山猿 (ミュージシャン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山猿
基本情報
出生 1984年3月20日(30歳)
出身地 日本の旗 日本 福島県会津若松市
血液型 O型
ジャンル ヒップホップ
職業 歌手
レーベル Epic Records Japan
事務所 Epic Records Japan
公式サイト <公式>山猿 official web site
2パック

山猿(やまざる)は、日本男性シンガー。[Sony Music Labels Epic Records Japan]]所属。

来歴[編集]

福島県会津若松市出身。17歳の時に2パックを聴いたのがきっかけでヒップホップに興味がわき、当時単身で上京していた東京のクラブや横浜のクラブに通いづめていた。その時期に当時東北で行われていたヒップホップイベント「西海岸」とその主催者であるLGY(現LGYankees)の存在を知り、地元を自分も熱くしたいと会津若松へ拠点を戻す。そんな中福島のクラブでLGYのメンバーHIROに出会い、これがきっかけで本格的に音楽活動を始める。初音源はHIROが監修したコンピレーション・アルバム『NORTH EAST』である。その後も山猿としてLGYankeesやNoaなど、NO DOUBT TRACKS所属アーティストの楽曲にフィーチャリングとして参加している。

2010年、"LGYankeesが送る謎のアーティスト"として別名義LGMonkees(エルジーモンキース)として活動。Dragon Ashのカヴァー曲「Grateful Days feat Noa」を配信曲としてリリースし、その後このカバー曲も収録したアルバム『LGMonkees』がリリースされた。リリース後も猿のロゴを模する覆面アーティストとして活動しており、ライブ以外では自身の正体を完全に隠したまま活動していた(LGMonkeesの公式サイトでも顔には猿のロゴが貼られていた)。2011年、2ndミニ・アルバム『前回のLGMonkeesこと山猿です。』発売の告知とともにその正体が明かされ、山猿ということが判明した。 グループ名の由来は諸説あるが、「大人の事情」ということで本人が語るところによると、「ある日突然、明日から山猿じゃなくてLGMonkeesという名前に決まりました」と言われたとのこと。ちなみに「モンキース」は、英語表記による正しい複数形はMONKEYSであるが、そう表記せず、意図的にMonkeesとしている。 通称はエルモン。これは、きゃりーぱみゅぱみゅの番組に出演した際にLGMonkeesさんと呼びにくい事から命名されたことがきっかけ。ちなみにレーベルメイトの鈴木雅之には初対面の際に「山伏」と呼ばれたが、こちらは浸透しなかった。

デビュー配信シングル「Grateful Days feat Noa」はレコチョク クラブうたで2010年 年間ランキング1位を獲得。レコチョク クラブフルでは2010年 年間ランキング2位を獲得。他にも、有線放送キャンシステム7月度お問合わせチャート1位を、JOYSOUND歌詞の歌詞検索サイトでも1位!と3冠獲得で新星の如くデビューした。 続く2nd 配信シングル「Life feat. Noa」でもレコチョクフル週間ランキング初登場4位を獲得、夏には1週間限定での配信シングル「花火」もチャートイン、 NGMonkees診断ゲームも期間限定で配信し、話題に火がついていった。

2ndミニアルバム「前回のLGMonkeesこと山猿です」を2011年3月17日にリリースする直前に、東日本大震災にて被災。 当時仙台に住んでいた為、家が津波の被害を受け、避難所生活を送る。当時、スタッフとも連絡がとれない中、残り少ない携帯電話の電池を使って、ブログに自身の安否を書き込み、このブログに多くのファンが安堵した。また、転々とした避難所生活の中で人の有難みを感じる出来事が多数起こる中、4月29日に自身の楽曲「宝島」が挿入歌になっている映画「豆腐小僧」の前夜祭イベントが行われた。

震災直後ということもあり、ライブができる状態ではないLGMonkeesであったが、ステージに立つと心配で集まったファンの多くが応援してくれ、又自身の楽曲で感動する観客を目のあたりにし、この時に「音楽で人は救われる」ということを本人は確信したと語っている。このときのライブで「3090」を歌唱した映像がYou Tubeで約100万回再生され多くの感動を呼んだ。

このライブを皮切りに全国各地に歌で愛を全国に伝えていきたいという想いのもと1年間で100本のライブを敢行!ライブで必ず歌う「3090」に対して、音源化の声が多数集まった為、急遽1週間限定で「3090」を配信したところ、限定期間終了後に更なる問い合わせが殺到。「3090」の歌詞の一部を変更し、楽曲アレンジなども施した「3090~愛のうた~」が完成した。

2011年10月26日に1stシングル「3090~愛のうた~」をリリース。レコチョク ウィークリー2位を獲得し、「ミヤネ屋」「NEWS ZERO」などの報道番組でも特集された。「カミスン」ではMCの中居正広が感動で涙したことも話題になり配信では累計200万ダウンロードを突破、動画サイトでは1000万PVを超えている。 2012年4月は河村隆一主演の舞台「銀河英雄伝説」のテーマ曲として「Change my LIFE」を書き下ろし、自身も「謎の男」として役者デビューを果たした。 2012年11月26日に1st AL「あいことば」をリリース。 リード楽曲の「イマアイ」は・ドワンゴ タイアップCM ・Music.jp タイアップCM ・流派Rマンスリーアーティスト! ・TOKYO FM 「RADIO DRAGON」レギュラー番組 ・FMフジパワープレイ ・RAB青森放送「ZIP FRIDAY」エンディング! ・RAB青森放送「あさぷり」エンディング! ・仙台放送「あらあらかしこ」エンディング! ・福島中央テレビ「ゴジてれ土曜版」エンディング! ・FM新潟パワープレイ! ・福井テレビ「スーパーレディース駅伝」テーマソング! ・福井テレビ「BANDAY獏」オープニング! ・福井テレビ「スーパーニュース」エンディング! ・FM三重パワープレイ! ・伊豆シャボテン公園「カピバラの露天風呂30周年」テーマソング決定! ・「ABC万博マラソン2013」テーマソング! ・KBC朝日放送「ドォーモ!」エンディング! ・FM福岡パワープレイ ・FM佐賀パワープレイ と多くのタイアップを、JOYSOUND歌詞検索サイト1位、レコチョク着うたフル2位、クラブフル1位、有線放送リクエスト1位を獲得した。(九州地区は6週、東北地区は5週) 他アルバム収録曲の「NAGISA」は松坂桃李・武井咲 主演の映画「今日、恋をはじめます」のテーマソングに決定した。 又、「元祖カピバラの露天風呂」PR大使に就任した為、2013年2月からはじまった全国ツアー「あいことばは生猿です」では、MCの際にカピバラ人形をステージから投げることが恒例となった。

ツアー終了後から長い制作期間に入り、ライブを中心とした活動を行わざるを得ない状態が続いたが、交流のあるやまだひさしの二コラジで緊急出演を果たし、 重大発表として「LGMonkees」の解散を発表した。 翌日のニュースには解散、活動休止と報じられたが、解散ライブで自分の口で直接ファンに話したいとして、解散当日まで口を閉ざしていた。

2014年10月6日に解散ライブを行い、当日の緊急記者会見の中で、今後は山猿に改名して音楽活動を続けると発表。 2年半の空白のリリースを一気に埋めるかのような怒涛の12週連続配信企画をスタートさせた。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

LGMonkees
発売日 タイトル 規格品番
1st 2010年10月27日 LGMonkees ESCL-3560
2nd 2012年11月28日 あいことば ESCL-3979

シングル[編集]

LGMonkees
発売日 タイトル 規格品番
1st 2011年10月26日 3090~愛のうた~ ESCL-3789



山猿
発売日 タイトル 規格品番
1st 2011年3月16日 前回のLGMonkeesこと山猿です。 ESCL-3642

参加作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

交友関係[編集]

  • 鈴木雅之 - レーベルメイト繋がりということで、鈴木雅之のレギュラーラジオ番組「NACK5 FUNKY BROADWAY」にゲスト出演したことがきっかけで、交友関係が深まり、鈴木雅之が「めざましライブ」に出演した際にシークレットゲストとして「め組のひと」、「ランナウェイ」をコラボ出演した。そして鈴木雅之のアルバム「Open sesame」でも「22時のシンデレラ」という書き下ろし楽曲でコラボを果たしている。ちなみに初めての出会いの時に鈴木雅之がLGMonkeesの全楽曲を聴きこんでおり、「3090~愛のうた~」は親孝行したくなる曲、「Life」は現代版の関白宣言、「赤い実ハジケタ恋空の下」は50年後を語れる男気が素敵だ、「ききて」歌詞がめちゃくちゃ気になった。 など特に歌詞に注目した発言をし、現代の詩人として「俺の想いも託したい」と語った。
  • 太志(Aqua Timez) - もともとファンであったことと、レーベルメイト繋がりで、Aqua Timezの東北ツアーに前座出演したことで交友が深まった。このツアー以外に「福魂祭」や「豆腐小僧 前夜祭」などでも共演しており、メンバー全員と交流があり、「山ちゃん」と呼ばれている。Aqua Timezのアルバム楽曲「君となら」をコラボ収録し、逆にLGMonkeesのツアー「あいことばは生猿です」の福島公演にはスペシャルゲストに太志が参加し、「君となら」「未来列車」をコラボするなど交流が盛んである。
  • 中村あゆみ - 中村あゆみ主催のライブイベント「ステラミュージックフェスティバル」に2年連続で出演しており、よく相談をしているらしい。
  • 亀田和毅 - 亀田和毅のブログに「LGMonkeesの3090~愛のうた~」を聴きながら練習しているという書き込みをスタッフが発見したことから、試合に招待され、応援に駆け付けたらしい。ちなみに、妹の姫月もLGMonkeesの事をブログに書き込んでいる。
  • 鈴木奈々 - 「赤い実ハジケタ恋空の下」のMVに出演。鈴木の兄がLGMonkeesのファンで昔からドライブ中に一緒に聴いていた。
  • 高島宗一郎 - 福岡市長。LGMonkeesが表敬訪問した際、インタビュー中に意気投合し、翌日のライブではバックDJを市長が行うという異例の事態にtwitterで情報が拡散。FM福岡のイベントでも一緒にステージにあがった。

外部リンク[編集]