君に、胸キュン。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
君に、胸キュン。
YMOシングル
収録アルバム 浮気なぼくら
リリース 1983年3月25日
ジャンル テクノ
レーベル アルファレコード
作詞・作曲 作詞:松本隆
作曲:細野晴臣坂本龍一高橋幸宏
チャート最高順位
YMO シングル 年表
体操
1982年
君に、胸キュン。
1983年
過激な淑女
(1983年)
テンプレートを表示

君に、胸キュン。」(きみにむねキュン)は日本のバンド、イエロー・マジック・オーケストラの7枚目のシングル。1983年3月25日アルファレコードよりリリースされた。

解説[編集]

  • YMOのオリジナルアルバム『浮気なぼくら』の先行シングルとしてリリースしたテクノ歌謡。YMOのシングルとしては一番売れた楽曲で、表題曲はカネボウ化粧品のCMソングに使用された。
  • 「かわいいおじさんたち」というコンセプトで発表され、今までの無機質なイメージとは全く違う、アイドルのような爽やかないでたちの3人がパフォーマンスを披露した。立花ハジメが監督したPVでも3人が振り付けをつけて踊っていることも含め、それまでの路線と大きく一線を画した。
  • 作詞は細野晴臣のかつてのバンドはっぴいえんどのメンバーの松本隆が担当。CMのキャッチ・コピーである「胸キュン」というキーワードをそのまま使用した。
  • このシングルで、オリコンチャートや『ザ・ベストテン』などの歌番組などでランキング1位の獲得を目指したが、オリコンチャートでは最高位2位、『ザ・ベストテン』では最高位3位という結果であった。TVやライヴでは高橋幸宏はドラムではなく、ギターを持つ(演奏はしない)。ドラムパートは打ち込み機材(LM-2)をそのままTVスタジオに持ち込んで使用していた。
  • テレビCMとこの曲のヒットにより、「胸キュン」という単語が世間一般で使用されるようになった。
  • 当時、YMOは休止状態であったが、タイアップの話があって急遽録音を行った。同時にアルバムを作る必要があるという雰囲気となり『浮気なぼくら』の作成へとつながった。
  • ベストアルバムでは作曲も「YMO」と記されるが、シングル盤では下記の通りに3人の名前で記されている。ただし、実際には大部分を坂本が作曲している[1]
  • 2013年NHK連続テレビ小説あまちゃん』でこの曲が使用されている。

収録曲[編集]

  1. 君に、胸キュン。
  2. カオス・パニック ( Chaos Panic )
    オリジナルアルバム未収録曲。ヴォーカルなしバージョンがアルバム『浮気なぼくら (インストゥルメンタル)』に納められている。

カバー[編集]

カバー盤は全てイタリア語の部分がカットされている。

脚注[編集]

  1. ^ 欽ちゃんのどこまでやるの!?』にゲスト出演した際の坂本の発言より。

関連項目[編集]