル 規格品番
1st 2011年10月26日 3090~愛のうた~ ESCL-3789



山猿
発売日 タイトル 規格品番
1st 2011年3月16日 前回のLGMonkeesこと山猿です。 ESCL-3642

参加作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]